« ぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまん…(エンドレス) | トップページ | 架空対談・国際映画祭の秋を期待だけで斬る! »

もし、北京五輪が映画だったら?

ジェイネタも一段落して、東京国際までネタ切れだわ、と思ってネットサーフィンしていたら、見つけたのがこの記事。

asahi.com:台湾出身のアン・リー監督、北京五輪の芸術文化顧問に?-?ロイター芸能ニュース?-?文化芸能.

[北京 17日 ロイター] 台湾出身の映画監督アン・リー氏が、2008年北京五輪の開・閉会式の芸術・文化担当顧問に指名された。

 北京五輪組織委員会がウェイブサイトで発表した。オスカー賞の受賞経験もあるアン・リー氏は、中国の映画監督チャン・イーモウ氏と米国のスティーブン・スピルバーグ監督が率いる演出チームに助言を行う。

李安さんが芸術文化顧問と聞いて、「アレ、監督じゃなくて?んじゃイーモウの立場は?」なーんて思ったんだが、もしかしてイーモウやスピちゃん(ってなぜキミがここにいる?)より偉い立場なのか?顧問さまってことは。
このスタンス、政治的立場も多少あるのかな?って気もあるけど、そのへんへのコメントは避けよう。
そして李安さん、いま《色、戒》の製作進行はどーなっているのでせう。

これはあくまでも五輪だけど、もしこの3人がコンビを組んで北京五輪をネタに映画を作ったら、いったいどーゆーもんになるんだろうか?なーんてふと考えてみたりしたのだった。

|

« ぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまん…(エンドレス) | トップページ | 架空対談・国際映画祭の秋を期待だけで斬る! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/12333518

この記事へのトラックバック一覧です: もし、北京五輪が映画だったら?:

« ぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまんぶたまん…(エンドレス) | トップページ | 架空対談・国際映画祭の秋を期待だけで斬る! »