« おめでとう、ナイホイさん&親分! | トップページ | 早熟(2005/香港) »

アイ・イン・ザ・スカイ(2007/香港)

 ジョニー親分映画といえば“銀河映像”。
 だから親分作品の脚本でお馴染、ヤウ・ナイホイさんの記念すべき監督デビュー作『アイ・イン・ザ・スカイ』も当然このレーベルからのリリース。そして…、

  祝!東京フィルメックス審査員特別賞受賞!

 犯罪に係わる重要参考人をマークして監視する香港警察の監視課。そこに配属された新人警官のボーボー(ケイト・ツイ)は上司の“犬頭”(ヤムヤム)から“子豚”のコードネームをもらい、香港市内で続発する強盗事件の関係者の監視の任務につく。街の中に設置された監視カメラの記録から、襲撃された宝石店の近くに現れた男(林雪)に“ファットマン”という暗号名をつけてマークすることになる。
 強盗団のボス・山(カーファイ)は標的となる宝石店が見渡せるビルの屋上に上り、そこから警官の動きを読んでは手下に指示を与えていた。監視課は当初彼の存在をつかみきれなかったが、ひょんなことからその存在を知り、“影の男”と呼んでマークするようになるが…。

 「オレたち監視課は、“天上の眼(eye in the sky)”なんだ」という、犬頭が新人の子豚に監視課の心得を教える言葉が英題となっているように、前編を通じて香港の街を俯瞰するようなアングルで映画は進行する。場面切り替えのフェイドイン&アウトも、町中の監視カメラの映像が荒くなっていくような画面で凝っている。まさにこの英題がしっくりくる。
 監視というとマイナスイメージのほうが強い。最近完結編が公開された“ボーン三部作”では、記憶喪失の主人公ジェイソン・ボーンを街中の監視カメラが追い、その情報がCIAに送られるといった場面がたびたび出てきたし、半年くらい前には自衛隊が憲法改正反対運動をしている人だったかなんだかを監視しているなんてことがあったし(うろ覚えでスマン)、9.11以降、街角に監視カメラが増えていくのを見るたびに、うわーこんなのイヤだよぉ、ヘンなことできないじゃん(いったい何をするんだ)なんて思うのである。

 でも、香港警察の監視課が監視するのは、あくまでも犯罪抑止のため。しかも監視カメラだけじゃなく、一人ひとりが標的について回るというローテク&人員動員大作戦。強盗事件の続発を止めるべく地味(!)に活動する人々と、その中で戸惑いながら成長していく子豚。物語の描き方としては『PTU』に近いのかな。
 ジョニーさん作品では女性キャラの活躍があまりないけど、この映画では子豚の成長が全面的に描かれる。ファーストシーンでは、どことなく不良少女的に登場する彼女だけど、そんな彼女がトラムに乗り込んでマークした中年のおっさんが彼女の上司だったというのが全く予測できない。しかもそれがあのカッコいいヤムヤムだってのも驚き!あのお腹、詰め物しているんだよね?(苦笑)
 同じトラムに居合わせたカーファイは、老眼鏡をかけてナンクロを解くようなフツーのおじさんとして登場するけど、しばらくして彼の正体がわかったときにはまたビックリ。まるで監視課の裏をかくように強盗団に冷静な指示を与え、身の危険を感じるととっさに一発で敵を仕留める(頚動脈かっ切り…痛いよー)という残忍さも併せ持つ。いやぁ、この不気味なカーファイ、親分作品だけのものじゃないのね。
 警察側ではマギーさんの役どころがまるで『PTU』のチョンさんがCIDから転勤したんじゃないかってくらい同じに見える(けど偉い)役だったのがちょっと笑った。あと、このところよく顔を見るシウファイさんに無間道三部作のお馴染みのティンイップさん等の登場も嬉しい。

 しかし、あのクライマックスのヤムヤム炎?の復活シーン(苦笑)…。香港の刑事はやっぱりちょっとやそっとのことでは死なないんだな、と改めて実感した次第。 

原題:跟蹤
製作:ジョニー・トー 監督:ヤウ・ナイホイ
出演:サイモン・ヤム レオン・カーファイ ケイト・ツイ マギー・シュウ ラム・シュー ン・ティンイップ チョン・シウファイ

|

« おめでとう、ナイホイさん&親分! | トップページ | 早熟(2005/香港) »

日本の映画祭」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

ヤムヤムのお腹、詰め物じゃなくて本当に太った(十数キロ)んですよ〜
撮影終了後即ダイエットで元に戻してました(戻せるのが凄い)
トーさんカラーは色濃く感じるけど、それだけじゃない独自のテイストもあるし面白かったですね。
ちょっと地味だけど、今回の受賞で公開に向けてはずみがついた…かな?

投稿: KEI | 2007.11.27 22:58

そっか、ホントに太ってまた痩せたんですね!
すごいぞヤムヤム。役者だわー。
デニーロならぬ“ヤムヤム・アプローチ”か?

 親分っぽさの色合いもあるけど、物語も至ってシンプルだし、全体を貫くトーンだったりキャラクターの配置などは独自性があるかなって気もしましたよ。
 物語が面白かっただけに、日本の2時間ドラマにパクられなきゃいいけど、なんて余計な心配をしてみたりして(笑)。

投稿: もとはし | 2007.11.27 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/17182904

この記事へのトラックバック一覧です: アイ・イン・ザ・スカイ(2007/香港):

» 「アイ・イン・ザ・スカイ(原題)」 [電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-]
2007年香港 / 90分原題:跟蹤/Ganchung / Eye in the [続きを読む]

受信: 2007.12.02 23:53

« おめでとう、ナイホイさん&親分! | トップページ | 早熟(2005/香港) »