« 新たなる青プーアル茶、邦威青茶を飲んでみた。 | トップページ | エンター・ザ・李小龍 »

いつか、街市に行ってみたい。

 どうも、大変ご無沙汰しております。
 この頃、ネタ枯れ気味で申しわけない。
今月はNHK-BSで成龍さん&李小龍特集なのだが、それを取り上げようと思ったらどうも十分なネタが拾えず(笑)。でも、なぜか『スパルタンX』は録画したので、成龍さんネタとしては、それを観た感想を後ほどアップするってことに替えさせていただく次第。
 そして、今週放映中の李小龍特集はちゃんと観ている。これは今年に入ってから中国語教室でテキストを読んだ関係もあるから観ているんだけど、実はまともに彼の映画を観るのは初めてなんだよねー(苦笑)。

 さて、そろそろ本題へ。今年の夏は香港へは行きませぬ。
理由は簡単。去年帰国後ぶっ倒れたからです。しかも帰着した朝から2日間ほど役に立たない状態でした。ああ、もう無理のきかない年齢になってきたんだなあ。今年は長い休みが取れたけど、この暑さだからまたぶっ倒れそうな予感がするんだよねえ。まあ、それでも行かないってわけじゃなく、冬や春だったらまだ行きやすいかなと思っているので、今度は来年の2月頃にでも行こうと思っている次第。

 それから、この秋に向けて、またまた香港小説執筆中。
行けない分、想いを何らかの形でアウトプットしたいもんだからね。
今度は食べ物関係を小道具に使いたいと思っているので、そのへんを中心にいろいろ調べているところ。また、始めとした在港日本人の皆さんのお話を聞く機会が推特で増えてきたので、このへんでもいろいろ聞いちゃおうかと思っている次第。
 執筆しながら、食べ物のことやお茶のことなどについてまとめているところなのだけど、ちょうどいいタイミングで教えていただいたのが、『街市街 よくわかる香港の市場』というCDつきガイドブックのこと。

2010_0729allphotos0011

 香港城市大学日本語学科の学生さんたちが、在港日本人のために香港の街市(公設マーケット)を紹介し、そこを有効活用して気軽に利用してもらうために卒業研究として取り組んだというのが、この『街市街』。
 香港で街歩きを重ねれば、どこの地区でも必ず現れるのが、大きな倉庫のような建物。そこをよく見れば、肉や花などが運び込まれていたり、午後には入り口を水で流して掃除していたりするので、誰の目にもここは一目で「ああ、あそこは市場かあ」とわかるようになっている。ちょっと中をのぞくと、肉(というより、さばいたばかりの肉類の血?)のにおいが立ち込めていたりして、日本の卸売市場と似たような雰囲気。最近は日本でも、卸売市場も朝だけでなく1日中営業するところが多いし、業者さんだけじゃなくて一般客も利用できるところが多くなってきているけど、香港の街市は日本以上に開かれているんだろうな,と思った次第。

 この本では、前半は街市で買物をするときに欠かせないやり取りを会話形式でまとめ、(付録のCDにはその発音が記録されている)、後半に街市で売られている野菜や果物、肉、魚、香辛料などの広東語名が単語帳風に記されている。野菜は旬の時期と調理法、肉や魚は入手経路や屠畜方法まで紹介されていてかなり濃い。さらに別冊では香港ブランドとして売り出している地元鶏や、有機野菜の宅配なども紹介されている。じっくり読み込むとかなり有意義で、香港の一般家庭の食卓事情も想像しやすくなる。
 おそらく、街市を利用するとなれば、単身者よりも家族で転住している日本人の既婚女性が対象とされるのかな。もちろん、単身者で食事を作っている人はもちろんいるのだろうけど、それもなかなか大変そうじゃないかなーなんて思ったので。ま、実際に街市を利用されている人がいたら、話を聞いてみたい。
 もちろん、資料的価値は充分にある。創作でも役に立つし、お料理が得意な方などのいは興味を持ってもらえるんじゃないかな。

 個人的に興味深いのは、野菜や果物の一部では、北京語とは違う名前のものがいくつかあること。もちろん、街を歩けば「葡萄」や「鳳梨」という単語に出会うので普段はあまり違和感がないんだけど、香港ではブドウを「提子(タイジー)」というのか。これは知らなかった。まあ、パイナップルを「波羅」というのはわかっていたからいいのではあるが。

 街市街チームはすでにプロジェクトを終了させたので、解散してしまったとのことだけど、その中心メンバーさんによるblogは現在も続行中。
日本語による香港イベント情報も紹介されていて、読み応え充分。ちょくちょくのぞいてますよ。

|

« 新たなる青プーアル茶、邦威青茶を飲んでみた。 | トップページ | エンター・ザ・李小龍 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/49006266

この記事へのトラックバック一覧です: いつか、街市に行ってみたい。:

« 新たなる青プーアル茶、邦威青茶を飲んでみた。 | トップページ | エンター・ザ・李小龍 »