« 冬光乍洩香港聖誕節2012(その1) | トップページ | 冬光乍洩香港聖誕節2012(その3) »

冬光乍洩香港聖誕節2012(その2)

 12月25日、3日目。朝は觀塘で昨日行ったのとは別の茶餐廳に入って、サンドイッチのセットを注文。その後、街を少し散策して、写真を撮る。觀塘の住宅地側は坂になっていて、上の方に高層の新しいマンション、下に古い低層マンションがあるという構成。

Kwuntong1_5

    この日は觀塘から北角までフェリーで行ってみた。本数は少ないけど、実にいい感じの船である。北角フェリーターミナルでは名物猫ちゃんに出会えた。

Cat1_3

Cat2_2

光らせてしまった。ごめんよ猫ちゃん。

  北角ではいつも新光戲院をのぞくが、時間が早かったせいか、まだ開いていなかった。

Hsingguang1

Hsingguang2

 しょうがないので、トラムに乗って大炕に行った。女優のジョー・コック(花火降る夏)が開店した甜品店「小甜谷」や姉妹店「谷媽媽」ができてから注目されるようになった、中央図書館裏の地域。それじゃ甜品でもと思い、開いていた谷媽媽に入ったら、甜品はまだやっていないと言われる。さらに小甜谷も閉店中。やれやれとため息をついて、銅羅湾に歩いて向かう。

Daikang2

 ここは昔の学校らしい。 

Daikang1

    休日ということもあって銅羅湾はいつもながら人が多いが、麺で有名な池記に入れたので、雲呑麺と菜心のセットを頼んで食べた。やっぱり雲呑麺は香港麺で食べねば。

 銅羅湾に来たら必ず寄るのがG.O.D、でも今回からはもう一つお楽しみができた。それは、台湾でもお馴染みの誠品書店の香港店である。かつて三越があった一角がリー・ガーデングループのファッションビルとして生まれ変わり、そこの3フロアで誠品が開店していた。

   歩いてみると、台湾と同じインテリアで見やすいけど、さすがに座り込んでまで読んでいる人はいなかったような…。本はほとんどが台湾出版のもの。職業柄か、つい日本文学に目がいっちゃうのだが、ミステリーが人気なのかな。東野圭吾とメフィスト系作家のラインナップが充実していた。あとは奈良美智、草間彌生、安藤忠雄など美術&建築系の翻訳本が充実しているのが誠品らしい。あまり本は買いたくないかな、と思いながらも買ったのが《關不住的春光》(程青松編)という、同性愛をテーマにしたここ20年の中華電影を回顧した評論&インタビュー本。レスリーのことにも触れているので、ちょこちょこと読んでいこう。 

  その後はG.O.Dにも行って案の定ハマり(でも何も買わなかったなー、珍しく)、トラムで中環まで出て檀島珈琲餅店でパイナップルパン&レモンティーで下午茶。蛋撻も買ってみて、前回泊まったマンダリンオリエンタルのロビーで一休み。メインロビーではバレエパフォーマンスが展開され、夕方から行われるらしい結婚披露宴の準備もされていた。ああ、またここに泊まりたいなあ…。

  あまり遅くならないうちにスターフェリーで九龍に行き、尖沙咀の香港藝術館で開催されているアンディ・ウォーホル展を見た。最近は大規模な美術展が東京でも流行っているけど、なかなか見られないもんね。

Andywarhol1

  ウォーホル作品をまとめて見られる機会って、ありそうで実はあまりなかったのではないかな?ここではもちろん有名な作品はだいたい来ていたし、初期のペン画や中国・香港旅行でもらって保存していたパンフレットやその旅行の写真が興味深かった。マンダリンオリエンタルに宿泊していたのがなんだか嬉しかった。

Andywarhol2

 エントランスの専用ディスプレイで写真を撮ると、ウォーホル風に加工されてここに写る。ワタシも写したよ。

クリスマスの夕飯は重慶大厦のカレー屋、咖喱王にて。3年前のカレー初体験でスパイスに負けてしまったこともあったのでリベンジ。サモサから始まり、食べやすい量のナンとカレーで大満足。ビンディマサラミックスライタなどのインド料理も楽しめてよかった。ビールも美味しかったしね。

おまけ2つ。大坑で降りたところで見かけたシチズン金城くんバスと《大上海》バス。

Kaneshirobus

Dashanghaibus

|

« 冬光乍洩香港聖誕節2012(その1) | トップページ | 冬光乍洩香港聖誕節2012(その3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/56466001

この記事へのトラックバック一覧です: 冬光乍洩香港聖誕節2012(その2) :

« 冬光乍洩香港聖誕節2012(その1) | トップページ | 冬光乍洩香港聖誕節2012(その3) »