« 《赤壁 決戦天下》(2009/中国・香港・日本・韓国) | トップページ | 祝赤壁興行成績初登場第一位 »

春光乍洩香港二人慰労会・なぜか日本で番外編(苦笑)

 ただいま、『ザ!鉄腕!DASH!!』鑑賞中。
 TOKIOの3人+α(関ジャニの子)が香港をうろうろしてます。
 実はこのロケ、ワタシたちが香港に行っている時にやってました。
 そう、雨降っていたんだよねー。この時は「ロケしている3人の中に絶対雨男がいるに違いない!長瀬だ長瀬だ!」と長瀬のせいにしていた。別に彼が嫌いなわけではないよ。

 お、グルメツアーに出た長瀬と関西ジャニの子はいきなりツェンワンの端記茶楼に行った。ここについては後ほど改めて。続いて行ったのが、なんと深水[土歩]だよ!このお店は知らなかったな。
 しかし、最後に彼らがトラムに乗るために聞いた人、どう考えても喋っている言葉は北京語なんすけど…。
 紹介されているお店はどれもローカル香港らしいね。でも私房菜は未経験。一度行ってみたい気はするぞ。

 うおー、明星ツアーに出た城島&達也、まずは油麻地の詠春拳の道場に行ってるよ!これって以前nancixさんが紹介されていたところ?と思ったら違うか。もちろん、葉問のことには一切触れていない。そんなもんか。
 あとは銅鑼湾にある店の成龍大哥叉焼を食べて(ここって以前どっかで紹介されてたよな…。行ったことはないが)、まぁそれはいいとしても、トリが北角にある元祖香港明星・陳美齢ご用達のスリッパ店って…。う~ん、トニーが『レッドクリフ』の主演を務め、ケリーが日本の広告に出るなど、いくら現役の香港明星が頑張っていても、未だに日本人にとっての香港明星って李小龍・成龍・陳美齢なのね…。これは毎度ながらしょうがないんだけどね。
 BGMは女子十二楽坊か、香港ロケならお馴染の『プロジェクトA』メインテーマ。これもお約束。でもオープニングは『功夫』のBGMだったような。
 でもね、これを観る前にTVつけていたら、日テレで新しく始まったバラエティ番組CMのBGMが、ジャン・ラムの『的士[多句]格(Fromハード・ビート)』だったの!このアルバム、結構気に入っていて未だによく聴いているから、日本のTVから流れてきたのには驚いたよ!



 もうひとつの香港ネタは「FRaU」5月号(月刊になったんだ…)香港・マカオ特集。
最近、女性誌も徐々に海外都市特集が復活しているなぁ。不況でも円高傾向だから、悪いことではないと思う。女子文化もいつまでも内向きじゃストレスたまるでしょ。
 しかし、やっぱり20代女子の雑誌だなぁ…、と思ったのが、特集全体の感想。ゴージャス志向にならざるを得なかった10年前のアタシだったらぎりぎりセーフ?
 あと、マンダリンオリエンタルに泊らなくても、香港は回れる(こらこら)。いや、アタシもいつかちゃんと泊まりたいが。
 それでもね、最近の流れに沿って茶餐廳や郊外のお店が紹介されているし(DASHでも取り上げられていた端記茶楼も。ここはホントによく紹介されている)、旅行記でも書いた鴻星のペンギン餃子(本記の方も訂正しておこう)や檀島&泰昌のエッグタルトも紹介されていたから、ワタシにあわない志向ってわけじゃないんだけどね。単にアタシがツッコミ入れたかっただけです。ごめんなさい、ひねくれてて。
 電影&明星ネタがないので、ちょっと薄いと思うんだけど、買って損はなかったかも。

 そうそう、この雑誌で撮りおろし写真(with柴咲幸小姐)を披露しているのは、一昨年に『さくらん』を持って香港國際電影節に臨んだカメラマンの蜷川実花さんですが、わが地元にある岩手県立美術館では、昨日から彼女の写真展が開催されてます。香港ネタに関係ないけど、とりあえずお知らせのみにて。
 『恋する惑星』で香港にハマったって、意外とフツーな理由ね、実花さん…。

 さーて、これから山ちゃんトニー(こらこら)を観ようっと♪

|

« 《赤壁 決戦天下》(2009/中国・香港・日本・韓国) | トップページ | 祝赤壁興行成績初登場第一位 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/44650365

この記事へのトラックバック一覧です: 春光乍洩香港二人慰労会・なぜか日本で番外編(苦笑):

« 《赤壁 決戦天下》(2009/中国・香港・日本・韓国) | トップページ | 祝赤壁興行成績初登場第一位 »