« メジャーに優しく、マイナーに厳しい、東京国際映画祭。 | トップページ | 愛とリスペクトのカンフーハッスル »

TOKYO FILMeXのほうが、いくらかやる気は出る。

 そんなわけで本日は、TOKYO FILMeXのラインナップ発表日。
周知の通り、香港映画は《復仇》ではなく、ソイ・チェン監督の《意外》がコンペにエントリー。そして、これ1本のみ。『愛・作戦』も『ドッグ・バイト・ドッグ』も観ていないので、この監督の作る作品がいかに痛いかまだ未体験。でも、やっぱり興味がある。
 作品紹介にある、スーツ姿のリッチー&古天楽がなかなか不敵な感じでよい。

 そんな感じで国際に続いて淋しい限りなんだけど、今年はこっちの方のラインナップが好み。中華電影以外でもちょっと興味を持った作品があるので、それも観たいのよね。
 まだタイムテーブルが発表されていないようなので、うまく土日祝日にしてくれるか願うことにするか。

|

« メジャーに優しく、マイナーに厳しい、東京国際映画祭。 | トップページ | 愛とリスペクトのカンフーハッスル »

日本の映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/46237798

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO FILMeXのほうが、いくらかやる気は出る。:

« メジャーに優しく、マイナーに厳しい、東京国際映画祭。 | トップページ | 愛とリスペクトのカンフーハッスル »