« マイウェイ―《美好2012》より(2012/香港) | トップページ | ハーバー・クライシス Black&White Episode1(2012/台湾) »

私には言いたいことがある(チョンジュ・プロジェクト2012より・2012/韓国=中国)

 今年の東京フィルメックスで唯一観た中華電影『私には言いたいことがある』。監督の應亮(イン・リャン、1977年生まれの35歳)は、学生時代に撮った長編が国際映画祭で評価され、フィルメックスにも2回作品を出品している若手監督。彼の作品は、もちろん今回が初見。チョンジュ・プロジェクトについては、こちらのblog記事を参照あれ。

Whennightfalls

 2008年、上海で楊佳という名の青年が、かつて取調べを受けたことに恨みを持って、6人の警官を殺害するという事件が起こった。同じ頃、北京に住む彼の母親(耐安)は突然自宅から連れ出され、別人の名前を名乗るようにいわれて精神病院に連れていかれ、軟禁されてしまった。その間に楊佳の裁判は進み、彼には死刑が宣告された。そして、その裁判の報道は当局によって厳しく規制されたために、艾未未を始めとしたインターネットジャーナリストたちは、事件と裁判の不当性を追求していた。
 約5か月後、母親の軟禁が解け、彼女は北京の自宅に帰ってくる。彼女は戻ってきて初めて、息子が死刑を求刑されたことを知る…。

 イン・リャン監督曰く、この「楊佳事件」は、中国ならだれでも知っている実在の事件だそうだが、…すみません、ワタシはこれを観て初めて知りました(泣)。70分の映画の冒頭と最後に連続して出てきた写真は、お母様の王さんが撮影してblogに載せているものらしい。
 映画では、ロウ・イエ監督をサポートする女性プロデューサーにして人気TV女優である耐安さんがフィクション部分で母親を演じ、軟禁が解けてから息子へ逢いにいくまで(ただし息子は直接画面には登場しない)を淡々と描いている。耐安さんはほっそりした美女だけど、芯の強さを感じる。親子二人暮らしらしいマンション、長らく不在の息子の部屋には「ロボコップ3」のポスター、室内にはシュワルツェネッガーの写真。小道具ではあるけど、普通の青年だったんだろうということが感じさせられる。
 冒頭こそ、彼女を支持するジャーナリストや人権活動家が家に出入りしていたが、それ以外は彼女は常に孤独だ。日本と違って、加害者の家族と非難されはしないのだが、母一人子一人で暮らしてきたのだから、その息子がなぜ事件を起こし、なぜ死刑に処せられなければならないのか、そしてなぜ自分はその真実を知ることができなかったのか。その思いが常に画面ににじみ出ている。最愛の息子を失う悲しみ、理不尽な求刑に対する静かな怒り、そして、人権が侵される恐ろしさ…。それを映像にして残すことは大いに意味がある。このプロジェクトを存分に活用した意味はここにある、と思ったのであった。

「私には言いたいことがある」という題は、観たばかりの時は、母親が理不尽で人権を蔑ろにする公安と中国政府に対して息子の名誉回復を訴えたメッセージなのだと思っていた。しかし、当日のイン・リャンさんのQ&Aインタビューで、それは実は息子に向けられた言葉であることを知り、意外に思った。
 母親は当局に再審を要請したものの、それは認められなかった。その後、上海の刑務所まで楊佳に会いに行ったが、彼女は死刑執行が間近に迫っていたことを知らず、一方息子は母親が全然会いに来なかったことを責めたという。それが結局母子の最期の対面となってしまった。母は真相を全く知らなかったことを息子に伝えたかった、それゆえの「私には言いたいことがある」ということか。

 この映画を撮ったことで、仕事で香港に滞在していた彼はなぜか帰国不可能になってしまったという。ロウ・イエもそうだが(申し訳ない、実は機会がなさ過ぎて彼の作品はまだ観たことがないのですよ…)、中国のインディペント映画人は当局から製作禁止を宣告されやすい。日々中国へのネガティブイメージが伝えられ、かの国に対して悪印象を抱く人が増えているが、その国に暮らす普通の人々も、理不尽さに苦しんでいる。彼らの多くはそれをいろんな形で映し、ワタシたちに教えてくれる。彼ら以前の監督たちだってそれをしてきた。だからこそ、こういう映画を観て理解し、いろいろと考えていかなきゃいけないのだな。

原題&英題:我還有話要説(when night falls)
監督:イン・リャン
出演:ナイ・アン

|

« マイウェイ―《美好2012》より(2012/香港) | トップページ | ハーバー・クライシス Black&White Episode1(2012/台湾) »

中国映画」カテゴリの記事

日本の映画祭」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/56326762

この記事へのトラックバック一覧です: 私には言いたいことがある(チョンジュ・プロジェクト2012より・2012/韓国=中国):

« マイウェイ―《美好2012》より(2012/香港) | トップページ | ハーバー・クライシス Black&White Episode1(2012/台湾) »