« 夏光乍洩香港取材記まとめ、そして『ポップ★トリップ 香港』。 | トップページ | TOKYO FILMeXのほうが、いくらかやる気は出る。 »

メジャーに優しく、マイナーに厳しい、東京国際映画祭。

 うっうっうっうっうっ、。゜゜(´□`。)°゜。うっうっうっうっうっ…つД`)(以下エンドレス)。
 滅多に使わない絵文字まで使って悲しんでおりますよ、アタクシ。

 それというのもアナタ、今年の東京国際映画祭ラインナップのさびしさですよ。
昨年がかなり盛りだくさんだったとはいえ、それであってもこれはさびしすぎるよ。『夜と霧』の上映も含めたアン・ホイ監督特集は嬉しいけど、フルーツ・チャン&崔健の『愛してる、成都』と、香港で予告を観てきた《機器侠》こと『カンフー・サイボーグ』は大陸市場を見越した実質上の合作じゃないのよー。《証人》とか《葉問》とか《再生號》とか《竊聽風雲》とか『カンフーマクダル(字が出ないのでこれでご容赦を)』とか、持ってこられなかったのかなー。そうそう、日本上映が決まらなくとも、こういうところでお祭り的に上映するには、《東邪西毒:終極版》なんてぴったりじゃないのよー。

 そして何よりもショックなのは、この3本の香港映画、いずれも土日の上映がないってことなんですよ!なんだよ、国際映画祭とかいっても、結局東京都&首都圏優先ってか…。これらの作品の地方巡回がほとんど考えられない状況だから、なおさらやさぐれたくなりますよ、田舎もん電影迷は。
 かろうじて、台湾映画の『ヤンヤン(といってもヤンちゃんの遺作ではなく、サンドリーナ・ピンナ小姐&チェン・ヨウチェー監督作品)』が後半の土曜日に上映されるようだけど、それだけ狙うにはちょっと弱いなー。

 とりあえず本祭はあきらめて、今年は新宿ピカデリーでやるらしい「東京・中国映画週間」にて上映の《建国大業》1本に絞り、前日のグリーンカーペットでアン・ホイ姐さんに声をかける(って来るのか?)くらいしかできんのだろーか…。これが観られるかどーかは何とも言えんけどね。でも、《建国大業》って…(以下略。いずれ後で書きます)。

 で、なんと明日はTOKYO FILMeXのラインナップ発表だって?
こっちの方に期待して狙った方が確実なのかもね。
てーわけで明日に続くー(笑)。

|

« 夏光乍洩香港取材記まとめ、そして『ポップ★トリップ 香港』。 | トップページ | TOKYO FILMeXのほうが、いくらかやる気は出る。 »

日本の映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/46229871

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーに優しく、マイナーに厳しい、東京国際映画祭。:

« 夏光乍洩香港取材記まとめ、そして『ポップ★トリップ 香港』。 | トップページ | TOKYO FILMeXのほうが、いくらかやる気は出る。 »