« FILMeXではあの短編集と《放、逐》その他いろいろだ。 | トップページ | 今年もまた、東京国際チケは…。 »

夜の上海(2007/日本・中国)

 いつも元気いっぱいで、大きな目がキュートなヴィッキー・チャオ。
 そんな彼女のどアップになった『夜の上海』のポスターが、うちの近所に貼られている。ああ、まさかこんな盛岡のど田舎で彼女の顔が拝めるなんて!なんていいながら、友人と件の映画を観に行った。

 カリスマメイクアーティストの水島直樹(モックン)は音楽祭の仕事のためにパートナーの高橋美帆(西田尚美)と共に上海にやってきた。恋人でもある美帆との関係に悩み、情緒不安定気味の水島は、音楽祭が終わると同時に何も持たずにふらふらと夜の街を歩き出す。いつの間にか迷子になった彼は背後からやってきたタクシーに飛ばされる。幸い死にもせず、怪我ひとつなく(!!)すんだのだが、慌てたのは彼にぶつかったタクシー運転手の林夕(ヴィッキー)。タクシーに彼を押し込み、強引に観光に出るが、北京語のできない水島とはとにかくかみ合わない。林夕は修理工の東東(もこみち、違ったディラン)に思いを寄せているが、水島を乗せている最中にかかってきた電話で、彼が翌日結婚することを知る。ショックのあまり水島を放り出す彼女だったが、行きがかり上、彼と行動を共にする羽目になる。北京語も話せず、一人ではまったく何もできない水島と、東東への思いを吹っ切れず、やけくそ気味に街を突き進む林夕がタクシーで過ごす“上海の長い夜”の中、まったくかみ合わない二人は次第に心を通わせるようになり…。

 いやもう、とにかくヴィッキーがかわいい!
 寝癖が飛び上がるぼっさぼさ髪でタクシーを乗り回し、がさつな運転で稼ぎまくる林夕(香港の人気作詞家と同じ名前なのは単なる偶然か)。一応恋する乙女なのに、うっかり告白のタイミングを逃して後悔しまくり。喜怒哀楽がはっきりしていてかわいらしいし、決めの日本語台詞「ワタシノコト、スキデスカ?」もなんともいえず愛らしい。
 とにかく、これは冒頭からエンドクレジット直前までヴィッキーを愛でる映画なのである。以上。

 え?それで終わり?ということは、それ以外は…?
 ええ、それ以外はもうダメダメです。思わず暗黒もとはしに変身したくなるくらいダメダメです。
 
これより後は超ネタばれでツッコミますよー。

 まず、あんなところ(道端)でボーっと立っていてタクシーにぶつけられたらフツー死にますよ、水島さん。あんなに吹っ飛んでボンネットにぶつかってよく無傷だよなー、この映画は香港映画じゃないはずなんだか。
 そんな水島さんを取り囲む人々にもそれぞれドラマが用意されているのだが、はっきり言ってそのエピソードは不必要だったと思う。特に美帆ちゃんと彼女に恋して上海までついてきた建築家(?)の年下男河口(塚本高史)のエピソード。水島の日本人アシスタント2人のうち、マイペースなメガネ男子加山(和田總宏。個人的には塚本君より彼のほうがよかった)のええカッコしい場面はともかく、いまどきのギャルっぽさが鼻についた原ちゃん(大塚シノブ。この子誰?)と、最初観た時とてもサムとは思えなかった通訳(サム)の「モリコーネが好き」談話もなんか浮いていた感じ。ちなみに友人曰く、このときのサムは若いころのさだまさしに見えたとのことで、鑑賞後の飲み会で「あのサムは“サムまさし”だね!」と妙に盛り上がってしまいましたよ。
 それをもぶっ飛ばす勢いで、最も浮いていたのが、何をやってもくどくてしつこく、すでにそのくどさも達人の域に達した感もある竹中直人の暴走演技。なんかくどいも痛いも通り越して言葉を失ったよ…。ま、彼はこれが芸風だからあきらめるしかないか。
 えーと誰か忘れているなぁ、ああそうだ、ディランもこみち!彼は初見なんだけど、いやぁ、噂にたがわず見事なもこみちっぷりだ。しかし、ヴィッキーとはつりあわんなぁ…。(話はそれるけど、個人的にはヴィッキーもそろそろトニーと組んでもいけるんじゃないかと思うよ。兄妹役じゃなくて恋人同士の役で。閑話休題)

 この映画、チラシに曰く、上海版『ローマの休日』&『ラブ・アクチュアリー』を狙ったらしいけど、せっかくあんなにステキな上海の夜景が撮れているんだから、過去の恋愛映画の名作にインスパイヤされたものじゃなくて、脚本に一ひねり入れたオリジナルなラブストーリーにしてほしかったなぁ…。タクシー映画の名作『ナイト・オン・ザ・プラネット』や王家衛映画、口紅でガラスなどに落書きしまくる映画(があったよね…)など、いろんな映画の断片を継ぎ合わせて、面白がって作るのも悪くはないんだけどね。
 3年前に観た『最後の恋、初めての恋』のスタッフさんの名前もお見かけしているけど、決して批判しているわけじゃないんですよ。上海や中華圏を舞台にオリジナルなアジアンミックス作品に果敢に取り組むその意気は大いに認めていますので、これからもこの路線でも大いにがんばってください、ムービーアイさん!

 最後の最後にこれだけは。
 友人曰く、今回のヴィッキーの役どころは、香港でイーキンと共演した『マイ・ドリーム・ガール』とよく似ているとのこと。というわけで、近いうちにこっちも観てみたいと思います。  

英題:The Longest Night in Shanghai
監督&脚本:張一白 企画プロデューサー:牛山拓二
出演:本木雅弘 ヴィッキー・チャオ 西田尚美 塚本高史 ディラン・クオ 和田總宏 サム・リー 大塚シノブ 竹中直人

|

« FILMeXではあの短編集と《放、逐》その他いろいろだ。 | トップページ | 今年もまた、東京国際チケは…。 »

中国映画」カテゴリの記事

中華圏以外の映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>冒頭からエンドクレジット直前まで
>ヴィッキーを愛でる映画なのである。以上。

ハイ、そのとおりですね(泣)
あとは、何回も意味もなく出てくるサム・リー(さだリー?)くんを
あ、普通の役(ほっ)と微笑ましく眺める楽しみくらいでしょーか。

上海の夜景とかが、ごっつキレイで
前に行った時を思い出して泣きそうになったけど
そんな中華まにあ(?)なヒト以外には
ウケなくても仕方ないでしょう。

この映画を作るよりか
「大城小事」を日本公開してほしかったわ、なんて書いてみる。
(「上海の夜」がコケたら「大城小事」なんて日本ではDVDにもならんだろーな)

ま、上海にまた行きたくなったことだけは確か(笑)

趙薇、次回は何が日本で公開されるんでしょーか。
「情人結」も映画祭だけで終わるんだろーなあ(泣)

投稿: grace | 2007.10.03 21:01

 サムまさし(またはさだリー)が短髪なのは、《狗咬狗》の撮影の前後だったんでしょうかね?昨年春ごろはすっかり貫禄がついちゃってどこの古惑仔?みたいなルックスでしたけど、元に戻ったようでなにより。
 《大城小事》は未見なので、そのうち香港で(いつだ?)購入します。

 ヴィッキー作品ってなかなか来ないんですよねー。一番観たいのは、彼女のブレイク作品《環珠格格》なんですが、DVDは日本に来ていたかなー?

投稿: もとはし | 2007.10.04 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/16614277

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の上海(2007/日本・中国):

« FILMeXではあの短編集と《放、逐》その他いろいろだ。 | トップページ | 今年もまた、東京国際チケは…。 »