« 『台南 「日本」に出会える街』一青 妙 | トップページ | 『キン・フー 武俠電影作法』キン・フー/山田宏一/宇田川幸洋 »

ストームブレイカーズ 妖魔大戦(2015/中国)

 新宿武蔵野館が復活して中華電影の上映が徐々に増加しつつありますが、この年末年始の帰省期間は、ちょうど新作公開の谷間にあたってしまい、残念ながら湾生回家(2月に地元公開予定)も小さな園も見逃しました。でもなぜかこれは観ました。
『ストームブレイカーズ 妖魔大戦』という壮大な邦題に反して、原題は《万万没想到》。なんだそれは。 

Surprise

ジャパンプレミアは広島国際映画祭だったようです。

 天竺に向かう唐僧(ボーリン)と悟空一行が巻き込まれた大ピンチはおいといて(笑)、主人公はなぜか人間界で暮らすアホな下級妖怪の王大錘(白客)は自分を大物だと思っているけど、周りの人間にはバカにされてる。今日も雇い主の小美(楊子珊)にこき使われながら焼餅を売っている。そんな彼が霊力を失って人間になった悟空と出会ったことから始まる大騒動。

 元ネタの《万万没想到》というのは、監督も務めるネットクリエイターの叫魯易小星が2013年から製作したネットドラマ(現在4シリーズまで製作。某ちうぶでも観られるのでリンク貼っとく)だとか。主人公の名前は常に王大錘で、この映画同様白客が演じているとのこと。検索したら日本語の紹介記事もあったのでリンク貼っておくけど、中国実写版ギャグマンガ日和ですか、はあそうですか、としかリアクション取れなくてすみませぬ。

 ああ、これを知って大いに納得したわ。映画を観た時に感じた軽さと安さとおバカさと大味さに。でもね、それでも嫌いにはなれないんだよねー。かえってそれを逆手に取って楽しく作ってる感があって。日本でも同じようなノリの安いドラマや映画はあるけど、あまり安いとこっちも腹が経つからね(笑)。むしろ、人気があることによって、スケールアップした中で安さを武器に自由にやっちゃってる感が楽しいとは思った。

 メインキャストは若手、ゲストにボーリンとエリックとっつぁんを迎えていても、あまり大作感が出てないのも悪くない。近年の大陸映画は監督や俳優を大陸以外から迎えて台湾や香港の力を借りる感を覚えてそこで多少もにょるところもあったんだけど、これは完全に大陸オリジナルだし、そのへんの感覚は以前書いたモンスター・ハントにも通ずるところもあるかな。なによりも健全で、頭空っぽにして楽しめるのはいいんじゃないの?

 それでも煩悩まみれの唐僧はもっといじめてよかったんじゃないのとか、王大錘の村を治める呪術師の慕容白(馬天宇)が、全員アホアホキャラが揃っている中で唯一最初から最後までどシリアスだったのはもっとなんとかしてもいいかも、なんて多少思ったけどね。あ、そうそう、スペシャルゲストはまだいた、この慕容白の先祖を演じていたのが、孫文または中華な五郎ちゃんことウィンストン・チャオだったのですが、うっかり流してしまいました。ははははは。

 しかし、一番謎なのは、なぜこの映画が日本で買われて公開されたかなんだよな。それが知りたい。元ネタのネットドラマも結構な現代中国語スラングの勉強になるというので、ちょっと観てみたくはあるんだけど…。 

原題(&英題):万万没想到(surprise)
監督:ジョシュア・イ・シャオシン 製作:ホアン・ジエンシン ジェフリー・チャン 美術:ハン・ハン 音楽:高梨康治
出演:バイ・クー ヤン・ズーシャン マー・ティエンユー チェン・ボーリン エリック・ツァン ウィンストン・チャオ

|

« 『台南 「日本」に出会える街』一青 妙 | トップページ | 『キン・フー 武俠電影作法』キン・フー/山田宏一/宇田川幸洋 »

中国映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/64724975

この記事へのトラックバック一覧です: ストームブレイカーズ 妖魔大戦(2015/中国):

« 『台南 「日本」に出会える街』一青 妙 | トップページ | 『キン・フー 武俠電影作法』キン・フー/山田宏一/宇田川幸洋 »