« 新宿事件公開記念、中草薬シャンプー「覇王」を使ってみた。 | トップページ | 7th anniversary of funkin' for HONGKONG »

新宿事件(2009/香港)

 黙っていても、時はあっという間に過ぎてしまう。そして、歳を取ってしまう。
 時が経てば、人間もおのずから変わらざるを得なくなる。いつまでも同じではいられない。
 『つきせぬ想い』や『忘れえぬ想い』を作った、この映画の監督イー・トンシンも長い監督キャリアで描く物語が変わってきているし、その彼の作品に3作連続して出演しているダニエル・ウーも、デビュー作の『美少年の恋』以降、俳優として大きな成長を遂げて変わっていき、現在の香港映画を支える重要人物の一人となった。
 では、長年香港映画の顔として日本をはじめ、世界で人気を集めた成龍さんはどうだ。
 確かに、このところしばらく「アクションより文芸ものをやりたい」と言って、新しいジャンルに取り組みたいという姿勢を見せてはいたが、それでも出演作はアクションばかり。しかもウェルメイドな香港作品よりもメッタクタなハリウッド作品(除く『ドラゴン・キングダム』)の方が日本では売れる始末。正直、相変わらずの“ジャッキー・チェン・ジレンマ(参考としてここ)”に頭を抱えていたのであった。
 そんな成龍さんが、先に挙げたイー・トンシンさんと、この『新宿事件(どうも「インシデント」って言いたくない…)』で初めて組んだわけだが、『旺角黒夜』『門徒』で香港のダークサイドをこれでもかと描いたトンシンさんが、成龍さんとどう向き合うのか。そこが見ものだと思った。

 1990年代。10年以上前に日本に留学したまま消息を絶った幼馴染のシュシュ(ジンレイ)を追って、中国東北部から鉄頭(成龍さん)が日本に不法入国する。先に密入国していた同郷の弟分・阿傑(彦祖)を頼り、彼は新宿の歌舞伎町にやってくる。大久保のアパートで彼はホンコン(銭嘉楽)やクエイ(林雪)と出会い、彼らとともにゴミの仕分けや溝さらいなどの底辺の仕事で金を稼ぐ。
 ある日、溝さらいの最中に入国管理局と警察の手入れが入り、鉄頭は逃げ出すが、彼を追っていた刑事・北野(竹中直人)をとっさに助ける。それがきっかけで中国語が話せる北野は鉄頭に興味を持ち、彼を見逃すことにする。また、鉄頭はバーを経営する中国人のリリー(ビンビン)とも知り合い、意気投合する。
 歌舞伎町で力を持つ台湾人の高(高捷)の経営するクラブ・フォルモサの開店パーティーで皿洗いをしていた鉄頭は、新宿を仕切る三和会の幹部江口(加藤雅也)の傍らにシュシュの姿を見つける。留学を終えて新宿でホステスをしていた彼女はそこで江口に見染められて結婚し、日本国籍を得て結子と改名して娘をもうけていたのだ。シュシュの変わり果てた姿に鉄頭はショックを受け、街娼を買って阿傑とともに大騒ぎする。
 日本でのわずかな希望を打ち砕かれただけでなく、出国時に殺人を犯していた彼は、中国にも戻れない。そこで新宿で生きていく決意をする。ためらっていた偽造テレカ販売や盗品の売りさばき、パチンコ台の裏ロム仕掛けに手を染め、仲間たちと金を儲けていく。
 金を貯めた鉄頭と仲間たちは、阿傑に甘栗の屋台を贈る。気の小さい阿傑は甘栗屋台を持つことを夢見ていたのだ。しかし彼は、想いを寄せる華僑の女子高生静子の父親ドゥ(チョン・プイ)に気に入られず、その手下に痛めつけられ、さらに高のパチンコ店に裏ロムを仕掛けた疑いをかけられ、顔と右手を切られてしまう。鉄頭は阿傑の仇打ちとしてフォルモサに乗り込むが、その場にいた江口をはずみで助けてしまう。実は江口をよく思わない三和会のもう一人の幹部渡川(倉田さん)が高に彼を殺すように命じていたのだ。渡川のみならず現会長村西(この作品が実質的な遺作となるのか、峰岸さん。合掌…)までも消そうとしていた江口は、鉄頭を見込んでその二人を殺させ、その礼として確実な身分と仲間の安全を保証させる。
 鉄頭は仲間たちと東華商事という会社を持ち、愛し合うようになったリリーとともに中古耕運機の販売を始めて成功する。しかし、平穏に暮らしたい彼の知らぬ間に、阿傑や仲間たちは歌舞伎町で麻薬を売りさばくようになってしまう。それに感づいた北野は阿傑のバックに江口がついていることを告げる…。

 「人は、いちど権力を握ってしまうと変わってしまう」。
 映画の中盤、スタジオアルタの大型ビジョンに写された評論家は、こう語っていた。
 一見すれば、とってつけたような印象を与える場面ではあるが、これは鉄頭たちのコミュニティのみならず、江口のようなヤクザ屋さん(ふざけた言い方失礼)、そして彼らのバックにつく大田原御大(長門裕之)のような政治屋さんにも言えることだ。いくら個人としては平穏に過ごしたいと願っても、権力の頂点に立ってしまうと、どんなひどいこともやってしまう。以前『旺角黒夜』でも書いたがこの映画で描かれるイー・トンシン的“悲劇”は、故郷を失った者が寛容なき地で生きることの悲劇であり、権力を持ってしまったことで元には決して戻れない悲劇ではないだろうか。
 ただ、取り上げられている場所が知っている場所であるせいなのか、あるいはヤクザ屋さんたち倶利伽羅紋々との絡みが多いせいなのか、はたまた成龍さんだからなのか、香港での作品群に比べると、どーしてもフィクション感が濃いように思えてしまう。それがあるからか、トンシンさんの先の2作品ほどつかまれない。野心作であり、成龍さん渾身の一作なのがよくわかるだけに、それが残念。

 成龍さん以外のキャストについて。
 彦祖は例によってまた悲惨な役回りで…(泣)。2年前のフィルメックス&中国映画祭の頃、ちょうど撮影真っ最中で目撃者に「髪型が変」と言われていたらしいけど、…確かに変だ、そのパンチパーマ。さらに後半のパンク野郎姿はヅラか。銀髪似合わんなぁ。図体はでかいが気が小さいという役回りは彼らしさがあるけど、そのへんがね。
 ジンレイ、地味すぎ…。いやがらせかと思うくらい地味。逆に『墨攻』で地味だったビンビン(某朝日新聞で某三谷さんに「常盤さん似」と言われていたなぁ)は、今回はかわいかったのでプラマイゼロ。林雪、カロちゃん、ワイコンの顔を見ると妙に安心するのはなんでだろうか。
 キング・オブ・怪演の竹中直人は、とりあえず落ち着いて観られたし、中国語の発音が多少おかしくても今の土曜ドラマの鈴木杏ちゃんと同じくらいの喋りっぷりだから健闘してるよなー、と思ったけど、それでも人によってはくどいと思うらしい。中国語がしゃべれる刑事がいるのか?というツッコミがあるけど、大学の同期に警察官がいるので、別に非現実的だとは思わなかったな。
 雅也は…あの恋ボケやくざ(苦笑)よりはましだが、関西弁喋りまくってるのは就職先がたまたま関東だったってだけか?謙也さん(なぜこっちは「さん」づけ?)、老けたなー。峰岸さん、長門さんはいるだけでもうヤクザ屋さんのにほひがプンプン…(長門さんの役はヤクザ屋さんじゃないでしょ)。
 しかし、もったいなかったのは入国管理官役の吹越さん!出番あれだけなの!もったいない!と思いっきり叫んだ次第。
 …いいのか、そんな締めで。

邦題:新宿インシデント
監督&脚本:イー・トンシン 製作:ウィリー・チャン 撮影:北 信康 音楽:ピーター・カム
アクション指導&出演:チン・カーロッ
出演:ジャッキー・チェン ダニエル・ウー 竹中直人 加藤雅也 シュー・ジンレイ ファン・ビンビン ラム・シュー ロー・ワイコン ジャック・カオ チョン・プイ 拳也(澤田謙也) 葉山 豪 吹越 満 倉田保昭 峰岸 徹 長門裕之

|

« 新宿事件公開記念、中草薬シャンプー「覇王」を使ってみた。 | トップページ | 7th anniversary of funkin' for HONGKONG »

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
中国語を話す刑事ですが、'90年代にはすでに国際捜査官として中国語を習得した専門の刑事さんが警視庁や各県警に配備されつつあったはずです。当方の当時の友人の中にも、中国人の犯罪を主に扱う国際捜査官がいました。だからむしろ、なぜそういう刑事が出てこないのかが、当方には謎でした。

投稿: せんきち | 2009.05.13 20:49

 やっぱりそうですよね。
 ワタシはさすがに警察官は目指せなかったのですが(運動音痴だし)、中国語を学んだことで県警に採用となった友人が何人かいましたし、当時の大学の教授も県警や警視庁で中国語を教えていたことを覚えています。

 ちなみに現在住んでいるとーほぐ某県警では、中国語が話せる国際捜査官がいるという話は聞いたことがないのですが(単に知らないだけ?)、入国管理官の取り調べ等でかつて師事していた中国人の先生が、通訳としてよく駆り出されていたという話をしてくれた記憶があります。

投稿: もとはし | 2009.05.13 21:49

吹越さんホントに勿体ないです!出番を楽しみに待ってたワタシって…トホホ

話は変わりますが、管理人様
シュシュ役のジンレイ、風雲に出てました。DVDで確認。アーロン@雲が死んだクリスティ(雄覇の娘。役名忘れた(>_<))を凍らせるために千年の氷を奪いに行った先の妻の役でした。分かるかな?(笑)すぐ死んじゃったので出番は多くなかったし、改めて見るまでこの人たちのこと、すっかり忘れてました(苦笑)

投稿: ひろみ | 2009.05.15 23:19

ひろみさん、連続コメント多謝です♪
吹越さん、あんだけかよ!とビックリでしたよね。
個人的には雅也より出番多くていいんじゃないかと…って冗談よー。

やっぱり、ジンレイは風雲にいましたか。
そういえば、千年の氷を守っていたのは夫婦だったような、なんとなく記憶にあるような…。ワタシも久々に観たいなぁ。

投稿: もとはし | 2009.05.15 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/44960489

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿事件(2009/香港):

« 新宿事件公開記念、中草薬シャンプー「覇王」を使ってみた。 | トップページ | 7th anniversary of funkin' for HONGKONG »