« 桑桑と小猫 -『それでも生きる子供たちへ』(2005/イタリア・フランス)より- | トップページ | 『40 LIVES in 香港 素敵なひとに会いにいく!』 »

東京国際、今年のラインナップ決定!あとはスケジュールか…。

 やっと東京国際映画祭のラインナップが発表。
テルオカ氏からディレクターが交代したアジアの風、香港映画の上映がなくなるのか?と思ったら、パン・ホーチョンの『出エジプト記』と、ヴェネチアのサプライズ出品『マッド探偵(“ディテクティブ”でよかったのでは?)』が登場なのはまずうれしい。あとはヤンちゃん(エドワード・ヤン)追悼上映か…。

 しかし、今年は例年とはちょっと違う作戦を練らねばならない。
 まずひとつは、協賛企画の香港映画祭の存在。上映作品も『鉄三角』『父子』『男児本色』『天堂口』と観たいと思わされる作品ばかりなのに…なんで平日上映なの?(泣)これは7月のトニー来日に続く田舎もん香港電影迷へのいやがらせですか

Bloodbrothers

 そうなると平日狙いの上京になるんだけど、いったいいつ行けばたくさん観られるんだろう?というわけでシュミレーション。

10/23(火) 15:40 息(張震主演の韓国映画)@ヒルズ
       18:30 鉄三角@オーチャード

10/24(水) 10:50  マッド探偵@シアターコクーン
       14:20  出エジプト記@ヒルズ
       15:00  父子@オーチャード
       (ちょっと待て!なんでこの2作品がかぶっているんだ!?)
       19:00  男児本色@オーチャード

10/25(木) 11:50 鳳凰 わが愛@オーチャード
       13:00 天堂口@オーチャード
       17:20 海辺の一日@ヒルズ

 …うーーーーーーむ。24日が一番おいしいのかなぁ。でも『父子』、なんで『出エジプト記』と重なっているのよー(泣)。しかし『男児』を観たら、もう新幹線がない時間だから、夜行バスで帰る羽目になるか。『マッド探偵』を観るならアサイチの新幹線で来るか前泊しないと無理だし。うー悩ましいーっ! 

 ところでヤンちゃん作品は10/2010/21に大部分が上映されるのですが(22日には『出エジプト記』も)、その両日はワタクシ、なぜか神戸にいるので観ることができません…。
しかし、繰り返しになるけど、前にもまして地方の人にはつらいスケジュールだよなー。それ以前にチケットが取れないと観に行けないので、なんとかがんばってゲットします。今回はプレオーダーってあるのかな?発売当日にチケぴに行けないので、そっちの方が確実な感じがするんだよね。

|

« 桑桑と小猫 -『それでも生きる子供たちへ』(2005/イタリア・フランス)より- | トップページ | 『40 LIVES in 香港 素敵なひとに会いにいく!』 »

日本の映画祭」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。平日上映はホントにやめてよして…。業務として試写観られるような業界人か、シルバー世代か、パートで働かずに済むマダムしか対象にしてないのかしらん。
ま、「父子」を捨ててもう一本の方を取ることをお奨めしますよ。そして楊ちゃん作品…ホント、もとはしさん来神に被りますね。どうしよう…「海辺の一日」シルヴィアさ〜〜ん(>_<)

投稿: nancix | 2007.09.20 08:54

 いくら来年からはコフェスタの一環となってコンパクトになるとはいえ、これを楽しみにしている全国の映画ファンだって少なくないはずですよね。
『父子』はいずれどこかで観る機会があるからいいとして(そう願いたい)、とりあえず4年連続のパン・ホーチョンに賭けることにします。あとは『天堂口』も…っておいおい!
 ヤンちゃん作品は全国巡回してもらえればラッキーなのでしょうが、さすがに無理なのかなー(泣)。

投稿: もとはし | 2007.09.22 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/16502550

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際、今年のラインナップ決定!あとはスケジュールか…。:

« 桑桑と小猫 -『それでも生きる子供たちへ』(2005/イタリア・フランス)より- | トップページ | 『40 LIVES in 香港 素敵なひとに会いにいく!』 »