« 春光乍洩香港贅沢行(その1) | トップページ | 春光乍洩香港贅沢行(その3) »

春光乍洩香港贅沢行(その2)

 2月11日、曇。前日は晴れて暖かだったのに、曇るとやや寒くなる。ただ、この冬は我が街でも厳冬だったので、レザーのライジャケを着るほどの寒さではない。
 この日の予定は、夕方から湾仔のスパ・ロクシタンで施術をうけ、その後は同じく湾仔にてTwi朋友さんと火鍋会。おっと、前日の夕方に間に合わなかった車公廟に行かなければ!

 しかーし、その前に早餐だ!
 前日、翠華餐廳に行ったとき、並びに黄枝記があることがわかったので、次の日の朝はお粥だと決めていた。
 ワタシは定番の皮蛋痩肉粥、そしてチャレンジャーたる皇后さまは焼鴨粥をオーダー。

Kayu

 さて、いよいよ車公廟リベンジ。
 今回はMTRで湾を越え、尖東からKCRに乗って大圍を目指す。
 外に出ると、ちょっと空が重い。そして、車公廟の前は旧正月を1週間越えても参拝客で賑やかであった。

Chegongmiu_1

 境内で一番安い線香の束を買って二人で分け、点火してもらいに行くと「お金払ってね」と記名帳を差し出される。最低20元だったのでそれじゃあ、と探したらない。しょうがないので50元出し、名前と願いを書いて、祭壇に見よう見まねで拝々する。本堂には線香3本しか持ち込めないと聞いたので、少ない線香をうまく配分して供えた。
 本堂で拝々した後、左右の神様にも拝々する。右側の神様に行く前に、社務の方から利是袋をいただく。でもその後にまたお賽銭(でいいのか)を出すように言われたので、今度は朋友と連名で書いてお金を出した。「つくづく現世利益の街だねえ、さすが香港」と朋友。ほんとにね、世界就是銭(世の中は金だ)。
 お参りを済ませて境内で売っていた、ご利益があるという風車(一番小さなものが35元)を買おうとしたが、「お釣りがないの」と言われた。なんだ、ガッカリ。結局外の市場でも風車を買わず、ただ写真だけ撮ってきた。

Chegongmiu_4

Chegongmiu_5

 その後はKCR→MTRと乗り継いで中環へ。
午後はスパの時間まで、朋友の要請でお買い物ツアーと化したのであった。

 まずは朋友ごひいきの陳意斎。移転して久しいけど、彼女はそれを知らなかったので、お気に入りの鳳凰巻の包装が変わっていたのにガッカリしていた。そう、売り物のメインが変わっちゃったんだよね。
 小腹も空いたのでちょっと上にあがって、混雑し始めた蘭芳園に突入。やっと入ることができたよ。ただし本店のお隣の別館

Lanfongyun

 相席は当たり前の狭い店内で、二人でこのフレンチトーストを一つずつ頼んで食べた。
満足満足。
 激混みな店内を早めに抜け出し、iPhoneでG.O.D.とmornの位置を調べてSOHOを歩く。両方とも以前の場所から移転してちっちゃくなっていたが、雑貨大好きの皇后さまは大喜び。特にG.O.D.は初めてということもあって興味深く見ていたようだけど、中環店が小さくなっていたので次の日に銅鑼湾の旗艦店に行くことを決意。なぜその日行かなかったのかというと、時間がなかったからなのです(笑)。
 
 一旦ホテルに帰って休憩し、3時ごろに再び出発。今度はトラムで湾仔まで移動。ちょっと行き過ぎたところで止まったので少し歩き、3時半過ぎにロクシタンに到着。こんなところにあるとは知らなかった、と朋友。90分のアロママッサージを受けてうっとりしてきた次第。かなり疲れていたので、個人的にはがっつり揉んでもらいたかったんだけど、ちょうど生理中だったこともあってあまり刺激しない方がいいといわれたっけ。

 時間も早く上がったので、黄昏時の湾仔の商店街を散策。主にワトソンズで湿布薬や咽喉飴を買ってました。これは朋友もお土産にと買っていた。白花油は2つ持っていたので今回は買わず。あとは雲南白葯も探していたんだけど、このたびでは結局買えなかったなあ。

Nodoame

 The Pawnの近くにある泰昌餅家の支店にも寄った。ここでは蛋達も売ってたけど、朋友が箱詰めの中華駄菓子をたくさん買っていた。時間がよければ蛋達も買って食べてたんだけどね。

 時間になったので、Twi友さんと会って金湾海鮮火鍋へ。
香港での火鍋はワタシも初めてだったので、どー頼めばいいのかちょっと迷ったけど、スープは清湯と沙嗲の鴛鴦鍋、具は豆腐・ワンタン・魚丸・豚レバー・エビと野菜にしてみた。しかし、調子に乗りすぎたため、なぜか青菜が芥蘭を始め4種類も来てしまい、結果的に野菜鍋になってしまったのであった(笑)。さすがに3人で食べるには量が多かったねえ。

Hinabe

 火鍋店の隣にはバーがあって、湾仔って意外と欧米人も多いんだなーと思いながら、食事の後はパシフィックコーヒーでオフ会延長戦。いろんな話で盛り上がったのでありました。
 店を出たのは11時過ぎ。トラムの走行本数がガクッと減ってつかまえるのに苦労したけど、なんとか1本捕まえて、すぐ前に走ってた貸切パーティートラムを追っかけながら交易広場前で降りた。
 そして、長い1日が終わったのであった。就寝は1時過ぎ。

 次の日は土曜日。離島に行こうかどうしようか迷った挙句、天気がイマイチだから周辺でのんびりし、銅鑼湾のG.O.D.を見た後、クリッパーラウンジで贅沢に過ごすということで決定。夜は蛇のお店にも誘われていた。これまた続く。 

|

« 春光乍洩香港贅沢行(その1) | トップページ | 春光乍洩香港贅沢行(その3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/50968181

この記事へのトラックバック一覧です: 春光乍洩香港贅沢行(その2):

« 春光乍洩香港贅沢行(その1) | トップページ | 春光乍洩香港贅沢行(その3) »