« 奪命金(2011/香港) | トップページ | 台湾に感謝しながら、今年もやさぐれに行こう(笑) »

サンザシの樹の下で(2010/中国)

 『奪命金』の時に書いたが、ある個人(だいたい監督)をブランド化したり、得意ジャンルで決めつけるのがどーもダメになってきている。トーさんだったら「ノワール」、ウーさんだったら「バイオレンス」、王家衛だったら「遅筆」…じゃなかった「オサレ」って感じで。
 で、これがイーモウだったら「初恋」とか「純真」とか「美少女」。…そう、代表としてあげられるのが『初恋のきた道』。…えーと、すいません、いい映画だと思うけど、好きじゃありません、イーモウ作品としては。それよりも、2000年代の大味な大作乱発でかえって親近感増したんだけど、こんなワタシはやっぱおかしいかね。早いところ『女と銃と荒野の麺屋』を観たいんだけど、やっぱり来ないかなあ…。

 で、『サンザシの樹の下で』である。
 この路線は、もう言うまでもなく初恋路線ですよねえ。もうそれ自体で構えちゃってすいません。そんな気分で観ちゃってたので邪念ありまくりな感想になりそうですいません、と先に謝っておきますよ。

 文革中期、1970年代初頭の中国。下放された高校生静秋(周冬雨)は、住み込んだ村長(李雪健)宅で「老三」と呼ばれて家族同然に扱われている孫(ショーン・ドウ)と出会う。二人はお互いに惹かれあうようになり、静秋の下放期間が終わっても、孫は彼女の住む町まで会いに来ていた。
 しかし、静秋の両親は反革命分子として扱われ、父親は投獄され、母親(シー・メイチュアン)は労働改造を受けていた。高校卒業後、静秋も高校を卒業して、やっとのことで教職を得て、母親や弟達を支えるために働いていたのだが、母親に迷惑をかけたくないので、こっそりと逢い引きをしていた。それもつかの間、やがては母親にその恋を知られることとなる。母親は孫に娘と付き合わないでほしいと頼み、彼はそれを受け入れる。しかし、静秋の思いは募るばかり。思い切って下放先の村に行ったのであるが、そこで孫が入院したことを知る…。

 観終わって思った。「これは中国のセカチューか?」と思ったら、公式サイトのイントロダクションにそう書いてあった。…いずこも同じなのね、若者が好むのは。いや、アジア人だからこそのメンタリティなのかもしれないけど。

 なんかねー、文革がバックグラウンドにあるので、必然的に重くなるのはわかるのだけど、昔のイーモウならもっとへヴィにやるんじゃないかなって思ったので、その頃と比べて文革の扱いが軽くないか?というのが。いや、重くても困るんだけどね。文革の扱いは大陸でもデリケートになってしまうから、どうしてもこうなってしまうのかしら。気になったのはそんなところ。

 ヒロインの周冬雨ちゃんは、わりと癖のある感じの少女。というか薄倖顔ですね。※意見には個人差があります。イーモウ映画のヒロインはみんな癖があるけど、その中で一番好きなのは童潔だったりする…あ、でもイーモウと組んだのはこれ1作だけだったか。
 ところでイーモウ映画で起用されるスター以外の男どもは、若ければ若いほどええ男度が下がっていくような気がするのだが(オッサンなら姜文や孫紅雷など、ええ味出した系がわんさかおるのに)、今回のショーン・ドウくん(大陸生まれだがカナダ育ちなので英語名を持っているらしい)が珍しくあかぬけてて、それなりにええ男でビックリした。しかし、ええ男なのであんな仕打ちを受け…って以下強制終了だな。

 ま、久々に観たイーモウ映画だけど、先に書いたような大味で好き勝手やってる彼が好きな身としては、誰にでも(特に良心的な映画ファン?)好まれそうなこの路線は、はっきりいっても言わなくても物足りないのであった。さて、次回作は初の欧米人主演、そして南京事件をテーマにした作品だけど、はたしてどういう出来になるもんだろうか。楽しみ半分不安半分。

原題(&英題):山楂樹之戀(Under the hawthorn tree)
監督:チャン・イーモウ 製作:ビル・コン 脚本:イン・リーチュアン 撮影:チャオ・シャオティン
出演:チョウ・ドンユイ ショーン・ドウ シー・メイチュアン リー・シュエチエン 

|

« 奪命金(2011/香港) | トップページ | 台湾に感謝しながら、今年もやさぐれに行こう(笑) »

中国映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/53436940

この記事へのトラックバック一覧です: サンザシの樹の下で(2010/中国):

« 奪命金(2011/香港) | トップページ | 台湾に感謝しながら、今年もやさぐれに行こう(笑) »