« 片腕必殺剣/続片腕必殺剣(1967・1969/香港) | トップページ | 夏休みの宿題(2013/台湾) »

地元から台湾ツアー&エクストリーム香港ツアー

 えー、今週はフィルメックスツアーがありますが、これが終われば暦の上ではディセンバーでございます。だんだん1年があっという間に過ぎて行くようになりました。速いもんですなあ、香港聖誕節ツアーからもう1年ですよ。

 で、あの頃すでに香港のホテルの値段が以前に比べてかなり上がってきていたのだけど、イナ…じゃなかった大陸様の大量襲来&円安のダブルパンチ、それに加えて年末に仕事が入ったり、金銭的な余裕もないので、今年は香港へ行けません…。
その代わり、三たび弟が渡っているので、それじゃ年始早々に台湾へ行くか、とエアチケを調べてもらったら、これがなんと12万円ですよ、奥さん!
 今まで8万くらいの時に香港に行ったことはあるけど、台湾行くのに12万円も出せんわ!と思い、年始の旅行は泣く泣く断念。香港が高くなったこともあって台湾へ行く人も増えているけど、それが高くなった原因ってわけじゃないだろうしねえ。

 ワタシの仕事はウィークデイに長く休むことができないので、夏と年末年始、そして年度末に海外に行くしかない。だけど、来年は2月の下旬に少し仕事が落ち着く時があり、この時なら旧正月も終わりの方だからだいぶ安くなっているだろうし、わざわざ東京まで行かなくても仙台から行けるかな?と思い、調べてみた。さすがに直行のエバー航空は高かったけど、国内線で伊丹まで行き、関空経由で台北に行くと正月の半額で行けることがわかった。しかもJALで。
 ん?JALだと?JALの国内線なら、我が地元花巻空港からも飛んでいるじゃんか!
  そう思って花巻発で検索したら、仙台発と同額の運賃が出ましたよ、見事に!しかも花巻夕刻発の伊丹行きに乗って大阪で前泊し、朝イチの便で飛ぶことも可能だし、復路は夕方に花巻に着けるから、それほど遅くならずに帰盛できる!これなら2日休んで3泊4日の台湾ツアーも十分楽しめる。
 そんなわけでANA派のワタシも、現在JALのマイレージバンク申請中。来年はちょっと無理だけど、花巻から飛べれば大阪アジアン映画祭も福岡アジア映画祭も参加するには便利だしね。まあ、問題はカネと暇だが。

   調子に乗って花巻や仙台から香港も行けるかな?とさらに調べたのだが、逆にこっちは国内線の乗り換えがどうしても煩雑になってしまうので、新幹線に乗って東京から行くのとさほど変わらない運賃になる。これはLCCでも使うしかないもんかねー。
  そんな時、SNSで香港エクスプレスというLCCが深夜発着で羽田に乗り入れたということを聞き、以下のblogを見に行った。

Help Point:搭乗記:香港エクスプレス UO623便 東京羽田→香港
            香港エクスプレス UO622便 香港→東京羽田        

 ふーむ、以前ANAの深夜便を使って香港に行ったことがあるけど、あの時は復路でちょっと無理したせいか、帰国後に寝込んじゃったので当分こういう無茶はできないなーと思ってたのである。でもLCCは荷物預け賃が別にかかるとはいえ、深夜便でミールも出ないし、羽田を1:30に発つのでチェックインも11時頃からであり、盛岡発の最終の新幹線に乗ってちょっと寝て東京に着いても、ある程度余裕でチェックインできるのはいいなと思うのであるよ。
 香港に着くのは5:25。この時間ですでに公共交通機関は動いているようなので、バスでのんびり行き、九龍の外れのホテルに泊まって荷物を預け、朝飲茶に行ったり街市を散歩したり、映画館の早場でもあれば見て、チェックイン後に昼寝してもいいんだろうな。

 帰りはAELでインタウンチェックインして18:00頃までに搭乗口まで行き、19:00に発って羽田には0時過ぎに着く。とは言っても到着ゲートを出るのは0:30くらいだというので、この時間だと公共交通網は完全になくなってしまうという(正確にはこちらをみるとよくわかるかも)。そしたら空港泊?と思ったら、国内線の第1ターミナルにファーストキャビンという女性も使える簡易宿泊所があるという。ここに泊まって交通機関が動くまで一眠りし、始発の新幹線に乗れば、始業時間に少し遅れるものの出勤も出来るという計算になるのだ。なんというエクストリームな香港ツアー!
 しかし問題は、来年のいつ頃それを実行できる休みが取れるのだろうかということ。とりあえず第一候補は8月のお盆前かしら…ってそれなら普通に行ってもいいような気もするが(笑)。

 まあ、まずは2月の台湾行きを決めないとね。早く年度末のスケジュールが発表されないものか。

|

« 片腕必殺剣/続片腕必殺剣(1967・1969/香港) | トップページ | 夏休みの宿題(2013/台湾) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/58638601

この記事へのトラックバック一覧です: 地元から台湾ツアー&エクストリーム香港ツアー:

« 片腕必殺剣/続片腕必殺剣(1967・1969/香港) | トップページ | 夏休みの宿題(2013/台湾) »