« 『王菲 89>97'32精選』王菲 | トップページ | 5年の歳月を経て、まさかの日本公開。 »

『H3M』陳奕迅

香港ポップス強化週間(笑)第2弾。

 以前も書いたけど、この春、地下鉄でこのCDの広告を見た時、これ誰?と思ったのはホントです。すごい髪とヒゲよね、イーソン…。

Eason_h3m024

 イーソンの曲って聴きやすくて好き。以前も書いたベスト盤も、iTunesに入れて思い立った時に聞いている。
 ただ、このアルバムは、あまりにも聴きやすくていつもと同じ?と思い、なかなか感想が書けなかったのよね。もう、お茶の子さいさいって感じでつくったのかしら?なんて思えちゃって。イーソン迷のみなさん、なんかすんません。
 でも、洗練されてて聴きやすいのがイーソンのいいところか。デビューしてもう10年超えたけど、余計な力が入っていなくて、抵抗感なく聴けるのは昔も今も変わっていないもんね。そういうのもアリだよね。

 このアルバムで一番好きなのは、いかにもって感じの『七百年後』なのだが、某ちうぶにアップされているMVを見て、これは「せかちう」ですか、それとも「よめーいっかげつのはなよめ」ですか?と思ってしまったわけであって…。うーむ、王道だからしょうがないのか。
 あと、リードトラックの『Allegro,Opus 3.3am』のMVはパラパラアニメ調でかわいい。でも、線画で描かれるパンダがかわいいかどうかは…ビミョー(苦笑)。
 あ、さすがにMVではこの姿ではなかった。この仕様はCDジャケットのみか?

 実は他にもイーソンのCDが手元にあるので、暇な時にちょこちょこ聴いていくかな。
すぐ書けるかどうかというのは、聴き込み次第だけどね。

|

« 『王菲 89>97'32精選』王菲 | トップページ | 5年の歳月を経て、まさかの日本公開。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/45604179

この記事へのトラックバック一覧です: 『H3M』陳奕迅:

« 『王菲 89>97'32精選』王菲 | トップページ | 5年の歳月を経て、まさかの日本公開。 »