« 冷血のレクイエム【極限探偵B+】・コンスピレーター 諜略【極限探偵A+】(2011・2013/香港) | トップページ | GF*BF(2012/台湾) »

日本橋の中心で香港電影への愛をさけぶ(予定)

なんかこのタイトル、ずいぶん久しぶりだなあ。ははははは。

ども、お久しぶりです。
実はまだ夏から溜めている映画の感想が3本ほどあるのですが、こんな季節になってしまったので来ちゃいました、東京国際映画祭へ(^^;;

今年は六本木に加え、この春オープンしたTOHOシネマズ日本橋も会場になるとのことで、移動もそれなりに大変そうですが、遠方から来る人間にとって、後者なら東京駅にも近いので、ちょっと便利になったかなって感じです。




今回は時間の関係で観られなかった、『光にふれる』の張榮吉監督の新作『共犯』。

今回は中華電影を2本。
昨日の夜は、アン・ホイ監督、タン・ウェイ主演の『黄金時代』を観ました。




上映時間約3時間の大作と聞いていたので、途中で意識を失わないかしら?と多少心配だったけど、そんなこともなく、かなりいい構成で興味深く観られました。感想は後ほど。




そして今夜は、フルーツ・チャン久々の新作にして、現在の香港の状況を予言していたのではないかと言われる異色SF『ミッドナイト・アフター』を観ます。その他に映画祭ではタイとフィリピンの映画を1本ずつ観ます。

あと、映画祭の他にはシネマートで『ファイアー・レスキュー』観てきます。ホントは『レクイエム・最期の銃弾』も観たかったけど、ちと諸事情により今回は見送り。12月頭までやっていてくれれば、フィルメックスの時にでも観たいんだけどねー。

では、楽しんできますわー。

|

« 冷血のレクイエム【極限探偵B+】・コンスピレーター 諜略【極限探偵A+】(2011・2013/香港) | トップページ | GF*BF(2012/台湾) »

中国映画」カテゴリの記事

日本の映画祭」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/60556757

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋の中心で香港電影への愛をさけぶ(予定):

« 冷血のレクイエム【極限探偵B+】・コンスピレーター 諜略【極限探偵A+】(2011・2013/香港) | トップページ | GF*BF(2012/台湾) »