« 『香港路線バスの旅』小柳 淳 | トップページ | 『流転の王妃の昭和史』愛新覚羅 浩 »

ゆうばりに行きたしと思へど、ゆうばりはあまりにも遠し。

 なんか、前にも同じような題名で書いた覚えがあるな。

えー、今年で20周年を迎えるゆうばり国際ファンタスティック映画祭に、我らがジョニー・トー親分が来ることは以前の記事でも書いた次第。13日にこれがさらに14日に追加プログラムが発表されたときには、特にTwitterの中華な人々界隈では大騒ぎだったわけで、ワタシ自身もそれを聞いて「絶対行くー、次の日職場で特別行事あるけど行くー」とか舞い上がっちゃって、多少先走ったりしたのである。

 しかし、ちょっと待てよ。
いくら映画祭といえども、夕張は遠い。一度行ったことがあるのだが、それを思い出しても遠い。そして交通の便が悪い。さらに「黑社會2」は一度観ている。例のアレである。人に(以下略)。これを観るには2000円のスペシャルパスポートが必要とのことだが、それならば香港もの以外で他の作品も観ようか…と思ったら、時間が悪すぎる。
 そしてとどめは3月に渡港計画を立てているのと、この頃の浪費による資金不足。

 以上のことを根拠として、ワタクシはなくなく夕張行きを断念させていただきました。

 うわー、悔しいー。…でも、3年前のトニー単独来日@傷城のようなショックはなかったよ。だってトーさん、しょっちゅう来日してそうだしね(笑)。

 そんなこんななわけで、ゆうばりに行かれる皆様(北海道の方メインかな)、どうかトーさんにお会いしたらワタクシが宜しく言っていたとお伝え…って自分、知り合いなワケないだろうが(瀑)。

|

« 『香港路線バスの旅』小柳 淳 | トップページ | 『流転の王妃の昭和史』愛新覚羅 浩 »

日本の映画祭」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
〔新年のご挨拶もろくにせず、失礼いたしました〕

私も今年のゆうばりには魅力を感じ、いってみようかな、とふと思ったのですが・・・

飛行機チケとホテルのくっついたプランを見たら6万からかかるのでびっくり(旅行慣れしていないので言われるままです)。日帰りは到底無理でしょうし、吹雪で飛行機が欠航になったら行けない・帰れないのではないか、とか心配のタネは尽きません。
いやはや・・・香港の方がまだ近い感じですね。

投稿: 藍*ai | 2010.01.20 11:01

大丈夫です。旧正月がありますから!

 今回のゆうばりは20周年ということで招待作品同様、審査委員長招聘も力が入っていますよね、なんちゃって。
 ゆうばりはフランスのアボリアッツ映画祭や米国のサンダンス映画祭を足して2で割ったような映画祭(両方とも会場近くにスキーリゾートがあるらしい)らしく、それゆえ冬の開催になるようですが、なんせ…って感じですよね。

でも、いつか行ってみたい映画祭であります。もちろん自費で安く(爆)。

投稿: もとはし | 2010.01.20 22:03

えーん、、、もとはしさん断念なのですね(>_<)
では、私が「よろしく言っていました」とお伝えしときます(笑)

意外と地の利が悪いのですよね、夕張^_^;
なので、夜の冬道はおっかないので、
私は2本だけ観て・・・日帰り決行しようと思っております。
トー監督のお話、できれば頑張ってメモしまーす!

投稿: 東雲 | 2010.01.20 23:07

 すみませーん、昨日の夕方断念宣言をつぶやいてきました。北海道の中華電影系bloggerさんたちとも盛り上がりたかったんですけどねー。

 初めて夕張に行ったとき(映画祭以外で)、「なんて地の利が悪くて寂しいんだ…(着いたら夜だったし)」と愕然とした記憶があります。ツアーがメインの滞在型映画祭だからといっても、もうちょっとなんとかなってもいいですよね。

 トーさん名言のご報告、楽しみにしておりますですよ!

投稿: もとはし | 2010.01.20 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/47340094

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうばりに行きたしと思へど、ゆうばりはあまりにも遠し。:

« 『香港路線バスの旅』小柳 淳 | トップページ | 『流転の王妃の昭和史』愛新覚羅 浩 »