« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

春光乍洩香港贅沢行(その2)

 2月11日、曇。前日は晴れて暖かだったのに、曇るとやや寒くなる。ただ、この冬は我が街でも厳冬だったので、レザーのライジャケを着るほどの寒さではない。
 この日の予定は、夕方から湾仔のスパ・ロクシタンで施術をうけ、その後は同じく湾仔にてTwi朋友さんと火鍋会。おっと、前日の夕方に間に合わなかった車公廟に行かなければ!

 しかーし、その前に早餐だ!
 前日、翠華餐廳に行ったとき、並びに黄枝記があることがわかったので、次の日の朝はお粥だと決めていた。
 ワタシは定番の皮蛋痩肉粥、そしてチャレンジャーたる皇后さまは焼鴨粥をオーダー。

Kayu

 さて、いよいよ車公廟リベンジ。
 今回はMTRで湾を越え、尖東からKCRに乗って大圍を目指す。
 外に出ると、ちょっと空が重い。そして、車公廟の前は旧正月を1週間越えても参拝客で賑やかであった。

Chegongmiu_1

 境内で一番安い線香の束を買って二人で分け、点火してもらいに行くと「お金払ってね」と記名帳を差し出される。最低20元だったのでそれじゃあ、と探したらない。しょうがないので50元出し、名前と願いを書いて、祭壇に見よう見まねで拝々する。本堂には線香3本しか持ち込めないと聞いたので、少ない線香をうまく配分して供えた。
 本堂で拝々した後、左右の神様にも拝々する。右側の神様に行く前に、社務の方から利是袋をいただく。でもその後にまたお賽銭(でいいのか)を出すように言われたので、今度は朋友と連名で書いてお金を出した。「つくづく現世利益の街だねえ、さすが香港」と朋友。ほんとにね、世界就是銭(世の中は金だ)。
 お参りを済ませて境内で売っていた、ご利益があるという風車(一番小さなものが35元)を買おうとしたが、「お釣りがないの」と言われた。なんだ、ガッカリ。結局外の市場でも風車を買わず、ただ写真だけ撮ってきた。

Chegongmiu_4

Chegongmiu_5

 その後はKCR→MTRと乗り継いで中環へ。
午後はスパの時間まで、朋友の要請でお買い物ツアーと化したのであった。

 まずは朋友ごひいきの陳意斎。移転して久しいけど、彼女はそれを知らなかったので、お気に入りの鳳凰巻の包装が変わっていたのにガッカリしていた。そう、売り物のメインが変わっちゃったんだよね。
 小腹も空いたのでちょっと上にあがって、混雑し始めた蘭芳園に突入。やっと入ることができたよ。ただし本店のお隣の別館

Lanfongyun

 相席は当たり前の狭い店内で、二人でこのフレンチトーストを一つずつ頼んで食べた。
満足満足。
 激混みな店内を早めに抜け出し、iPhoneでG.O.D.とmornの位置を調べてSOHOを歩く。両方とも以前の場所から移転してちっちゃくなっていたが、雑貨大好きの皇后さまは大喜び。特にG.O.D.は初めてということもあって興味深く見ていたようだけど、中環店が小さくなっていたので次の日に銅鑼湾の旗艦店に行くことを決意。なぜその日行かなかったのかというと、時間がなかったからなのです(笑)。
 
 一旦ホテルに帰って休憩し、3時ごろに再び出発。今度はトラムで湾仔まで移動。ちょっと行き過ぎたところで止まったので少し歩き、3時半過ぎにロクシタンに到着。こんなところにあるとは知らなかった、と朋友。90分のアロママッサージを受けてうっとりしてきた次第。かなり疲れていたので、個人的にはがっつり揉んでもらいたかったんだけど、ちょうど生理中だったこともあってあまり刺激しない方がいいといわれたっけ。

 時間も早く上がったので、黄昏時の湾仔の商店街を散策。主にワトソンズで湿布薬や咽喉飴を買ってました。これは朋友もお土産にと買っていた。白花油は2つ持っていたので今回は買わず。あとは雲南白葯も探していたんだけど、このたびでは結局買えなかったなあ。

Nodoame

 The Pawnの近くにある泰昌餅家の支店にも寄った。ここでは蛋達も売ってたけど、朋友が箱詰めの中華駄菓子をたくさん買っていた。時間がよければ蛋達も買って食べてたんだけどね。

 時間になったので、Twi友さんと会って金湾海鮮火鍋へ。
香港での火鍋はワタシも初めてだったので、どー頼めばいいのかちょっと迷ったけど、スープは清湯と沙嗲の鴛鴦鍋、具は豆腐・ワンタン・魚丸・豚レバー・エビと野菜にしてみた。しかし、調子に乗りすぎたため、なぜか青菜が芥蘭を始め4種類も来てしまい、結果的に野菜鍋になってしまったのであった(笑)。さすがに3人で食べるには量が多かったねえ。

Hinabe

 火鍋店の隣にはバーがあって、湾仔って意外と欧米人も多いんだなーと思いながら、食事の後はパシフィックコーヒーでオフ会延長戦。いろんな話で盛り上がったのでありました。
 店を出たのは11時過ぎ。トラムの走行本数がガクッと減ってつかまえるのに苦労したけど、なんとか1本捕まえて、すぐ前に走ってた貸切パーティートラムを追っかけながら交易広場前で降りた。
 そして、長い1日が終わったのであった。就寝は1時過ぎ。

 次の日は土曜日。離島に行こうかどうしようか迷った挙句、天気がイマイチだから周辺でのんびりし、銅鑼湾のG.O.D.を見た後、クリッパーラウンジで贅沢に過ごすということで決定。夜は蛇のお店にも誘われていた。これまた続く。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春光乍洩香港贅沢行(その1)

 そもそもの始まりは、4年前の2月に一緒に行った学生時代からの朋友、零食皇后様の「今度香港へ行く時は、マンダリンオリエンタルに泊まろうよ」という一言からだった。

 香港の高級ホテルといえば、ペニンシュラかマンダリン。両方とも日本に進出しているが、日本では宿泊どころかせいせいアフタヌーンティーするので精一杯な敷居の高さ。だけど、ご当地香港では、街歩きの最中にトイレを借りたりロビーで休んでインテリアの美しさにうっとりしたりと、結構有効に使わせていただいている。(マンダリン東京は以前も書いたけど、ロビー自体が高層階にあるから、気楽に休めないんだよねー)
 香港には14回通ったものの、一度も高級ホテルなるものに泊まったことがなかった。JTBのツアーパッケージに入っていてよく利用していたニューワールド(ルネッサンス・カオルーン/新世界萬麗酒店)がこれまで香港で泊まった中で最高にいいホテルだったんだが、ここは昨年の早春で閉館してしまった。
 まーホテルなんて寝に帰るくらいなもんでいいし、特に贅沢はいわないのが我がポリシーだけど、いい加減年齢も重ねたし、無理も効かなくなってきているし、特に皇后様は怠惰なワタシと違ってバシバシお仕事されているから、やっぱり贅沢な休暇は必要よねー。そんなわけで、JTBのフリーツアーでマンダリンを押さえた次第。フライトは成田午前発で4泊5日。帰りは午前10時台香港発の便を取ってもらえたので、余裕を持って出られる計画だった。

 2月9日、出発前だというのに突発的な仕事があったり、肩こりがひどかったり目が痛かったりとガッタガタな状態で勤務を無理やり終わらせ、キャリーとボストンを引っつかんで新幹線へ飛び乗る。皇后様との旅ではいつも成田で前泊するのだが、通常通りに勤務すると成田到着が11時ごろになってしまうので、今回は定時すぐに出て早めの新幹線に乗った。乗り換え案内を調べると、成田エクスプレスが早く到着するとのことで、携帯サイトで指定を取って東京駅でバタバタしながら受け取る。エクスプレスに乗るのは12年ぶり。もちろん新型も初めて乗ったのだけど、wifiがうまく使えなくて残念だった。
 ホテルはかつてのホリデイイン成田。今年から東武系のホテルになったそうだが、シンボルカラーは昔のままだったな。ここは空港から一番近いホテル。車で空港まで行くと必ず前を通るのだが、まさかここに泊まるとは思わなかったな。皇后様も30分遅れて到着。残業でしばらく残っていたそうだ。

 2月10日、起床6時。チェックインカウンター前集合が7時15分なので、荷物を全てもって朝食を食べ、バタバタとチェックアウトし、空港行きのシャトルバスに乗る。空港チェックインをさっさと済ませ、出国も早めに。朝から混んでいたのは、旧正月旅行で遊びに来ていた華人旅行客が多かったからだな。余裕を持って出国ゲートを出たので、久々に免税店をのぞくことができた。しかし、混みまくっていた客のほとんどが華人。まあそんなものか。朋友はいくつか買っていたけど、ワタシは早々とリタイアした次第。
 飛行機は定刻にテイクオフ。5時間近い旅。機内食の時間以外は二人ともうつらうつらしていた。朝早かったし、バタバタしてたからね。

 1時過ぎに香港へ到着し、AELで終点まで行く。
 マンダリン経由のシャトルバスはないので、キャリーをひっつかんで地上に出るべく悪戦苦闘。香港駅とMTR中環駅はつながってはいるけど、普段からこっち側を使ったことがないためよくわからない。そのうえ、ifcができちゃっているのでさらにわからず、上へ下へと行きながら、スターフェリー脇の歩道橋を経由してマンダリンのある通りに抜け出した。
 初めてのレセプションで、応対してくれたのは日本人スタッフさん。彼女の案内で通されたのは19階。 

Mandarin_1

Mandarin_2

 部屋を指定してなかったのでストリートサイド(雪廠街)の部屋になったけど、広い部屋とステキなインテリアにうっとり。アメニティも細かい配慮があったし、デスクもビジネス仕様でステショナリーセットが充実。これはもしかして仕事をしろってこと?と一瞬思ったが、仕事は二人とも持ってきてなかったのでどーでもいいこと。さらにはiPod用スピーカーやDVDプレイヤー(使わなかったが)もある。ああ、確かにこれならホテルの中だけでも充分楽しめるよ。ウェルカムドリンクは茉莉花茶、ウェルカムフルーツ代わりにお茶請けのドライフルーツ、標準装備のお茶はジャスミン・ヴァーベナミント・イングリッシュブレックファストのオーガニックティー。なんて贅沢なんだ、ホントに!

 とかなんとか言ってたらあっという間に時間が過ぎて4時。
ここは早速お出かけせねばと思い、旧正月の初詣の定番・車公廟に行くことにする。6時前に閉まるという話も聞いていたので、急いでいかねばならぬ。
しかし、最初からつまずく。スターフェリーに乗って尖東に向かう時点でかなりタイムロスをしてしまい、結局MTRを2本乗り換えて九龍塘でKCRに乗り換えて行ってしまったので、大囲駅で降りた時にはすでに5時半。風車があふれる市場を通り抜けてたどり着いた廟の入り口は閉められていたのだった。しょうがない、明日の朝出直そうということで、今度はKCRでチムまで出て、重慶大夏で換金し、ちょっと歩いたところにある許留山で一休みしたのだった。

Sunday

朋友は好物の海底撈ロ野。

Mango

ワタシはこれ。

 一度ホテルに戻って休み、8時前に晩餐を食べに中環へ。
入ったのはこれまでなぜか行ったことがなかった“すいかレストラン”こと翠華餐廳。疲れていたので麺しか食べられない状態。ここで朋友は雲呑麺を頼んだらなぜか皿ででてきた。

Suika_1

ワタシは魚のつみれいりフォーを頼んで、芥蘭を分けっこしながら食べた。

Suika_2

 1日目から飛ばしすぎるのもまずいので、おとなしくホテルに戻ると、きちんとベッドメイキングがされていて、ベッドサイドにはジェットラグを和らげるというポイントコロンが置いてあった。これはマンダリンのロビーに漂っていたのと同じ香りだった。
なにかな、蘭の香り?

 二人ともゆっくり入浴して、12時過ぎには就寝。
次の日はスパの予約と火鍋会の予定だった。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港5日目、Delay No More.

900C635E-F9F0-4F5A-8E99-91DF2100C3F0

5日過ぎてのアップ。
旅はまだ終わっていません。
いや~、もう大変でした。

詳しくは、やっと書き始めた「春光乍洩香港贅沢行」にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港4日目、最後の晩餐。

19CDA8EB-829C-4D7B-BAFC-2244BB77E402

鏞記の鵞鳥飯をテイクアウトして、ホテルの部屋で食べた。
明日は早くチェックアウトする。マンダリンのケーキショップでパンを買えるかな?

ああ、いろいろあったけど、やっぱり楽しかったなあ。また来るよ。朋友もまだやりたいことあるといっていたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港4日目、雨の週末。

2748CEF7-AB96-483D-8015-D2BE70660431

かなり疲れが出てきている中、小雨だった午前中から南丫島に行った。

178FE936-D6D6-4FA2-B495-A733C4CD2D3E

ビーチまで歩き、お昼に白灼蝦を食べた。好食♪そしてチムまで行って買物したが、雨に体力を奪われてしんどかった。カフェにたどり着くまでに疲労困憊。

香港最後の夜は、何を食べようかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港3日目、下午茶と蛇。

この日は移動控え目。
午後は一番の贅沢をクリッパーラウンジで。

477BB1D9-6481-47B4-BE25-722E4E2BE003

そして夜は蛇。

FB3351BB-CB29-41C2-BDFB-ED97C39E3124

効力あり過ぎて血の巡りが良くなり、なかなか眠れなかった(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港3日目、週末朝飲茶でもまれる。

今朝は二人とも寝坊。
朋友の要望で蓮香樓へ行った。
週末なので激混み。ワゴンもなかなか回ってこないので、自ら皿を取りに行った。
まさに生存競争!(朋友談)

6F740E5D-BF17-4D03-8216-B38008A014A1

角煮まんみたいなもの。

0289786A-3376-4708-95EA-734845BDBECE

でっかい五目餃子。干しエビの味がシミシミ。

734C8A5E-DA52-4D7F-A1A2-781DF9560889

朋友のお気に入り。できたてホヤホヤで好食♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港2日目、買い物とスパと火鍋。

やっぱり、今日もたくさん歩いたのであった。

3032C9D1-BCAA-49A1-ACC0-62E29CC62743

香港島にもどって、昼に蘭香園で西多士を食べる。その後、朋友が買物しまくって、スパへ。
施術にはかなり満足とのこと。

屈臣氏でのど飴を買い、夜は火鍋。野菜ばっかり食べまくっていたのだった。

ADAE22A3-4A3E-493A-9381-88CCF8C88E70

明日は早茶の予定だが、どーなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港2日目、車公廟に行ってみた。

今回はとりあえず写真のみ。

6CEF8C57-5320-4203-AB60-0FF92E355E0B

下は風車。

2740F2AE-EF73-445A-896F-F3C7510DC2E8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港1日目、飛ばしすぎ注意。

さて、香港1日目の夜。
さすがに疲れています。ちなみに本日の歩数は19555歩。なんとか2万歩は免れました。今日は車公廟に行ったのだけど、タッチの差で廟は閉まっちゃったので、明日の午前中リベンジ予定。

えー、話変わりまして、実は今回は一点豪華主義な旅です。今回の宿泊は、なんとマンダリンオリエンタル!

C66ECF3A-20A5-40AC-9B21-59F21BF4546E

ものすごくきめ細かいサービスに感動。なんて贅沢なんだ~。
だけど、食事は相変わらず、こんなものを安く食べているのであった(笑)。

178E3CFD-3FC6-427F-86ED-C28A383DFA4D

さて、明日は港島買い物ツアーにスパ。
今の時点でかなり疲れているので、ほどほどに歩きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日から香港二人行ふたたび。

公私ともにバタバタしていたら、あっという間に香港出発前日。そしてただいま、成田へ向かっている最中。

今回の旅行は4年前の2月と同じく、学生時代の朋友との旅。お互い無理やり年休取って、しっかり遊びつつしっかり休息したい。
映画は…観られたら観ます。

でも今回は休息がメインかもね(笑)。この冬の寒さにかなり体がやられているので、火鍋や糖水などを積極的に取るか。
そして、倒れない程度に遊びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恭喜發財 萬事如意 香港電影 永遠支持

2007_0216hk2007020003

 本日は日本的には節分ですが、中華圏的には初一(旧正月の元旦)です。

恭喜發財 萬事如意 龍馬精神!

 写真は4年前の2月香港旅行で撮った、尖沙咀文化中心のディスプレイ。

 来週の今頃はいよいよ香港。今月に入ってやっと「あー香港行くんだー」とやる気になってきた(ほら、先月はずっと寒かったからやる気が出なかったもん)。今回の旅は4年前に一緒に旅した朋友・零食皇后とある意味マダームなツアー(笑)になる予定。日ごろのストレスをしっかり解消し、大いに楽しみたい次第。冬の食も楽しみたいぞ。蛇とか煲仔飯とか蛇とか(笑)。賀歳片も本数が多そうだけど、果たして観られるかなあ。うーむ。

 賀歳片といえば、昨年は日本における香港映画の上映が少なく、それ以外でも中華電影全体の上映も減っていってさびしかったのだけど、映画祭は相変わらず大賑わいのようで。なんのかの言いつつ、一番盛り上げるのが香港電影迷だからかしらねえ。
 昨年はトーさんが掛け持ちしていらしたゆうばりファンタ大阪アジアン映画祭も、もちろん香港映画の上映はあり。上映作品がややかぶっているけど、ゆうばりではジャンユーがゲスト、大阪ではトーさんの新作にして久々のラブコメ『単身男女』がワールドプレミア上映されるとのことで、なんとも賑やか。あー、香港行っちゃうし、2月下旬から3月中旬はまた忙しくなるので、やっぱりパスになっちゃうなあ。その間はVCD観てひとり映画祭していようかしら。

 香港へ行ったら春までお預けになりそうな予感がするけど、その先にはまたお楽しみが。GWからシネマート六本木で往年の香港映画をまとめて上映してくれるという『香港電影天堂SPECIAL』が決定とは!フィルム上映じゃないのが残念だけど、これらの作品をスクリーンで観たことのないファンには嬉しい企画。ちなみにワタシがスクリーンで観たのは、『狼たちの絆』『天地大乱』、作品自体観る機会がなかったのが『風の輝く朝に』『過ぎゆく時の中で』、そして『片腕ドラゴン』。もちろん、他の作品もスクリーンで観たいのはいうまでもない。特に『友は風の彼方に』と『ワイルド・ブリット』が観たいなあ。
 GWは何もなければ関東の実家に帰省するので、必ず行きたい。ああ、この時まで頑張るよ、オレ。

 ところで『葉問2(イップ・マン)』の公開が順調に拡大中らしい。青森まで公開が決まって盛岡が追い越されたじゃんか~!と泣きそうになったが、劇場情報を見たら仙台と山形が春に上映されることが決まっているので、観られるのは5月くらいになるのかなあ…。その時はぜひとも、『葉問(序章)』とのセット上映をプリーズ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »