« ま、行けるだけ幸せと思おう。 | トップページ | やればできる子じゃないの、a○exったら!(笑) »

闘茶~Tea Fight~(2008/日本・台湾)

 中国茶に限らず、日本茶でも西洋紅茶でも、いいお茶を飲むとホッとする。
こんなワタシに限らず、お茶を愛する人間であれば、これは誰もが経験することである。
些細だけど大切なこと、それをテーマにして、荒唐無稽な物語を繰り広げたのが、ムービーアイが製作にかかわった『闘茶』である。
 ワタシがこれを観たのは、ちょうどえふすーが武道館でコンサートしていた日。えふすーに愛がないのと(迷の方本当にゴメン)、かなり大きな仕事を控えていたのと、東京国際を前にしてお金をセーブしたい気持ちがあってコンサートに行くのはやめたんだけど(言い訳がましい?スマン)、そのぶん銀幕で仔仔の演技を楽しむか(笑)、と思って出かけた。

 京都の老舗茶屋「八木茶舗」の一人娘で大学生の八木美希子(戸田恵理香)は、母(藤田陽子)を事故で亡くして以来、茶を作ることも売ることもしなくなった父・圭(香川照之)に呆れつつ、大学を出たら、台湾でお茶を学ぶことを夢見ていた。
 父は彼女に「お茶には一切かかわるな。災いが起こる」と繰り返し言うのだが、それはなぜなのか。美希子に思いを寄せる友人・村野(細田よしひこ)と共に茶屋の蔵に忍び込んだところ、そこで見つけた書物に興味深い記述を発見。
 古代中国、最高の茶といわれた「黒金茶」。その茶は「雄(公)黒金茶」と「雌(母)黒金茶」とに分かれ、それぞれの茶葉を育てる部族がいた。茶を学ぶために日本からやって来た八木宗右衛門が雌黒金茶に惚れこみ、それを高く評価したことから雄黒金茶を育てる部族が激怒し、闘茶をしたことで争いが起き、雌黒金茶が一部を残して滅亡してしまったのだ。それ以来、八木家には「黒金茶の呪い」がかけられてしまったといい、父の無気力もそれが原因だということを美希子は突き止めた。しかし、家にある古い茶樹が、どうやら先祖が中国から持ち帰った最後の雌黒金茶だということに気付く。雌黒金茶を復活させ、雄黒金茶と闘茶に挑めば呪いが解ける―そこで美希子は台湾に飛ぶ。
 まずは黒金茶を知っているというチャット友達の「茶男」に会いに行くが、それが台湾マフィアの一員と知って逃げ出す。そんな彼女を助けてくれたのは、謎の美青年楊(仔仔)だった。一方、父は娘の後を追って台湾に飛ぶ。そこで謎めいた美女如花(チャン・チュンニン)と出会い、その魅力に幻惑される。
 美希子は茶芸学院にたどりつき、主宰の老老爺(金士傑)から黒金茶をめぐるとある物語を聞く。雄黒金茶は60年ほど前に大陸から台湾に持ち込まれ、暴力沙汰を起こしながら財をなした。しかし、一族の跡取り息子がそれを嫌がり、茶芸学院の門をたたいた。そこで出会った少女と恋に落ちたが、彼の正体を知った少女は暴力沙汰を嫌って彼を遠ざけてしまった。それ以来、彼は姿を消し、茶の闇市場を仕切るマフィアと化したという。そしてその跡取りこそ、雌黒金茶を狙って美希子を罠にかけようとしていた楊であり、彼のかつての恋人とは、雌黒金茶の部族の末裔だった如花であった。雌黒金茶を手に入れるためならどんな汚いことも厭わない楊に対し、美希子は闘茶で決着をつけると申し出る。

 闘茶とは、中国で茶文化が栄えた宋の時代に誕生した、茶葉を持ち寄ってその抽出法から精神性までを競い合うことである。全編にわたって登場する茶神・陸羽(エリックとっつぁん)はこう語り、黒金茶をめぐる古い物語がアニメで語られる。さすがく黒金茶はフィクションだろうけど、闘茶ってーのも創作だろ…って、ええーっ!?ホントにあったの?でも、それが今では茶の品質を競う「評茶」となっていると聞けば、なんとなく納得できる。
 物語自体は、結構アナもある。いろんなところでつっこみたい。言い出すときりがないのでとりあえず以下のことだけ。
 そもそも同じお茶でも美希子が目指すのはいわゆる日本茶道で、これは煎茶の茶道とはもちろん違うし、工夫茶でもない。中国語もおぼつかないのに、よく台湾でお茶留学なんて考えたなぁ(苦笑)。まぁそれはいいとして。あと、ラストの闘茶では美希子はいいとしても楊も如花も茶葉を粉末化して泡立てる日本茶道方式で戦っていたわけなんだが、平等性をかんがえてもちょっとそれは違うんじゃん?とも思ったりして。あれ、でも古代中国では茶道のように入れていたんだっけか。すみません、後で調べておきます。中国茶好きで一応日本茶道もかじっている身として、あまりにも知らなさすぎるので恥ずかしいわ。

 物語はつっこみがいがあるけど、キャストは申し分なし。
 わかっていることだけど、照之はやっぱりうまいわ。うますぎて文句のつけどころがないよ。中盤までは娘に主役の座を譲っているかのようだけど、クライマックスシーンではちゃんと画面をさらうもんね。いいぞー照之、今度は香港映画にも出ようよ(笑)。
 戸田恵理香ちゃんは今まで全然知らなくて、でも年明けに見た劇『IZO』(リンク先は別blogで書いた感想。参考としてどーぞ)でいい演技をしていたので好感は持ってます。スクリーン映えは、んー、どーかなーというのが正直なところだけど、関西弁(京都弁か)ではきはきしゃべるコメディセンスはなかなかいい。お茶会で昏倒した時の父親との掛け合い「蘇ったか美希子」「寝てただけやん」は笑ったよ。
 仔仔は珍しく悪役。でも陰があってちょっとひねた好青年、というのが正しいところか。『胡蝶飛』は残念ながら未見だけど、銀幕でもちゃんと美青年なのは嬉しい(ははは)。チャン・チュンニン(『シルク』『ザ・ホスピタル』『ハチクロ』台湾版)は初見。このところ日本に紹介されている台湾映画に出ているというけど、観ていないのが残念。
 でも、やっぱり香港電影迷としてはエリックとっつぁんの神出鬼没ぶりが嬉しいなぁ。台詞も本人の声っぽいしね。

 そして、かつて台湾で青春を送った身として嬉しかったことは、台北だけではなく、淡水でもロケがされていたこと。こちらでも上映が決定した『言えない秘密』も淡水ロケが敢行されたけど、この街角、どこかで見たことがある、と思ってたらそこが自分がいた淡水だったというのがホントに嬉しかった。4年前の台湾旅行で行った紅楼も使われていたみたいだし、久々に台湾に行きたくなってしょうがないです。この冬に行ってくるかなー。

 ごめん、最後にもうちょっと蛇足。
 ここしばらく見てきた合作映画としては、特に肩肘張らずにリラックスした気分で作っているなぁ、センスのいい音楽(エンドタイトルに流れるSUPER BUTTER DOGもいい!解散したけど。そーいえば彼ら、「Funkyウーロン茶」って曲を歌っていたっけ)も含めて、と思ったら、プロデューサーのオノコースケさんはどうやらあのオノヨーコさんの甥御さん、さらに監督の王也民(『エドワード・ヤンの恋愛時代』でローラーブレードを履き、「アトム大好き」と書かれたTシャツを着ていたロン毛の劇作家バーディーだ!)は奥さんがかつての部下(つまり日本人)で親交があり、さらにショーン・レノンとはいとこ同士だから音楽を依頼でき、さらにそれつながりで数々の映画で音楽監督を務めたZAK、バッファロードーター、原田郁子(fromクラムボン)、高田漣などそうそうたる面々が集結したらしい。うわー、アットホームなくせになんてゴージャスなんだよ。

原案&監督:ワン・イェミン 製作:オノコースケ 脚本:山田あかね 音楽:ショーン・レノン アニメーション制作:スタジオ4℃
出演:香川照之 戸田恵理香 ヴィック・チョウ チャン・チュンニン 細田よしひこ ほんこん 藤田陽子 チン・シージエ エリック・ツァン

|

« ま、行けるだけ幸せと思おう。 | トップページ | やればできる子じゃないの、a○exったら!(笑) »

中華圏以外の映画」カテゴリの記事

台湾映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/42729666

この記事へのトラックバック一覧です: 闘茶~Tea Fight~(2008/日本・台湾):

« ま、行けるだけ幸せと思おう。 | トップページ | やればできる子じゃないの、a○exったら!(笑) »