« 私には言いたいことがある(チョンジュ・プロジェクト2012より・2012/韓国=中国) | トップページ | 聖誕節は香港で。 »

ハーバー・クライシス Black&White Episode1(2012/台湾)

 まずはこの写真を、まあ黙って見てくれ。

Bwmovie_pica

 これは我が盛岡の老舗映画館、盛岡ピカデリーの看板。
ご覧の通り、全国でもまれになった手描きの映画看板が掲げられる映画館なのです。
まさかこの看板を、台湾映画が飾る日が来るとは!と思わず感動せずにはいられませんでした。…まー、似ているかどうかは別として。むしろ映画看板は似ない方が注目を集めるともいうからね。

 ちなみに台北ではこうでした。年末の台湾旅行でたまたま撮っていた写真。

Bwmovie_2

 これまで台湾映画が全国ロードショー上映になったのって、あの『海上花』以来なんじゃないっけかなー、まさかこれが地元で観られるとはビックリだなー、というわけで『ハーバー・クライシス』を観ましたよん。ドラマ『ブラック&ホワイト』の映画版。ええ、もちろん残念ながら未見でございますよ。

台湾での配給はワーナーだったのか!るろ剣か!(注・こっちが先です)

 台湾の湾岸都市・海港市。呉英雄(マーク・チャオ)はこの街の南署に勤める若き刑事。正義に燃える熱血漢だが、向こう見ずなスタンドプレイをよく起こすトラブルメーカーでもあった。
 一方、犯罪組織三連會に所属する徐達夫(ホアン・ポー)は、恋人(テリー・クアン)とともに足を洗うことを狙い、ダイアモンドの密売を目論むが失敗、ダイアの入ったアタッシェが奪われてしまう。別件の事件で達夫の取引現場にやってきた英雄も謎の集団(SOLER他)に襲撃され、ここで英雄と達夫は出会ってしまう。奪われたアタッシェには大量破壊兵器に関わる資料が隠されていたために、行動を共にすることになる。そこへオウ隊長(アレックス・トー)率いるSIS(情報局)や、謎の美女ファン・ニン(Angelababy)が入り乱れ、やがて事件の裏に海港市爆破計画があることを突き止める…!

  オリジナルのドラマ版は、中華圏の架空の都市・海港市(『パンダマン』の光明市同様、この設定はうまい!)を舞台に、英雄と仔仔演じるプレイボーイのセレブ刑事在天の最悪のコンビが事件に挑むという、刑事ドラマの定番であるバディものだという。人気俳優の仔仔とこれがデビュー作となるマークのコンビはどうだったのかなー?観てみたかったけど、こっちでは放映がなかった、と思う。たまにTV欄を見ると、週1本は深夜に台湾ドラマをやってくれているのだが、気づくのが遅いのでどうしても観るチャンスがないんだよ。華流好きな地元の方、どーやってチェックしてるの?
  それはともかく、仔仔もマークもきっと魅力的だったに違いないんだろうな。映画になるくらいなんだから…と思ったら、仔仔出てないんじゃん!なんで出ないんだよ仔仔!大人の事情ってやつ!?だから映画では、TV版の序章になっているのか。

   TVドラマの映画版なんて日本だけのもんじゃない。香港の《Laughing Gor》シリーズは人気TVシリーズが基になっているし、米国だって「SEX AND THE CITY」が2回映画されてるから、珍しいものじゃない。ただ、TV→映画という流れは、どうしてもオリジナルを観ていないと通じないところが多い。自分の好きな日本のドラマにもいくつか映画化されているものがあるので、それを観に行っては「うーん、惜しい…」などと言うことが多いので、正直、いきなりこの映画を観ていいのだろうかといっとき思ったことがある。 
   結果として、先に書いたような構成になっているため、映画からTVシリーズにいきやすいようにはなっているので、ひとまず理解できるようにはなっている。これは仔仔が抜けたからできたことだし、ドラマに馴染みがない国にも売りやすいからいいことではあるか。そのために、「クレイジー・ストーン」などで知られる中国の人気俳優ホアン・ポーを投入して、TV版の「プレイボーイ&熱血刑事バディ」から「新米熱血刑事&お人よしのヤクザの異色バディ」でもこの物語が面白く成立することを試みたのだろうし。ただ、やっぱり仔仔が観たかったな、欲を言えば。

   監督は華流ドラマといえばこの人、と言える蔡岳勲。でも、映画では初めて名前を観た気がするんだけど、この方はひょっとして台湾の本ひ(以下強制終了)
   …仕切り直して、これはTV版と同じスタッフが手がけるということで、日本のそれと同じような「オリジナルはいいのに、映画はグダグダ」になるのかと思ったが、ちゃんと映画になっててよかった。それは撮影を我らがリー・ピンビンさんが手がけているということもあるが、メインロケ地である高雄のクールで未来的な街並みが有効的に使われ、そこを舞台に思う存分暴れ回るマークのアクション、大陸からのホアン・ポー、香港からのAngelababyにアレックス・トー(お久しぶり~!)、マカオからのSOLAR、日本からのディーン・フジオカ(頼むからアルファベット表記はやめてほしい。今監督している某「市橋」映画以上にね)という豪華なゲスト陣、もちろん忘れちゃいけないレオン・ダイ&カオ・ジエという台湾のベテランズ、クライマックスの予想不可能に破天荒な展開はあきらかに先にあげた某氏の代表作をはるかに上回っている。何よりもTV版映画が陥り気味な、観た人にしかわからない楽屋落ちがなく、直球勝負しているのがいい。

    とまあ、ここまでは褒めたけど、実は観た当初はかなり激しく突っ込んでいた。せっかくの重要人物として登場したAngelababyがフェードアウトしちゃったり(他の人物も何人かそういうのがいた)、敵の伏兵が意外すぎるところにいたり、クライマックスの空中の激闘では人殺しすぎだしといろいろあった。それもまあ、賑やかしとして甘くみてやるか。とにかく、この国で人気の某TVドラマ映画よりはかなり面白かったんだから。
     それならば、オリジナルはきっとそれ以上に面白いんだろうね?今途中で挫折しているパンダマンを再開させる時、一緒に借りてみようかな。ってそれ、いつのことになるんだろう?

原題:痞子英雄首部曲全面開戦(Black&White)
監督:ツァイ・ユエシュン   撮影:リー・ピンビン アクション指導:シリル・ラファエリ&リー・チョンジー   
出演:マーク・チャオ  ホアン・ポー  Angelababy  テリー・クアン  レオン・ダイ  アレックス・トー   ディーン・フジオカ  カオ・ジエ  SOLAR

|

« 私には言いたいことがある(チョンジュ・プロジェクト2012より・2012/韓国=中国) | トップページ | 聖誕節は香港で。 »

台湾映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

投稿: 履歴書 | 2013.03.29 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/55767471

この記事へのトラックバック一覧です: ハーバー・クライシス Black&White Episode1(2012/台湾):

« 私には言いたいことがある(チョンジュ・プロジェクト2012より・2012/韓国=中国) | トップページ | 聖誕節は香港で。 »