« 《臥虎》(2006/香港) | トップページ | ラッシュアワー3(2007/アメリカ) »

『ラスト、コーション』の「ラスト」はlast(最後)ではなくlust(情欲)である。

 どうも《色、戒》の邦題はこの英題直訳で決まりそうだけど、絶対誤解を招くこと間違いなしだよね…(そーいえば、某ヒライケンちゃんの曲に「Love or lust」ってーのもあったな。蛇足失礼)。

 そんな心配はさておき、この映画の金獅子賞受賞に最初はピンとこなかったワタシも、一夜明けてその意味を考えると「あー、やっぱりこれってすごいことだわ」と改めて実感するのであった。だってアジア人監督である李安さんが、メインフィールドの欧米と地元の中華圏で作った2作品で世界の頂点に上り詰めるなんて、こんな偉業は今まで誰一人として達成したことはない。おそらく各新聞媒体でももっとも速くレポートしてくれる河北新報の齋藤さんの記事でも、最初は厳しいことを言っているなと思ったけど、それは李安さんが常に欠点のない満点の作品を作ることを評価した上で、あえてキャストに苦言を呈したのかなと考え直した次第。

 しかし、彼はホントにチャレンジングな監督だ。『いつか晴れた日に』で欧米デビューした後、もう中華圏に戻らないかと思ったらいきなり武侠片の『臥虎蔵龍』を撮り、ついでにハリウッドでアメコミヒーローもん(『ハルク』ね)を撮って「ご乱心か!?大丈夫か?」とハラハラしたあとにあの『ブロークバック』で、しかもテーマは同性愛で流行語にまでなったくらい。後で書くけど、あの『ラッシュアワー』にも出てくるんくらいだもんな。
 ヴェネチア&ゴールデングローブで最高賞、オスカーで監督賞を得た李安さんが次に撮るのは中華圏でとは思っていたけど、オスカーを受賞したばかりの頃は、この記事でも書いていたけど、まさかトニーと組んで撮るとは思えなかったのよね。その希望があっという間にかなっちゃって、ヴェネチアに出されて、さらに金獅子を獲ったってことで、なんだか夢の中にいる気分だよ(って自分関係者でもなんでもないじゃないか)。

 当然台湾では、彼を“台湾之光”と褒め称えたブロークバックの時に続いて大騒ぎだったみたいだし、台湾にいい顔をしない中国が久々にいちゃもんつけたし(これ最近やってなかったもんな)。今ただでさえ日本を始め各国に顰蹙買われちゃっているんのに、なんでそんなマイナスなことするのかなー?
 そんなせいもあるのか、はたまた李安さんより男優賞を獲った米国を贔屓したいのか、日本のネットニュースではやたらとネガティブ記事が強調されたけど、そんなことは気にしたくない。だって日本だって、今年はあのバカ監督(敬称です)にヴェネチアらしい賞が贈られたじゃないか!彼は李安さんに8年先だって金獅子賞を受けているし、お得意のギャグを駆使して銀獅子賞だってもらっているんだから同じだよー、とフォローしてみる(笑)。

 いずれにしろ、日本公開が楽しみ。アジア版主題歌にはなんと學友さんが決まったというし(日本では流れないかもしれないが、日本版主題歌なんかつけるんじゃないぞ)、中華圏でもこれから公開なので、その動向からますます目が離せなくなるわ。
 でも、さっそくおやぢメディア(夕刊フジ)がこーゆー記事載せてます(苦笑)。もーやらしーんだからぁ。これがホントのLast lust?なんちて。

|

« 《臥虎》(2006/香港) | トップページ | ラッシュアワー3(2007/アメリカ) »

海外の映画祭」カテゴリの記事

コメント

何を隠そう、ワタクシも最初は「ん? "最後の警告"?」と首をかしげていたニンゲンです、ハイ。「最後の誘惑The Last Temptation of Christ」っつーイエス・キリストの映画はあったけどなぁ…あっスコセッシ監督作だったんだ。道原かつみさんの漫画「ノリ・メ・タンゲレ―私にふれるな」との偶然の相似に気をとられて忘れてましたよ。
邦題、今からでも変えてくれないかな…でも「愛の~」とか付きそうで怖いですね…。そういえばコリーダって何のことだったんだろう。…あああしまった、クインシー・ジョーンズがあの歌を歌い出すぅぅ~(>_<)

投稿: nancix | 2007.09.13 01:39

 『愛と色欲の上海』とか…ってこれじゃもろに三級片な邦題になっちゃいますね(苦笑)。そーいえば『ロード・オフ・ザ・リング』も『指輪の道』とか言った人がいたとかいなかったとか?うーん、日本語のカタカナ表記って微妙ですよねー。♪あーいのルケーチと意味なく歌うワタシ(こらこら)

投稿: もとはし | 2007.09.13 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/16405953

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト、コーション』の「ラスト」はlast(最後)ではなくlust(情欲)である。:

« 《臥虎》(2006/香港) | トップページ | ラッシュアワー3(2007/アメリカ) »