« 《明明》(2006/香港=中国) | トップページ | 鉄三角(2007/香港) »

そうだ、香港、行こう。…でも台湾も行きたい。

 ☆本日で当blogは満5歳になりました。
6年目もがんばりますので、今後ともよろしくお願いします☆

 “ひとり香港電影天堂inみちのく”はちょっと一休み。
 今日は雑誌&番組ネタです。

 遅ればせながら、昨年末に出た新潮社の雑誌、『旅』の2月号を取り寄せして買った。
 香港特集ならどこの雑誌でもやっているけど、これが注目を集めたのは、茶餐廳をメインの“食”に特化したからだ。もちろん、以前書いた『裏グルメ』の影響もあるんだろうけど、リピーターも多くなってきたし、ブランドやグルメも一段落した、新たな香港の魅力をパンピーの方にも知ってもらおうって趣旨なのかも。

 取り上げられているお店も場所も幅広い。郊外の元朗や、天水圍に近い屏山なんて場所も登場している。ひえー、まだ深水[才歩]も行ったこともないのに、こんな郊外も紹介されちゃってる!
 でも、主だった観光地は今までにもうあらかた紹介されてしまっているし、有名店には大陸からの観光客が群がっている。それなら、今まで紹介されなかった場所を紹介すべきで、その結果たどりついたのが茶餐廳だったってことになるのだろう。ここにはまず大陸の団体客は押し寄せないだろうし(こらこら)。そして、以前も書いたように、たとえみすらんに★★★認定されたのが1店だけであっても、日本ではつかなかったというリーズナブルな庶民の店を意味するみすらんマンマークのついたお店がたくさんあったというのだから、やっぱり香港は今でも美食の街であるし、お金をかけずに手軽に楽しめる旅ができるということになるのだ。
 今、若い人が海外旅行に行かないのは、お金がかかるからとかいう理由らしいけど、せっかくの円高だし、コストが安く済むところなら行ってもいいんじゃないかな。それにぴったりなのが香港。言葉が通じないと思っても、ブロークンな英語でも充分やって行けるんだから、是非とも行って欲しいなぁ、そしてこの街の面白さを体験してもらいたいなぁ、なんて思ったりしたのだった。
 ああ、もちろんアタシも行きたいよ。とりあえず年度末に早く休みを取って、香港國際電影節の時に行きたいと考えている次第。

 そんなことを思いつつ、昨日の夜観たのが、NHKの『世界ふれあい街歩き』
 取り上げられていたのは台北。去年の1月に取材して、2月にハイビジョンで放映されたものらしい。日曜の夜遅い放映なので、こういう連休中しか観る機会がないのだが、ただ街を歩いて、いろいろ会話を交わしていくゆるゆるした作りっていいなぁ。
 以前2回ほど観た時(ヨーロッパのどこかだった)には、永作博美ちゃんが脱力した感じでナレーションしていたので、それがまたゆるさを倍増していた印象。今回のナレーションは歌舞伎俳優にしてベーシスト(!)の中村梅雀さんだったけど、これまたいい意味で力が抜けていた。思わず一緒にしゃべくりながら観ちゃったよ(笑)。
 龍山寺からスタートし、台北駅近郊の予備校街や北側の工場街、その近くの夜市など、自分が住んでいたころの姿と同じだったので、たまらなく懐かしかった。

 ああ、香港も行きたいけど、また台湾にも行きたくなっちゃったじゃないか。
 こりゃ少ないお金をやりくりして、旅費を貯めなきゃいけないなぁ。

|

« 《明明》(2006/香港=中国) | トップページ | 鉄三角(2007/香港) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

6年目突入おめでとうございます!
もとはしさんのブレのないご意見、いつも参考にさせていただいています。

>香港も行きたいけど、また台湾にも行きたくなっちゃった
私も台湾にも是非行ってみたいです。残りの人生であと何回行けるか、なんてマイナス思考をしてはいけませんよね。

旅行のためにもっともっと働こうとマジで思う今日この頃です。

投稿: 藍*ai | 2009.01.13 20:26

藍*aiさん、コメントありがとうございます。
香港旅行記、楽しく読ませていただきましたよー。
今後とも精進したいと思います。

台湾は新しい観光スポットが注目されていますが、まだまだ下町の雰囲気を保っている部分もあるようです。日本語をしゃべるお年寄りもまだまだいて元気な人が多いし、裏町も面白いですよ。
1週間くらい滞在して下町を歩き倒したいです。今度はいつ行けるかなー。


投稿: もとはし | 2009.01.17 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/43720418

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、香港、行こう。…でも台湾も行きたい。:

« 《明明》(2006/香港=中国) | トップページ | 鉄三角(2007/香港) »