« 亞洲電影祭之春天(国内編) | トップページ | 大阪初上陸にて、映画祭にも初参加。 »

春光乍洩、意外な密告者。

1330336067862.jpg

 先週末から今週いっぱい、フォーラム盛岡『アクシデント』『密告・者』が1週間限定で上映されております。もちろん、観てまいりましたよ♪
…しかし、これなら2週連続で観たかったなあ。

1330336069799.jpg

 

『意外』は土曜の夜にレイトショーで観たのだけど、観客が…。ちなみにそのうち自分以外は…(泣)。初見時はちょっと記憶が途切れてた?とは思ってたけど、実はそんなことなかったようだ。自分の思い違いだったか…。
 個人的に眼鏡ルイスは好物だけど、今回見直すとスーツのリッチーにひかれるなあ。初見は確かに不気味だと思ったけど、再見すると実にクールなビジネスマンでね。後は注目度の高かった「オヤジさん」ことフォン・ツイフォンにも大いに注目した次第。


 翌日のモーニングショーで、朋友と共に『密告者』を鑑賞。
こっちはお客さん多めで、女性の方もいた。嬉しい。ニコ、いいよねー。


 ところでこの2本を観て思い出すのは、ドラマから今度映画化される『外事警察』
音楽が梅林茂さんなので、放映時に「いやー、香港映画くさくていいぞー(笑)」とかなんとか騒いでおりました。ちなみに監督は『ハゲタカ』のドラマ版を手掛けている方といえばさらに納得していただけるかと。盗聴あり民間協力者による内偵ありと、通じることが多かったもんでね。
 この二つのうちどっちが好きかなー、と聞かれれば、やっぱり密告者かな。ちなみに朋友も同意見だった。やっぱり丸坊主ニコの熱演にはグッとくるし、今回の再見ではルンメイにひかれた。ちゃんとカッコイイ女性になっているのよね。この作品ではルンメイ以外にも陸毅がマフィアを演じているので、結構意外性に富んだキャストだよなーと改めて思った次第。もちろん、カイチーさんの壮絶な助演も印象的。

 そんなわけで、先月に続いての地元での中華三昧を、また大いに楽しんだのであった。

 さて、話変わって、今年の春で『ブエノスアイレス』の日本上映権が切れるそうです。
昨年、レスリーのメモリアル上映としてドリパスでも企画されてたけど、実施定員に達しなかったのと震災のために実現しなかったのが残念と思ってたら…。でも、4月1日をはさんでキネカ大森さんで特集上映がされるそうですよ。期間中にはゲストトークもあるらしいけど、あいにくこの週は年度替わりで行事がかち合って上京できないのよね…。
 そしてこの後、大阪や山口(レスリー作品の上映会を熱心に行っている映画館&グループさんがあるらしい)などで上映されて配給権が切れるんだけど、東北地方では上映がないんですって…(泣)。

 しょうがない、4月1日に自主上映会をするしかないかなあ。でもね、DVDじゃなくてビデオしか持ってないんだよ。それでもいいかなあ?
それなら同時上映は《東邪西毒 終極版》にしようかな?


ついでにこれも。

 これは北京プレミアのニュースだけど、香港上映についてはこちらの記事をご参照くださいませ。
しかしこれ、日本でも早くソフト化してくれないかしらん?

|

« 亞洲電影祭之春天(国内編) | トップページ | 大阪初上陸にて、映画祭にも初参加。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/54091669

この記事へのトラックバック一覧です: 春光乍洩、意外な密告者。:

« 亞洲電影祭之春天(国内編) | トップページ | 大阪初上陸にて、映画祭にも初参加。 »