« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

海洋天堂(2010/中国)

 長くて暑かった2011年の夏が終わろうとしている。
8月最後の週末、『海洋天堂』を観た。


 古い欧米風の建物が並ぶ海浜都市、青島。
その海辺にある水族館で設備技師をしている王心誠(リンチェイ)は妻に先立たれ、自閉症の息子大福(文章)を一人で育てていたが、ある日、大福と無理心中を図ろうとする。しかし、泳ぎの得意な大福は自分と父をつないだロープをほどいてしまい、それは失敗に終わる。彼らの向かいに住んで駄菓子屋を営んでいる柴さん(朱媛媛)はびしょぬれの二人を見て驚く。
 実は心誠は末期の肝臓ガンに冒されていた。彼は21歳になった大福を預かってくれる施設を必死に探しながら、大福に一人でも生きられる術を授けていく。感情の発露に乏しく、時々トラブルを起こしてしまう大福だが、心誠は根気強く教えていった。父と共に水族館に通う大福は、巡業サーカス団の一員でクラウンをしている鈴鈴(ルンメイ)と出会い、仲良くなるが、別れはある日突然にやってくる。 
 やがて、かつて大福が世話になっていた養護施設の元校長先生の紹介で、成人した障害者が共同生活を送っている民間施設が見つかり、心誠は彼を入所させるが、一人ぼっちになった大福は激しく暴れ出す。自分の死期を悟った心誠はアパートを引き払い、後々のことを柴さんと水族館の館長(董勇)に託し、残りの時間を大福と共に生きていく…。

 ストーリーはあまりにもシンプルだ。そして淡々としている。人によっては、あまりにもきれいごとすぎるという意見もあるだろう。だけど、この映画はリンチェイがノーギャラでも出演したいと切望したこと、そして中国の障害者福祉のことを思えば、十分意義のある作品だと思う。
 薛曉路監督自身が実際に自閉症支援施設でボランティアをしていたこともあって、劇中には様々な施設が登場する。おそらく、実在の施設でロケをしているとは思うのだが、子供の施設は多くても、大人の障害者を受け入れる施設が少ないこと、では大人向けは?と見ると精神病棟のようになってしまうと、中国の障害者施設の現状が垣間見られるような場面も見受けられる。大人を受け入れられないと、その家族が面倒を見なければいけない。(そういえば『こころの湯』でも、障害を持つ阿明は父親が面倒みていた)もし親が老齢になり、亡くなってしまったら?となると、その後の問題は大きい。パンフレットの監督インタビューを読むと、日本では多く存在する民間福祉団体も中国ではまだまだ少なく、劇中で施設の職員が饅頭を売って資金を稼いでいることはないとのことだけど、今後の中国の障害者福祉に対する問題提起もしているのかな、と思ったりして。
 じ、実は障害者福祉は専門外なので、ちょっと未確認なところや誤解しちゃっているところもあるかもです。何かあったらご指摘くださいませ<(_ _)>。

 リンチェイはアクションがなくても、エモーショナルな演技は得意なところ。エクスペンダブルズやってる人とは同一人物とは思えない…と書こうとして、件の映画を観ていないことに気づいた(笑)。
 大福役の文章くん。映画よりもドラマや演劇への出演が多い俳優さんなのね。かわいい顔の俳優さんなので、今後どんな路線に行くかが気になるところだけど、もっと作品を観てみたいね。ルンメイちゃんもかわいらしい。ちょっと悲しげな顔のクラウンのメイクもあうし。これまた初めて見た朱媛媛さん、久々の高圓圓ちゃん、そしてフォーフォーの親友コンビ再びの董勇さんと、他のキャストもいい。

 そして、スタッフもいいっすねー。これの後の仕事が日本で3Dホラーとポルノミュージカルで驚かされた(前置き長いって)ドイル兄さんの流麗なカメラ、ウィリアムさんの適切な編集、チョンマンさんのシンプルな美術、エンディングに流れるジェイの優しいバラード、そしてフレーズを聴いただけでうるっときちゃう久石譲さんの音楽。すごく恵まれて、祝福されるべき作品で、いろんな人に観てもらいたい作品。この映画が日本で公開されて、本当によかった。

英題:Oceanheaven
製作:ビル・コン 脚本&監督:シュエ・シャオルー 撮影:クリストファー・ドイル 音楽:久石 譲 美術:ハイ・チョンマン 編集:ウィリアム・チャン 主題歌:ジェイ・チョウ
出演:リー・リンチェイ(ジェット・リー) ウェン・ジャン グイ・ルンメイ ジュー・ユアンユアン トン・ヨン カオ・ユアンユアン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫文と暗殺者と、名も無き末代の志士たち

 あの「伝説の字幕」が衝撃だった東京中国映画週間から10カ月、東京上映から4カ月。やっと我が街にきましたよ、《十月圍城》こと『孫文の義士団』が!いやー、もう待ってたよーん。


これはオリジナル予告。日本版とはやっぱり雰囲気は違うよね。

Bodyguards

 どっかで「ヒップホップくさい」と言われていたオリジナルポスター。
ワタシもこっちの方が好きかな。

 感想としては初見とはあまり変わらないし、相変わらずノリ的には龍馬+武侠だよなー、現在新作『るろうに剣心』を撮影している大友啓史さん(注:NHKドラマ部出身の映画監督。ハゲタカ劇場版で映画監督デビューし、龍馬でチーフディレクター)はこれ観てくれたかなー、なんて思ってたのも変わらない。ちなみに『るろ剣』では、谷垣健治さんがアクション監督を務めているのであった。
 ♪ほんこん~へ~、そんぶん~きたよ、みん~な~で~、うううまもろう~、お~お~♪(龍馬のテーマbyリサ・ジェラルドで歌ってください)

 ふざけるのはこのへんにしておくとして、もしかして追加場面あった?とか、一部分だけ広東語が聞こえてくるんですけど、とか、新たな気づきはいろいろあった。えーと、映画祭上映時の上映時間って、いったいどのくらいだったのだろうか?
本上映は2時間25分だっけ。でも、やっぱりあっという間だった。

 もちろん、キャスティングにも大騒ぎ。いやー、この映画のニコはやっぱりかわいいよなあ、なんでセシと離婚しちゃうのよとか、葉問2部作上映時に「ド兄さんのアクションがゆっくり見える…」と言ってた朋友が「やっぱりいい男だよね、ド兄さん」とうっとりしていたり(やっぱり惚れたか?>友よ)、日本ではド兄さんの次にプッシュされてたりよんが(強制中略)だよねーと意見が一致したり、李宇春の立ち位置を考えたり、楽しく観られたのは言うまでもない。
 うーむ、これなら全国一斉ロードショーでもよかったと思うのよね。やはり孫文ネタである成龍さんの『1911(辛亥革命)』と並べても無問題だと思うんだけど…。いや、件の作品はまだ観てないから何とも言えませんよ?

 ところで、観に行ったときに同じスクリーンで知人と数人会ったり、鑑賞後に行った飲み屋さんで、話をしたホール係のお兄さんが武侠片好きでついつい盛り上がってしまったりとあったので、それなりに話題にできるのが嬉しい。
しかもですねー、来月はなんと『処刑剣』の上映も決まってましたよ!
ついにきましたよ、モリーオにもド兄さんの波が!いやー、ビックリだ。なんとかこの波が続いてほしいよ。

 そして、波といえば今週末からは『海洋天堂』。これも楽しみだよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧血野郎は蚕の串焼の夢を見るか?

 どうも皆さん、残暑お見舞い申し上げます。
 こちらでは長らくご無沙汰いたしました。

 今年の夏は、特別業務期間が1ヶ月に延びたので、夜はVCDを観て、ちゃんと感想書くぞーなんて思っていたのですが、本業でなんと2度も出張(しかも一つは県外)が入り、加えて貧血&高血圧でフラフラな日々を過ごしてしまい、気がついたら帰省の日を迎えていたのでありますよ。
 その間、ヴェネチア映画祭が中華電影祭りになっていたり、ウーさんが来日していたり、TIFFのオープニングの一つに成龍さんの『1911』が決まったりといろんな動きがあったのですが、そのへんはtwitterのタイムラインで確認しただけで終わってしまい、今に至るわけで。
 …まあ、今月は帰盛すれば、地元で『孫文の義士団』と『海洋天堂』と『シャンハイ』が観られるし、ヴェネチアやTIFFでいい知らせが聞けたら書きたいし、なんとか落ち着いて書けるようにしたい次第。いや、実は休み明けから10月初めまで、本業もめっちゃ忙しくなる予感がするんだけど、…あー、頑張るよオレ(泣)。

 そんなわけでばたばたと実家に帰ってきたわけであるが、そのタイミングにあわせて、Twitterの中華系フォロワーの皆さんが、北池袋の中国料理店・楽楽屋でのオフ会を企画していただいたので、先日参加してきました。 

1313314186691.jpg

 まずは、青島ビールでかんぱーい♪
軽いので、すいすい飲めてしまうアルよ。

 この夏は、あまり肉料理を食べてこなかったせいか、確かにバテやすい。それもあったのか、セレクトメニューも肉三昧でした。グランドメニューはこんな感じ
 上から、豚の耳の料理、鶏軟骨とお茶の葉の炒め物、羊の肉とにんにくの炒め物。

1313314198480.jpg

1313314202661.jpg

1313314205310.jpg

 うーん、いかにも東北部っぽい料理だなーと思って後で調べたら、東北部の料理がメインだとのことで納得。冬に食べてもいいかもね。なお、犬料理もあるそうです。

 次に主食がこれ、ってことになるのかな?家庭風面(麺)の塊スープ。別名「面の皮」(笑)。

1313314208368.jpg

 2杯目はフルーツビールをいただきました。右側はサンザシビール、左はマンゴービール。ビールカクテルのような味わい。

1313314210562.jpg

 これはワタシのリクエストで皮蛋豆腐。鉄分補給でニラ玉も。ベーシックですいません(笑)。

1313314214487.jpg

 そーいえば皮蛋って、欧米人には信じがたい食べ物らしい…。レコチャイ経由でこんな記事があった。いや、同じアジアでも、バロットのほうがもっと信じがたいんですけど。

 さて、いよいよメインディッシュ。
実はこのお店にしてもらったのは、ここの名物料理である串焼きの中に、お蚕の串焼きがあるというのがある。それが数ヶ月前の中華オフにて話題になり、是非食べてみたいと思ったのだった。きっと貧血やら夏バテには効くだろうしね。

 そんなわけでやってきましたよ、串焼料理。

1313314217067.jpg

 真ん中の縞々が噂のお蚕。
ちなみに手前は牛サオ。つまり牛の○んち○(事情により強制伏字)です。

1313314219914.jpg

 これは羊串、だったっけ?

 で、お蚕ですが、一人一個の割合で来たので、一口にいかせていただきました。
外はぱりぱり、中はハーブを効かせた牡蠣、といった味わいかな。もう一つ行ってもいいと思ったけど、ひと串はいらんわ、というのが素直な感想。
 他の参加者の話では、鉛筆と消しゴムの味とも聞きますが、うーん、そこまでは意識しなかったなあ。※意見には個人差があります。

1313314222567.jpg

お腹もいっぱいになってきたので、締めはデザート。
ドラゴンフルーツのシャーベット。食べ応えあって美味しかったアルよ。

 この後はキタイケの中華街を回り、雑居ビルの中華スーパーでいろいろお買い物。
台湾留学時代によく食べていたパイナップルケーキを見つけたり、安価なクコの実を買い込んだりした。途中キャバレーがあったりなんだりで、IWGP的雰囲気も堪能。いやー、マコトじゃなくても、中華趣味としては「うぉーーーーーーっ、ブクロさいこーーーーーーー!」と叫びたいわ。
 いや、今まで近くまでは足を運んでも、ここまで中には入れなかったもんで。

 そんなわけで、お誘いいただいた皆さん、ご一緒できた皆さん、楽しかったです。ありがとうございました。今度はTIFFかフィルメックスでまたお会いしませう。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »