« オスカーもいいけど、やっぱりパルムもね♪ | トップページ | 愛とツッコミをかます赤壁之戦 »

新宿事件公開記念、とりあえずGWになにかイー・トンシン作品。

 今年は、『赤壁』の年またぎ大ヒット&『エグザイル/絆(放・逐)』のお正月公開を受けて、ナイホイさんの『天使の瞳、野獣の街』、ウーさん製作の『ブラッドブラザーズ・天堂口』、アンディの『三国志(外伝とかつければいいのに…)』、ケリーの『エンプレス』、そして今週末公開の『新宿事件(本blogではこの表記で通します)』と、関東では香港(あるいは香港明星主演で中国との合作)映画の公開が多い。
 ヒットしているか否かはおいといても、この状況はかなりうらやましい。 とーほぐの地方都市では全国ロードショーの『赤壁』と『新宿事件』以外は、当然未公開。せめて『放・逐』ぐらいは上映してほしいよーと思い、劇場に行ったらせっせとリクエストを書いているんだけど、DVD発売前の上映っていうのは明らかになさそう(泣)。
 そんな感じで、今や地方での単館系香港映画上映は壊滅状態。いくら収益が見込まれないからとはいえ、そりゃひどいんじゃないの?といつもながらのことを言ってみるが、これ以上書いても虚しいだけか。

 ところで、GWはいつも帰省している。今年は家の用事があるのであまり頻繁に外出できないところもあるのだが、うまく時間を作れば、シネマート六本木のイー・トンシン映画祭が観られそう。予定と相談せねば。
 しかし、何を観よう?まさか《門徒》が『プロテージ』という題で字幕つきでやってくれるとは思わなかったんだが、せっかく字幕をつけてくれたのなら、VCDを持っていても観た方がいいのかな?と考え中。
 お金と体調的な問題ではしご鑑賞は厳しいんだけど、なんとか1作品は観たいもんだな。なにか観たら報告いたします。

|

« オスカーもいいけど、やっぱりパルムもね♪ | トップページ | 愛とツッコミをかます赤壁之戦 »

香港映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/44814105

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿事件公開記念、とりあえずGWになにかイー・トンシン作品。:

« オスカーもいいけど、やっぱりパルムもね♪ | トップページ | 愛とツッコミをかます赤壁之戦 »