« 胡同の理髪師(2006/中国) | トップページ | 『藏寶圖』南拳媽媽 »

今年もまた始まる、チケット争奪戦という名の戦いが…。

♪ちゃちゃちゃちゃちゃららっら、じゃん、ちゃらちゃちゃちゃらちゃらちゃらん(岩代太郎氏作曲の大河ドラマ…もとい『レッドクリフ』のテーマで)

 さて、いよいよ発表されましたよ、東京国際映画祭の上映作品。
 今流行りの(笑)“エコ”をテーマに、今年はレッドならぬグリーンカーペットが敷かれ、その上を歩くのが『レッドクリフ』の面々ってーのはちょっとどーよと思わずつっこみたくなるんだけど、とりあえずおいとこ。

 地方暮らしのワタシとしては、やっぱり土日じゃなきゃ観ることができない。
 今年はいうまでもなくオープニング狙いなんだけど…オープニングセレモニーって一般客は観ることできないの?別会場でやるってことらしいけど、うーみゅ、どーなることやら。もし、プレリザも店頭(実は発売当日は仕事なんだが、何とか時間をやりくりして並ぶ次第)も敗戦したら、カーペット付近でトニーの雄姿(笑)を観ることに徹するか。

 そして今年のアジアの風…。
 まーねー、去年は香港映画祭があったから派手に思えたけど、それでもパン・ホーチョン作品は毎年やってくれるからねー。昨年『出エジプト記』が観られずに非常に悔しい思いをしたから、今年は絶対に取ってやるぞ!でも最初の上映が日曜の夜遅くって…。しょーがない、次の日休むか。
 でもでも、日曜の午前中に《天水圍的日與夜》こと『生きていく日々』をやってくれるのは、予想はしていたけど嬉しい。日本語字幕で観たら、また新たな思いを抱きそうだ。
 香港以外の映画では、月曜の夕方に上映される姜文監督作品『陽もまた昇る(ひねった邦題だね)』や台湾の『ビューティフル・クレイジー』が観られるかな。とりあえず、プレリザーブで頑張ろう。

 しかし、このスケジュールだと、妙に間があくんだよね…。
 そのあいだは、新宿で「中国映画の全貌2008」の『パティシエの恋』を観るか、渋谷で香港エンターテインメント・シネマを観るかになるのかな。
 ま、チケが取れてからじゃないと何とも言えんが、とりあえず頑張るー(汗)。

   おまけの余計なひと言・中華電影以外の国際出品作なら、日本のパン・ホーチョンと呼べる人のこれ(笑)も観たいんだけど、来年まで待ちゃいいもんね。

|

« 胡同の理髪師(2006/中国) | トップページ | 『藏寶圖』南拳媽媽 »

日本の映画祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/42518750

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた始まる、チケット争奪戦という名の戦いが…。:

« 胡同の理髪師(2006/中国) | トップページ | 『藏寶圖』南拳媽媽 »