« 復活!香港ドラゴン航空仙台便 | トップページ | ヴェネチア映画祭もいよいよ後半。 »

《色、戒》世界プレミアのそのとき。

 えー、コンペ部門のトップを切って、無事にワールドプレミアを成功させた《色、戒》。
…しかし、この作品がこれほどまでスキャンダラスに取り扱われるのは、2年前の金獅子ウィナー李安監督の受賞第1作だからか、それとも歴史と悪とエロスを前面に押し出した?ような作風ゆえか、あるいは単なるマスコミの賑やかしだからか?いくらなんでもそういう質問はあまりにも不勉強だろうと思った記事その1は下のもの。

Yahoo!映画 - ニュース <「ラスト、コーション」のトニー・レオンがヴェネチア到着、勘違い質問にも余裕の笑み―イタリア>.

 この質問って誰がしたんだろうか?欧米マスコミ?もし中華マスコミだったらそれってどーよってツッコミたい。どうすれば「リャン・チャオウェイ」と「レイ・ミン」を間違える?

 もうひとつは「トニーと湯唯小姐は本当にやってるのか?」ってー質問だが、そんだけ件のシーンがリアルだとしても、その質問はあまりに頭が悪いよな。アイノコリーダでもアイノルケーチでもないんだし。アーイノルケーチ♪>意味なく歌うなよ。

 さすがに日本主要マスコミには、当日この映画に先駆けて行われた例のバカ監督(これでも誉め言葉です)のぶち壊れ映画大絶賛記事しかなかったが(それでも某J事務所のタレント二人カンヌで人気記事よりは信憑性あるが)、やはり河北のヴェネチアレポートではある意味厳しいことを書かれていました。
 んーまー、これは前作が絶賛されたものにとってはかなり宿命的な厳しさではあるんだけど、賛否についてはあまり気にしないでおくしかないか。別にこの映画に金獅子を獲ってほしい、トニーにヴェネチアでも男優賞をなんて全然これっぽっちも望んでいないし(本音です)、カンヌ同様、参加することに意義があるんだからね。

Lustcaution2

偉仔「ねー監督、僕の○○○シーンでの○○、どう思う?みんなあれこれ言うけど、恥ずかしくはないよねー」
李安「下衆の勘ぐりはあまり気にしないほうがいいよ。わかってくれる人はわかってくれるから」
湯唯「この二人、アタシをはさんで何話してるんだか…」(以上設計對白)

|

« 復活!香港ドラゴン航空仙台便 | トップページ | ヴェネチア映画祭もいよいよ後半。 »

海外の映画祭」カテゴリの記事

コメント

おや、YAhoo!ニュースでも取り上げられていたんだー。初めて知りました。質問したのは中国人記者ですが、空港内をすたすた歩いて行くトニーに焦ったので「赤壁」というべきところを「梅蘭芳」と言い間違えたようです(-_-;) 黎明と間違えたわけじゃなさそう。
斉藤敦子さんは相変わらずですね…(苦笑)。湯唯ちゃんが妖艶な女スパイじゃ、易先生が自分のそばに近づけるわけもなく、調教しがいのあるコムスメだから近づけ、女として開花させ、心まで許そうとしたはずなんだけど…トニーがどうなのかは、見てみないと何とも…ね。

投稿: nancix | 2007.09.02 10:28

 nancixさん、補足ありがとうございました。
…しかし、今の中国映画って、どんだけ大作が多いんだと改めて思うばかりです。向こうも大作バブルなんだなぁ、やれやれ。
 齋藤さんの批評はそれほど嫌いじゃないのですが、いくら語学に長けていても、日本人にとっては英語字幕だけで一回観て細かいニュアンスまで理解するのは結構厳しいところもありますからね。今回の映画はホントにブツを観るまでわかりませんね。あまり周りの雑音に惑わされないように心得たいです。

投稿: もとはし | 2007.09.04 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/16292823

この記事へのトラックバック一覧です: 《色、戒》世界プレミアのそのとき。:

« 復活!香港ドラゴン航空仙台便 | トップページ | ヴェネチア映画祭もいよいよ後半。 »