« モンスター・ハント(2015/中国・香港) | トップページ | シェッド・スキン・パパ(2016/香港) »

メコン大作戦(2016/香港・中国)

 ここからは、今年のTIFFで観た映画の感想。

 3年前の『激戦』、来年年明けに日本公開される『疾風スプリンター破風)』に続けてTIFFで上映された、ダンテ・ラム監督の新作『メコン大作戦』。誰が呼んだか鬼ダンテ、そして漢気映画の巨匠。
昨年9月から年をまたいで撮影していたそうで、昨年のTIFFでの来日時は確かバンコクから直で来たというようなことを言ってたのを覚えている。

 2011年、メコン川流域の「黄金の三角地帯」にて中国船が襲撃された事件を基にし、政府から特命を受けた雲南の麻薬捜査官高剛(張涵予)がタイに赴き、潜入捜査官の方新武(ポン)と共に三角地帯を仕切る麻薬組織に立ち向かう物語。


このサムネイルが…(泣)なぜ泣いてるのかは後ほど。

 ここ数作のダンテ作品の常連であるポンちゃんに加え、先ごろ無事にロケが終了したウーさん最新作《追捕 MANHUNT》にてフクヤマと共に主演を張るハンユーが主演。言語は普通話(北京語)なので、前作に続いて香港の要素は全くなし。
 それでも面白かったのは、リアリティのあるロケーションと力の入ったアクション、そして中国公安が主人公でありながら堅苦しく描かれていなかったことからだと思う。制作側もそれを期待してダンテさんを起用したのだろうけど、ずいぶん時代は変わったものである。

 上映後のティーチインによれば、ロケはほとんど実際の事件現場で行われたそうだとか。でもアクションはあれほど派手じゃなかったよ、とのことで、まあそれは当然ですね。当初は谷垣健治さんにもアクション指導のオファーがいっていたそうです。モテモテですな(こらこら)。 

 アクションだけでなく、人間ドラマも見応え充分。
高剛率いる特殊チームも個性的で、敵対する麻薬組織とも実に好対照で面白かった。前者は射撃・偵察・諜報などのスペシャリストが揃っていて、コードネームは中国の神々にちなんだもの。特によかったのが麻薬犬の哮天(シャオティエン)。そう、わんこ(といってもそれなりに立派なシェパード)もチームの一員なのである。勇敢かつ健気な活躍を見せてくれるので、犬派じゃないワタシも思わずグッときてしまった。
 後者の面々も内部で様々な軋轢があったり、いかに組織を動かしているかもわかって興味深かった。組織には子供も多く、少年兵として銃器を扱うので、劇中でどんどん殺されていくという残酷さも描かれる。辛いなあ。今後日本公開が検討されるなら、ここで引っかかりそうな気がする。うーむ。

 で、中心となるハンユーとポンちゃん。
ハンユーは代表作の『戦場のレクイエム』を観てないし、『孫文の義士団』で最後にやっと登場する孫文くらいで、じっくりと見るのはこれが初めてか…と思ったら、ああそうだった、特殊身分にも出ていたか。ダンテさん曰く、起用の理由は「中国警察が主人公なので男っぽい俳優が欲しかった」とのことで、生真面目で熱いキャラはまさに当たり役だった。これは否が応でも楽しみになるじゃないですか、追捕が!
 変幻自在な潜入捜査官の方はかなり過酷な役どころ。3作連続登板のポンちゃんにとっては、今回が一番過酷だったかもしれない。当然、トレーニングはやってもらったとか。登場時の髪型とヒゲが違和感あったので、リアルであっても似合わないと感じたのだが、変装用で取ってもらえてややホッとする。その彼もかつてはドラッグに恋人の命を奪われるという壮絶な過去を背負っており、高剛とは最初は対立するものの、やがて手を取り合って組織に挑むという展開はやはりぐっときますわ。

 社会派にも作れる実話をあえてアクションで彩ったのは、テーマに対する敬意をこめており、先行して発表された事件に関する書籍やTVドラマでは描かれなかった部分を描くことに重きをおいたそうだ。もっとドラマも盛り込みたかったそうだが、2時間でまとめるのは大変だったとのこと。
 中国大陸では記録的大ヒット(香港ではそうではなかったらしいが)を飛ばしたのも、そのダンテさんの意図を汲み取って観客が観たのかもしれない。なんといっても中国警察のプロパガンダになっていなかったのは見事であったし。

 

そんなわけでこのところは大作が続いているダンテさん。
新作も楽しみだけど、たまには香港にも戻ってきてほしい。
そして、そろそろ実現させてもいいかもですね、トニー&ニックさん主演の話を。^_^

原題(&英題):湄公河行動(Operation Mekong)
監督:ダンテ・ラム
出演:チャン・ハンユー エディ・ポン チェン・パオグオ ロー・ワイコン

|

« モンスター・ハント(2015/中国・香港) | トップページ | シェッド・スキン・パパ(2016/香港) »

中国映画」カテゴリの記事

日本の映画祭」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/64559705

この記事へのトラックバック一覧です: メコン大作戦(2016/香港・中国):

« モンスター・ハント(2015/中国・香港) | トップページ | シェッド・スキン・パパ(2016/香港) »