« 春光乍洩香港二人慰労会・3月31日 | トップページ | 魚旦烏冬麺、んーこーい! »

春光乍洩香港二人慰労会・まとめ

 では、今回のまとめを超個人的な視点から。買ったものリストもまとめます。

 初めて年度末に香港へ行ったのが今から10年前。その時は仕事で新しいことを始め、しんどくなってかなりストレスを溜めていたので、無性に行きたいと思っていたのだ。当時はまだ香港国際映画祭も4月からの開催で、旧正月映画の『ゴージャス』や『喜劇王』もロングランになっていた。天気もよくて、すっきりした気分になった。だけど、仕事をためこんでいると、なかなか春休みが取れない。だから、この時期には休みが取れても遊びに行くということが少なかった。

 今回は仕事がかなり早く終わらせられそうだったこと、2月に休みが取れなかったこと、そして今まで以上にかなりストレスをため込んでいたことが香港行きの直接の理由。でも、ハイシーズンでホテル代が高い。そのことをひろみさんに話したら、その話に乗ってもらえたのは嬉しかった。感謝してます、ホントに。
 ただ、昔と比べると体力が落ちてきているなー(苦笑)。今回もまた3万歩歩いてしまったけど、それはやっぱり要領の悪さ?今度はもっと効率よく街歩きできるように検討します。食欲も最初のうちは節制の影響があってちょっと食べただけでお腹いっぱいになっていたもんなぁ。そのうち調子がよくなってだんだん食べられるようになってきたけど。ええ、これで多少体重は増やせたけど、当然の如く体脂肪率が増えました。またお腹が出てきたよ…。そして、やっぱり香港型生活(つまり夜型)が復活しちゃってます。ああ、いつになったら朝型に戻れるのか…。

 今回、せっかく「牛下開飯」(詳しくはきたきつねさんの記事を)をチェックしたにもかかわらず、牛頭角下村を再訪できなかったのは残念。でも、昨年の夏にあの場所でささやかなひと時をすごせたのを、いい思い出にしよう。あとは、南Y島に行けなかったのもねー。しっかり歩いて鍛えられそうなところだったし、ユンファのふるさと訪問もしたかったので、これもまた行く機会を作りたいな。
 そんなこんなで相変わらず宿題の多い香港行き。今度はいつ行けるかな。やっぱりまた来年なのかな?これまで秋に行けてなかったから、いっそのこと秋の4連休にうまく行けないかなぁ。あ、それから連れてって希望もあるんだ、うちの家族から…(苦笑)。

 などとあれこれ思うところも多いけど、旅行記はここでいったん締めたいと思います。
 相方のひろみさんを始め、Sさん、nancixさん、浦川さん、そして香港人トニーファンの皆さん、大変お世話になりました!この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

 では、今回買ったものリスト。

○音楽関係

『最熱』『最紅』張國榮
 久々にレスリーものを買ってしまった…。旧盤に入っている曲も多いけど、そういえば『無心睡眠』は入っていなかったような気がする。いずれ、まとめて感想書きます。DVDに入っている昔の映像もゆっくり見よう。

『魔杰座』『龍戦騎士』周杰倫
 まだ日本版は出ていないよね?CDしか聴いていないけど、ジャケットワークなどを見ると、なんか特撮ものくさいぞ、相変わらず趣味バリバリだねーなんて思っちゃったよ。ああ、是非とも観たいよ、噂のパンダマン。

『H3M』陳奕迅
 実はジャケ買い。地下鉄のポスターでは、あの姿がイーソンだったとは思えなかった。え、香港でアルバムデビューした日本のR&Bシンガー?と思ったくらいだもん。でも、曲自体は相変わらずのイーソン節全開。

○電影関係

《香港電影血與骨》湯禎兆
《香港電影類型論》羅[上/下]、呉昊、卓伯棠

 以前も書いたけど、今年の中国語用テキストとして。簡体字の香港電影本もあったけど、内容がいまいちだったので繁体字の2冊にしてしまった。すみません先生。
《海角7号》
《証人》
《奪標》
《戯王之王》
《家有[喜喜]事2009》
《大捜査之女》

 評判のいい《葉問》、トーさん製作の《機動部隊》3部作、秀作の台湾映画たちにもひかれたけど、夏に買ったVCDがまだ残っていること、前回は重い作品ばっかり買ってしまったので、日本公開を待つか次回の購入に回し、軽いコメディが観たくなった次第。とりあえず今《戯王》を途中まで観ているので、まずはこの感想が書けるかな。地元で香港映画どころか、観たい映画の上映がことごとくスルーされているので(『赤壁』は除く)、観てフラストレーションを解消しよう。アンディの『三國』もこなさそうだし。

 こんな感じでネタを貯めてます。更新は観た(聴いた)次第になりそうだけど、ゆるゆるとマイペースでやっていきます。
 では、最後にアジア一ポップコーンの似合う46歳の写真をどうぞ。

2009_0330allphotos0015

 これは旺角にて撮影。
 “アジア一ヘッドホンの似合う46歳”ののぼりもあったのだが、写真を撮り忘れた。うーん、残念。

|

« 春光乍洩香港二人慰労会・3月31日 | トップページ | 魚旦烏冬麺、んーこーい! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、もとはしさん
一人旅は高くつきますよねー。私が昨年の3月に香港に行ったときは、急に休みが確定し、ツアーに申し込んだのが10日前で、ビジネスクラスだけが空いていて、一緒に行ける友人もいなくて、結局7万円プラスで、贅沢一人旅になってしまいました。デラックスホテルに泊まりながらも、朝はホテルの近くの香港式食堂でおかゆを毎日食べました。昼と夜は美味しい店に入りたくても、すごいたくさん出てくるので、残すのがもったいなくて、貧乏性なんです・・・結局近くの食堂で麺を食べていました。最終日だけは、ペニンシュラのロビーで、モーニングティーでしたけどね。
言葉の壁があついですね、広東語はかなり聞き取りにくいです、話にくいです。かといって英語も、できるわけではありませんけど・・・。
信和中心でマニアックなものを探したり、下町を歩いて古きよき香港を味わいたいものです。涼しくなって、中秋節の頃に行きたいなー・・もしくはクリスマス・・なんてたってバーゲンが嬉しいですもん。

投稿: kuwakuwa | 2009.04.09 14:59

こんばんは。相方?のひろみです(笑)初コメントです(笑)
旅行中はお世話になりました&旅行記楽しく読ませてもらいました。が、一つ訂正が。30日の蜀山博ポスターは持ってないです。言い方悪かったみたいでごめんなさい。
香港ではいい思いもしたし、楽しかったです。また旅行行くことがあったらよろしくです。その時は携帯カメラもばっちりなはずなので(同じ失敗はやらないぞ(笑))

追伸:レッドクリフ2楽しみですね。

投稿: ひろみ | 2009.04.09 19:36

 kuwakuwaさん、ゴージャスホテルに泊まってそのへんの茶餐廳で朝ごはんを食べるというのもまたいいですね。
 春の香港が高くなってきたのはここ5年くらいじゃないかなと思います。映画祭に加え、セブンスラグビーもありますからね。
 言葉ですが、香港映画を見続けていれば広東語に慣れますよ。さらに観ていれば香港人イングリッシュにも慣れてきます(笑)。
 次の旅が楽しくなると、いいですね。

 ひろみさーん、コメント多謝です~♪嬉しいわー。
 こちらこそ、香港では大変お世話になりました。また一緒に旅行しましょうね。
 蜀山誤植ポスターの謎も解けてホッとしました。該当記事も訂正しておきましたよ。

投稿: もとはし | 2009.04.09 22:58

こんばんは。
出遅れましたが、ご紹介、ありがとうございました。
旅行記、楽しく読んでいました。充実の旅ですね。
「牛下開飯」、行けずに残念でしたが、現役ばりばりの頃、屋台でご飯を食べられたなんて羨ましいです。
それにしても、帰ってくると、すぐに行きたくなりますよね、香港。ああ。

投稿: きたきつね | 2009.04.11 00:55

きたきつねさん、香港行きは見事に入れ違いになっちゃいましたね。
「牛下開飯」レポートも楽しく読ませていただきました。これも街歩き候補にしてはいたんですが、結局いっぱいいっぱいで断念した次第です。でも、牛頭角に住む友人にはイベントのことを伝えておきましたよ。
 ここ最近の香港行きで、やっと郊外&下町歩きの醍醐味を覚えたので、今後もあちこち行くのが楽しみです。今度は屏山&天水圍に行こうかな。

投稿: もとはし | 2009.04.11 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/44609193

この記事へのトラックバック一覧です: 春光乍洩香港二人慰労会・まとめ:

« 春光乍洩香港二人慰労会・3月31日 | トップページ | 魚旦烏冬麺、んーこーい! »