« K-20 怪盗二十面相・伝(2008/日本) | トップページ | 皆様、よいお年を…。 »

『香港女子的裏グルメ』池上千恵&『香港最強手信』蔡 象文

『香港女子的裏グルメ』池上千恵&『香港最強手信』

 今年もあと、残すところ1週間を切ってしまったなぁ…。
この夏は9年ぶりの夏香港だったわけだが、実は今頃の季節に行くのが好き。
クリスマスイルミネーションや映画が楽しめるし、気温も日本(特に東北)よりもずっと暖かいので、旅するにはちょうどいい季節なのだ。
 しかし、これまでは天皇誕生日前に業務が終わっていた我が仕事も、昨年からクリスマスをまたいだ26日に業務終了となってしまった。フライトは26日を過ぎると正月対応運賃になってしまうので、クリスマス前に行くよりも割高になる。それに今年は26日が金曜のため、週が明ければあっという間に年末だ。そんなわけで、この年末年始は妙に休みが短いとも感じるし、もうクリスマス香港が楽しめないことを残念に思ってしまうのであった。

 来年は2月の連休がないので、年度末の仕事を早めに切り上げて、4年ぶりの春香港旅行にしたいと考えている。春休みがうまく映画祭とかち合ってくれればいいなぁ。そして、いつものごとく茶餐庁で安上がりにごはんして、陳意斎のような地元っ子御用達のお店でローカルなお土産を買いたい。
 そう思ったのは、数ヶ月前に中華系ブロガーさんの間で話題になった『香港女子的裏グルメ』と、香港で発行されたお土産ガイドブック『香港最強手信』を立て続けに読んだからだったりするのである。

まずは『裏グルメ』。
この本は、著者である池上さんのblog「開心香港街市」が元となったblog本。
 …すみませぬ、一応香港系blogやっててもうすぐ5年、このblogについては全然存じ上げませんでした!
 香港渡航歴11年&二桁になるアタクシ、以前から書いているように茶餐廳に通い始めたのはここ数年のこと。それまでは飲茶love(今もだけどね)状態だったし、そうでなくても香港では選ばなくてもおいしいものが食べられるから、金はかかるにしろ食べるものには困らなかったのだ。だけど、茶餐廳に通い始めるようになったら、今までどれだけ食費に金をかけすぎていたのか、ということを思い知った次第。

 茶餐廳については、以前『香港無印美食』(龍陽一)を読んだけど、あれはエッセイメインだったので、イメージできない部分も多少あった。でも、この本はblogをもとにしているので、写真も豊富だし、ガイドとしても利用できる便利な作りになっている。
 さすが香港レジデンシーだなーと思ったのは、我々旅行客が滞在する九龍や港島側だけじゃなく、元朗や天后などのローカルエリアもカバーしているというところ。もしかして、そのへんにお住まいだったのかな?とも思ってしまうけど。
 ここで紹介されたお店は、実はどこにも行っていない(苦笑)。でも、このメニューの豊富さはどこの茶餐廳にも共通だし、メニュー名もはっきりしたから、これからは現地で何を食べようかとあれこれ迷うことはないのかな。
 しかし、おいしさの基準が“おやじシーシー度”ってーのはナイスですね。
いかに香港好き女子(含むもとはし)が香港おやじ好き、もといおやじ情報に信頼を得ているかというのはよくわかりますよ、はっはっはっは。

 お次は『香港最強手信』。
“手信”というのが北京語の辞書に載っていなかったんだけど、おそらく「お土産」と同意義じゃないかと思われる。
 檀島のエッグタルト、陳意斎のツバメの巣ケーキ(そんなに好みじゃないが…)、英記茶荘のぽーれい茶、マンダリンオリエンタルのローズジャム、『裏グルメ』でも紹介されているJenny Bakeryのパイナップルケーキなど、よく知られている定番お土産から、中環の蘭芳園特製のペットボトル入りない茶、飲茶でお馴染蓮香楼の八寶鴨など、意外なお店のお持ち帰りまでが紹介されている。100%Made in Hong Kongを名乗った、まさに最強のお土産たち。どれも買ってみたいけど、さすがに英記の2200元するぽーれいには手が出せんな(笑)。個人的には銅鑼湾にあるZoeのケーキと、鴨[月利]洲のMonde Chocolatierのチョコなどを試してみたい。
 巻末には、贈る相手別のお勧めリストなどもあって、非香港人の身とでもこれは便利。
来年6月末まで有効のクーポン券もついているので、春香港に行ければこれは是非とも使おうかな。

 未だに香港と言えば「グルメ、ブランドショッピング」と言われるけど、そんなのはもう過去の話なのよね。今後も香港道をつきつめていきたいし、まだ本当の香港を知らない方々にもこの街の奥深さを知ってもらいたいもんだねぇ、なんてことを思う、クリスマスであった。

 明日で仕事は終わり、週末からちょいと旅に出るので、今年の長文エントリはこのへんで。あとは何か面白いものがあったら、ぼちぼちアップしていきます。
 それでは皆様、Have a happy holiday!

|

« K-20 怪盗二十面相・伝(2008/日本) | トップページ | 皆様、よいお年を…。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/43529121

この記事へのトラックバック一覧です: 『香港女子的裏グルメ』池上千恵&『香港最強手信』蔡 象文:

« K-20 怪盗二十面相・伝(2008/日本) | トップページ | 皆様、よいお年を…。 »