« 冷静と情熱、もとい文化と商売のあいだ | トップページ | 梁朝偉対しんごくう(おいおい!) »

2年ぶりに、六本木の中心で香港映画への愛をさけぶ。

 そんなわけで、ただいま東京にいます。
 こうやってぐじぐじぐじぐじ文句は言っても、やっぱり国際が始まればそっちに流れちゃうのはいうまでもなく、ね(笑)。

 どーやってもやっぱりオープニングには潜り込めないので、今日はグリーンカーペットを観覧。しかーし、仕事が終わってすぐ新幹線に乗り込んでも、ヒルズにたどり着いた時にはすでに4時半過ぎ、すでにテレ朝前は黒山の人だかり…。あちこち歩き回って、J-WAVEけやき坂スタジオが見える、ちょっと奥まったところが見やすかったので、そこに陣取った。
 アリーナを通りかかった時にトニーの顔がモニターに映っていたので、もしかしてすでに?と思ったけど、トニー以外のメンバーが登場してなかったから、こりゃ改めて大大トリに登場だな、と悠長に構えることにした。その間、ぶっきーや阿部ちゃん、みっちーや特命係長、そしてあおいちゃんなどが通り過ぎるのを楽しむ。その間にどっかで見たような体型の兄さんが通ったな、と思ったら、やっぱりパン・ホーチョンだった!あーっ、「ホーチョーン!」って叫んどきゃよかったよ!
 そーいえば、カレーナを見逃しちゃったよぉ…。アイヴィ・ホー監督と一緒に入ってきたらしいんだけど。
 (ちなみにこんな人々がグリーンカーペットを歩いたらしい。fromVARIETY)

 周囲がにわかに湧いたのは、審査員の皆さんが通り過ぎた後。
就任間もないロ○○ン閣下(伏字かよー)がご登場とのことで、警備が厳しくなった。そんなものものしい中に閣下が登場、とおもったらそれからすぐ、

 ウーさんとトニーが来たー!

 そしてさっさとアリーナに入っていったー!

 あっという間で、写真なんて撮ってる暇なかったよ。ははは…。

 (追記)そのときの状況は写真で見るとこんな感じだったみたい(from毎日Jp)。
 なーんだ、こんなんじゃものものしくなるのもわかるわよ。
 トニーたちと一緒に歩いたのは○ーゼン閣下だけじゃなかったんだ。

 その後はアリーナ前の巨大モニターで赤壁ほぼオールスターズの挨拶を楽しみ、同好の士の皆さんとの再会を楽しみましたよ。

 グリーンカーペットアライビングはホントにあっという間だったけど、ちゃんとトニーが来てくれたし、張震もヴィッキーもチーリンも見られたのは嬉しかった。しかし、金城くんの姿が私のいた位置からはきちんと見られなかったのは惜しいかな。ま、いっか(こらこら)。

 さて、今夜はすまステも観なくちゃー♪

|

« 冷静と情熱、もとい文化と商売のあいだ | トップページ | 梁朝偉対しんごくう(おいおい!) »

日本の映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/42830394

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりに、六本木の中心で香港映画への愛をさけぶ。:

« 冷静と情熱、もとい文化と商売のあいだ | トップページ | 梁朝偉対しんごくう(おいおい!) »