« 蜜瓜西米露(Ver.1.1)を作ってみた。 | トップページ | 『H3M』陳奕迅 »

『王菲 89>97'32精選』王菲

 普段は放っておくとジェイや南拳や宏ばっかり聴いているワタシなのだが、このところ自分の手元にある香港ポップス(それも広東語曲)ばっかり聴いている。
 春に香港で買ったレスリーのベスト盤(感想はそのうち)はもちろん、以前書いたサンディの『Sandy'94』やら林海峰の『ハードビート』やらイーソンやらあれこれ聴きまくっている。ほとんどが10年以上前のものだってのはもうしょうがない。そのころがワタシの香港ポップス黄金期なんだから!

 さて、そんな“黄金期”の中でも、特に聴きまくっているのが、フェイの表題ベスト盤。

 これは思い起こせば12年前(!)、初めて香港へ行った時に買ったもの。
上のあーまぁーぞぉーんリンクでもわかるように、買った後にすぐ日本盤出ちゃったんだけどね(苦笑)。一目でわかるフェイの顔を大胆にあしらったデザインは、当然Shya-la-laのもの。

 中華圏での彼女のブレイクのきっかけとなった『傷つきやすい女(容易受傷的女人)』や、日本で一番知られている『夢中人』はもちろん鉄板な名曲なんだけど、改めて聴いてみると、この時代のフェイの曲には2つのラインがあることがわかる。一つは、王道すぎる中華歌謡路線。そしてもうひとつは、90年代の中華ポップスで最先端を行っていたであろう路線。先に挙げた曲では、前者の路線が『容易…』、そして後者が『夢中人』になるかな。

 最初の路線は、これはレスリーにもニコにもある路線だけど、一番端的にいえばアンディ先生の歌う王道バラードみたいな感じ、といえばわかりやすいか。もっとわかりやすくいえば、メロディラインが演歌っぽいというか。
 馳せんせーのでびう小説に、車の中で王菲の歌を聴いてやっぱり演歌っぽいかもと主人公が語る場面があったような気がするけど(この場面は映画にもあったよね)、実はそこに思いっきり同意してしまったことがあった。
 もちろん、彼らの歌声は好きなんだけど、実は彼らが歌うその演歌的メロディラインに、一時期ちょっと抵抗感を持ってしまったことがあったのだ。この頃はJ-POPも洋楽も一番聴きまくっていたころなんだけど、当時の自分としてはどうもそっちの方にひかれるものが大きかったのよね。だから、これを買ってもそのころはあまり聴かなかった。
だけど、今聴くと、やっぱりスッと入ってくるな。それは単に自分が歳をとったからだけだろうか。

 もうひとつの路線は、ワタシはもともと大好きだった。こっちは今聴くと、多少時代を感じるかもしれないけど、こういう路線の方がフェイの揺れるような歌声を生かしてくれているんじゃないかな。このCDでは、Disc1に入っている曲にその傾向があるような気がする。
 実はこの路線で最近妙にハマっているのが、『子供じゃないの(中国語題は後ほど)』。これ、まさに90年代ポップスっぽいアップテンポな曲なんだけど、ついつい個人的なツボに入ってしまった次第。なんかねー、20代前半の元気な女の子が街を走り抜けているイメージなんだよね、って意味不明な比喩をしてしまって失礼します。
 この曲にインスパイアされて、最近あることをやっているんだけど、それがなんだかというのはいずれ後ほど。

 北京語曲もいいけど、やっぱり広東語の方が香港だーって感じがする。って当たり前のこと書いちゃうんだけどね。そんなわけで、しばらくは香港ポップスを聴きまくる日々が続きそうだ。
 そういえばフェイ、春先に復活の報が聞かれたけど…、ま、そのへんはマイペースにやってもらえればいいよね。

|

« 蜜瓜西米露(Ver.1.1)を作ってみた。 | トップページ | 『H3M』陳奕迅 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/45577889

この記事へのトラックバック一覧です: 『王菲 89>97'32精選』王菲:

« 蜜瓜西米露(Ver.1.1)を作ってみた。 | トップページ | 『H3M』陳奕迅 »