« 世界はものすごい勢いで変わっていくよね(笑)。 | トップページ | 最近地元で食べた中華なもの »

香港健康薬品人体実験レポート

 …物騒なタイトル、ご容赦あれ。でも中身はたいしたことないよ。

 前々から気にはなっていた、香港製(&中国でも使われる)の医薬品。
タイガーバームだったら、お土産でもらうこともあるんだけど、今やこれは香港だけじゃなく、マレーシア等の東南アジアでも手に入るから珍しいものでもない。でもやっぱり本場が香港なので(ちなみにかなり前に取り壊されたタイガーバームガーデンなるものは行かずに終わった)お土産に頼まれることもある。ええ、今回友人のリクエストを受けて買ってきました。へー、白だけじゃなくて赤もあるのか…。

 今回の旅行で買ってみたのが、FRaUの香港特集で紹介されていた虎標鎮痛薬布(タイガーバームプラスター)と白花油。
 ワタシは肩こり&腰痛もちにして頭痛持ちで、ちょっと無理すると体のあちこちが痛くなるので、プラスターが欠かせなかったりする。その消費量も結構なもんなので、ちょっと考えなきゃなー、と思っていたのだ。
 タイガーバームも痛みを和らげる効果があるので、ある日試しに肩に塗ってみたのだが、これがもうものすごく刺激があって、いったい何ごとかと思うくらいだった。比較的肌の強い人間でもそうなんだから、肌の弱い人はとんでもないんだろうな(と思ったら、肌の弱い母が虫刺され後にこれを塗ったところ、あっという間に腫れ上がって水ぶくれができたらしい。こえーよ)。 

 そんなことから、タイガーバームもものすごく辛い時にしか使えないなと思っていたのだが、その本家本元に比べてプラスターはかなりよいとの評判が聞こえてきた。それじゃ買うしかないだろ、と思い、佐敦の裕華國貨に行ってみた。しかし、ここには通常の日本製湿布(例:秋生さんが宣伝していたのびのびサロンシップ)と同じ大きさのものしかなかった。ワタシはリーズナブルで気楽に使えるミニサイズが欲しくて、このサイズの他にないんですか?と店員さんに聞いたところ、彼女は全く違うプラスター(それも日本製)を出してきたので、しょうがないと諦め、白花油と一緒に買った。
 その後、裕華の向かいにあるワトソンズに寄ったら…うう、ミニサイズはこっちにあったじゃんか。それなら最初からこっちで買っておけばよかった、とガッカリした次第。

 結局、時間切れでミニサイズが買えなかった。なので大きいサイズを腰や肩にそのまま貼って使ってみたのだが、思ったほど刺激が強くて効くというわけではない。でも、薬がたっぷり塗られているおかげで、効果は意外と長く続き、粘着力もちょうどいい。結局買えなかったミニサイズだが、大きいサイズでそれなりによかったから、こっちのほうはもっと使い勝手がいいんだろうな。
 というわけで、次回の旅行では買いだめすることにしよう。

 プラスターと一緒に買った白花油。意外ながらこれも今までなかなか買えなかった。ここしばらくの香港では歩きすぎていつも筋肉痛になっているので、これでメンテナンスが必要かな、と思ってミニボトルを購入。説明書に沿って首や脚をマッサージすると、確かに薄荷の通りが気持ちいい。…しかし、そのスーッとした感じは5分くらいで抜けてしまう。あれ?こんなもんでいいの?
 こんなもんなら、肝心の頭痛時はどないだ?と思っていたら、ちょうど帰国して頭痛を発症して寝込んだので、痛みを感じる部分とこめかみに塗ってみた。ああ、最初は確かに気持ちいい。頭痛も和らぐよう…と思っても、その効果はすぐに消えてしまう。もしかして、まめに使っていないと効かないってことか?そんなふうに思った次第。
 これ、マッサージ用のアロマオイルみたいな感覚で使っていいものなのだろうか?しかし1本ペパーミントオイルがあるんだよな。ま、いいか。

 こんなふうな感じの結果になったけど、まだお試し段階だからしょうがないか。そんなわけで今後とも健康薬品関係はチェックしていこうっと。今度は枇杷膏や枇杷潤喉糖なども試してみよう。
 あと、最近は目も疲れやすくて弱くなっているから、目にいい香港健康品ってなにかないだろうか。このへんは検索してみるべきか。

|

« 世界はものすごい勢いで変わっていくよね(笑)。 | トップページ | 最近地元で食べた中華なもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/46175172

この記事へのトラックバック一覧です: 香港健康薬品人体実験レポート:

« 世界はものすごい勢いで変わっていくよね(笑)。 | トップページ | 最近地元で食べた中華なもの »