« 豆腐ーとうふー、功夫ーコンフー、フーフーハーヒー、フーフーハーヒー | トップページ | もーちょっとだけ周杰倫世界巡迴2008日本演唱会at日本武道館 »

周杰倫世界巡迴2008日本演唱会

このコンサート、正式にはこーゆータイトルです。

周杰倫世界巡迴2008日本演唱会「でもそんなの関係ねぇ」

…嘘でーす(爆)。

asahi.com:ジェイ・チョウ台湾男性初の武道館ライブ - 日刊スポーツ芸能ニュース - 文化・芸能.

 武道館は初体験(9年前のフェイ演唱会@武道館には行っていないので)。
1日目の席は2階のかなり上の方だったので、せりまでしっかり見えて興味深かったけど、舞台下手にかかっていた黒い垂れ幕に邪魔されて、バックバンドや中央スクリーンがよく見えなかった。うう残念。もし1日目だけだったら悔しかったよなぁ。
 開演までの時間には定期的にジェイのCDやEnjoyChina(レスリー&サンディの『From now on』のPVが流れて嬉しかったー)、なんとこの夏日本公開が決定した『カンフーダンク!(大灌籃)』のCMが流れている。…しかし、コピーの「メガすげぇ!!!!!」ってどーよ。

 舞台構成やらなんやらは、KEIさんの香港演唱会の記事を読んでいたのであらかじめ承知していたけど、初っ端からコスプレですかお兄さん!
歌こそ『黄金甲』で、バックダンサーズも例によって例の如くキンキラキンだけど、コスプレ衣裳はやっぱり戦隊シリーズの悪の王子テイスト(と言うのはいかにもワタシらしいな)なのね。さらに頭の高い位置につけたエクステはポニーテールかい。オープニングからはハードロックテイストの『無双』『最後的戦役』が続くけど、すぐさま衣裳チェンジしたらやっぱりどことなく仮面ライダー(ただし仮面なしのポニーテールつき)風味。シルバーのシャツが全然シャツに見えないのよ、遠くからだと。
 『Secret』でクールダウンしたら最初のMC。日本語一生懸命しゃべっててかわいいなぁ。でもそんなの関係ねぇ(爆)。

 Tシャツにスリーブレスジャケット(パーカー?)に着替えた次のパートではバグパイプによるスコティッシュダンスあり、クラウンたちとの絡みあり(麦芽糖)カントリーダンスあり(もちろん牛仔很忙)とポップなステージ。中でも一番ツボだったのはなんといっても“おばあちゃんとお母さんに捧げた曲”『聴媽媽的話』。曲自体もともと好きだったのもあるけど、歌詞に名前が出てくるご本人たちが映像ゲストで登場!往年の香港芸能迷大狂喜間違いなし!たはーっ、まさかここでユンファのHIPHOPスタイルが見られるとは!しかも思いのほか似合っているよ發仔!本人50歳過ぎてんのに!ハリウッドではあんなにHIPHOPが似合わないのに!さらに輪をかけて驚くのが學友さん(キャップにジャージ)によるサビ熱唱!ジェイ、グッジョブ!
 ストリングスの演奏に続いてジェイの真骨頂、ピアノ弾き語り。ああ麗しい。ここからはバラードをピアノメインで熱唱。
日本独自のお楽しみは、ナカシマミカ小姐の『雪の華』カバー。ちょっと高音が厳しかったかな?と初日では思ったけど、季節的にも音楽的にチョイスとしては悪くないっすね。むしろミカ小姐よりいいくらい(やや暴言失礼)。同じく日本独自のお楽しみ「ももたろさん」は、1日目は『聴媽媽的話』の前で、2日目はここで登場。ジェイを語るのに「ももたろさん」はもう欠かせない…ってこらこら。『安静』は人気の曲だけあって、いい雰囲気でした。
 ピアノパート後半は、宇豪@南拳媽媽主演のヘンなショートフィルム(監督はジェイか?)から御馴染の宇豪&ジェイの超絶ピアノ連弾、そして二人のラップ(歌詞に笑ったー。このときは日本語字幕があってありがたいと思ったよ)とお約束大炸裂。前回から連弾がパワーアップしてるけど、次やるときは何を弾くんだ?ラフマか?(笑)

 チェン・ミン姐さん(豪華すぎる!)の二胡演奏による『千里之外』で幕を開けたのは中華楽曲パート。だから白のソフト帽にフォーマルスーツ仕立てのカンフースーツ姿。これ似合ってたー。『青花瓷』は「ボクは発音があまりよくないけど、この曲ではしっかり発音して歌っているから両親の評判もいいんだ」と言っていたので、注意深く聴いてみたら確かに意識して歌っているってことがよくわかる。ところで、ジェイのしゃべり方を聞いてふと『色、戒』における多言語の状況を思い出したんだけど、それは書くと長くなるので、また後日『色、戒』ネタで書きますわ。
 しっとりとした曲から一転して、このパートのラストはファンキーな『本草綱目』。ラップでは弾頭が登場し、ゾンビ風キョンシー(?)ダンサーとはじけまくる。
 中盤はおまちかね(ってワタシだけ?)の南拳媽媽オンステージ(^_^)。ああ、相変わらずみんなかわいいなぁ。弾頭は髪伸ばしたのか。で張傑はまたいつもの如く片目が髪に隠れた“不機嫌な要潤”っぷり(苦笑)。Laraちゃんは背が伸びたのかな?4人ともMCも日本語で一生懸命しゃべるし、張傑はミスチル(じゃなくてコブクロらしい。すまんアタシはこのへんに疎い。スガシカオなら一発でわかるのに…)を弾き語って熱唱するし、「日本の女の子はかわいいでーす」と手に書いたカンペを見ていう宇豪に、「いや、キミの方がずっとかわいいよ」と思わず心の中で呟いた次第。
 でもね…実はまだ新譜を買ってなくて最初の曲がわからない。すまん宇豪よ、せっかく「オレはアルバムを出したー!」って歌ってくれたのに。

 後半は『夜的第七章』で始まるゴージャス&セクシー(?)系ステージ。曲にあわせてヴィクトリア朝ロンドンを意識したデカダンな雰囲気。
この曲の女性パートは当然Laraちゃんが歌っていたが、元気いっぱいの彼女なので歌い上げは見事でもアダルトさが足りないような。自分のステージ直後の出番だから仕方ないのかもしれないけど、ドレスかロングスカートで登場してくれたらもっと雰囲気作れたかな。
 『夜曲』では椅子を使いこなし、セクシーな女性ダンサーと絡む。んーでも、このヘンの演出はやっぱりレスリーや學友さんと比べたら、いや比べちゃいけないのはわかっているけどまだまだ青いかな?ああ、頑張ってるねーと見守ってました。若い迷の皆さん、厳しくてごめんなさいね。
 ビッグバンドをお休みし、南拳の野郎3人組&ギタリスト&ドラマーと小規模に演奏するパートは、リラックスしていていい感じでした。『忍者』や『ヌンチャク』のバンドヴァージョンはなんとなく欧米ロック的印象。同じ日にドームで公演していた“裏街男孩”にも負けとらんぞキミたち(こらこら)。

 『七里香』などを情感たっぷりに歌い上げた終盤から、『イニD』の映像で始まるアンコールは最高のはじけっぷり!津軽三味線には驚かされましたよ!2年前の○○に続いて今年はザンちゃんか!と(わかる人にしかわからないネタで失礼します)。
ハチャメチャな歌詞で面白く、なおかつ歌いやすい『周大侠』では「豆腐ーとうふー、功夫ーコンフー!」と歌いまくり(初日の日本語字幕で「腕前ー腕前ー」とあったのは誤訳か。ちゃんと直してあったのは偉い)、イントロの太鼓を聴くだけで2年前のいろんな思い出が甦るフォーフォーでは渾身の一撃とばかりに蛍光棒を振り上げてフォーフォーフォフォーフォーフォフォーフォー!と吠えまくり、オーラスの『ヌンチャク』も必死にフーフーハーヒーしてましたよん。

 はたして日本語字幕は必要だったかな?むしろ漢字字幕でいいんだけど…とか(そういえば2日目は確かに中華圏のお客が心なしか多かった感じ…)、2日目の最初の方で声がちょっと出ていなかったので調子悪かったのかな?とか、ああまた席を移動して写真撮影してるヤツがいるよ(これは1日目)とか、多少思うところはあるんだけど、ステージとしては前回よりも遥かによかったし、着実にエンターテイナーとしての成長が見られて嬉しかったよ、ジェイ。何よりもその楽しさは、1日目に歌いまくった自分の喉が、日曜の朝につぶれかかっていたっていう身体の反応でしっかり現れていたからな。
 ジェイ、ホントにありがとね。前にもまして楽しかったよー。君はどうだった?

「でもそんなの関係ねぇー」…こらこら(爆)。

|

« 豆腐ーとうふー、功夫ーコンフー、フーフーハーヒー、フーフーハーヒー | トップページ | もーちょっとだけ周杰倫世界巡迴2008日本演唱会at日本武道館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
張傑を“不機嫌な要潤”って言い得て妙ですね。
どさくさに紛れて日本語でいろいろ歌ってましたよね。笑ってしまいました。
二胡を弾いていたのはチェン・ミンさんだったのですか。

後半に登場した4人の女性ダンサーさんのなかでお一人、とっても激しい踊りをされていたような気がしたのですが・・・ご覧になりましたか?

投稿: 藍*ai | 2008.02.18 23:43

うおー、レポートありがとうございます。
羨ましいです。
特に、『聴媽媽的話』の映像ゲスト!!あああ〜。
南拳媽媽も来ていたんですね。
ああ、行きたかった…。

投稿: きたきつね | 2008.02.18 23:56

日本語字幕じゃなくてピンインを出してほしかった私です。
おかげでかなりいい加減な空耳で歌っちゃいましたよ。
でもそんなの関係ねぇー!でしょうか。

ほとんど字幕のスクリーンを見てなかったんですけど、
「腕前ー腕前ー」.....って何だそれは!(笑)

投稿: rivarisaia@春巻 | 2008.02.19 13:56

どもども、思い込みと主観入りまくりな感想にて失礼しました(というか感想って本来そんなものか)。

>藍*aiさん

 「張傑=不機嫌な要潤」っていうのは、第二次南拳活動開始時からずーっとそう思っていたのですが、張傑本人は口を開くと全然不機嫌じゃないのでまた笑っちゃいます。

 そうそう、土曜日公演では紹介されていなかったので、「あれ?もしかしてチェン・ミン?まさかね」と思った程度だったのですが、日曜公演ではスクリーンにも「二胡演奏 チェン・ミン」と入っていたのでうわーと驚いた次第です。
ジェイは「ボクの二胡の先生」と紹介してました。
顔広いなー姐さん、と思わず呟いちゃいました。

 ダンサーズは気合入った踊りでしたねー。
日曜公演の『迷迭香』アウトロではダンサーの踊りが若干長く感じたのですが、確かに一人すっごい激しく踊ってた人がいましたわ。

>きたきつねさん

 今回もまた楽しかったです。
コンサートでジェイ落ちする人が多いっていいますが、観るとホントに納得します。
(何を隠そうワタシ自身も前回のコンサートを観るまでは何とも思わなかったのに…)
 次回のコンサートツアー、ご覧になれたらいいですよね。

『聴媽媽的話』のユンファ&學友、えらいかわいかったです。
ユンファとは『黄金甲』で共演してるから、お願いしやすかったのかな。しかし大サービス振りだな、二人の大明星たち。

 今回のアルバムから事務所が変わったというので、
移籍しなかった南拳とはどうなるのかなと思ったのですが、
香港演唱会でも共演していたし、ジェイ自身「南拳はボクの弟子」と言っているので、来るだろうなーと思ってました。4人揃っての出番は結構長かったです。
(前回は歌2曲で精一杯?って感じもしたので)

>rivarisaiaさま
実は私もかなり空耳で歌ってました。歌ってみて初めて「アーこれってこういうこと言ってたのか」と気づいたりして。
漢字字幕のほうが助かるかな。ピンインは台湾になかったと思ったので、(IMEのフォントも注音字母変換だし)つけるの難しいのかな。
字幕がなんで「腕前ー腕前ー」になったのかは不明です。

投稿: もとはし | 2008.02.19 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/40163285

この記事へのトラックバック一覧です: 周杰倫世界巡迴2008日本演唱会:

« 豆腐ーとうふー、功夫ーコンフー、フーフーハーヒー、フーフーハーヒー | トップページ | もーちょっとだけ周杰倫世界巡迴2008日本演唱会at日本武道館 »