« 華仔主演最新作『墨攻』は、まだ読んでいませんでした。 | トップページ | ダニエル監督と細野さんの対談から、日本における香港映画の戦略を考える。 »

真夏の中国茶道楽

残暑お見舞い申し上げます。
今年の夏は日中が暑くても、夕方が涼しいので過ごしやすいのが嬉しい。そんなときでも熱い中国茶は楽しめるのであった。
そんなわけで、実家で飲んだ中国茶。

真夏の中国茶道楽

まずは小香さんのお茶会で購入した白葉単そうを弟に入れてもらう。
茶葉を見た彼には「これって醗酵しすぎて、すでに単そうじゃないんじゃない?」と言われたけど、聞香杯に注いだ後、茶杯に移し変えて飲んでみたら、「聞香杯と茶杯で香りが違う!面白い!そして美味い!」と絶賛。気に入ってもらえたのは嬉しい。

真夏の中国茶道楽

お茶請けは悟空で買った干しマンゴーと、崎陽軒の月餅(黒ゴマ)。

そして今日は恩師訪問で横浜に行き、中華街の大手中国茶販売店『悟空』に行ってみた。単そう系のお茶を飲み比べたいかなとあれこれ物色したら、白葉単そうもあったけど、今年の春にできた福建省産の一級金片単そうなるお茶がリーズナブルだったので購入し、蓋碗で飲んでみた。
…うーん、香りは確かに単そう。もっともしゃおしゃんのお茶のように焙煎をかけていないので、その香りは若々しいし、味も若い感じだった。青茶は大陸よりも台湾産が好みだけど、単そうは大陸産のお茶でもやっぱり美味だと思ってしまうのだ。そんなワタシもまた、タンソウニスト(以前小香さんが単そう好きの人をこう称するとおっしゃっていたので)なのね、などと思うお盆休み最後の夜であった…。

|

« 華仔主演最新作『墨攻』は、まだ読んでいませんでした。 | トップページ | ダニエル監督と細野さんの対談から、日本における香港映画の戦略を考える。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

悟空にいらしたのですね。2階にカフェのある方の店舗でしょうか。
お茶の知識があると選び甲斐がありそうですね。
カフェも雰囲気があって落ち着きます。

投稿: honeymilk | 2006.08.17 01:09

はい、悟空は茶荘の方に行ってきました。
これまで横浜に足を運ぶと、珠江飯店の売店で悟空ブランドのお茶(プーアルとか)を大量に買っていたのですが、中国茶をきちんと覚えてから買ったのは今回が初めてです。

茶荘の売店部では台湾(多分)ポップスが流れていたのがなんだか嬉しかったです。2階のカフェにも寄りたかったのですが、時間もなかったし、次回の恩師訪問(または東京国際ツアー)のときに利用するか、と今回はパスしました。

投稿: もとはし | 2006.08.17 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/11468476

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の中国茶道楽:

« 華仔主演最新作『墨攻』は、まだ読んでいませんでした。 | トップページ | ダニエル監督と細野さんの対談から、日本における香港映画の戦略を考える。 »