« 王力宏蓋世英雄日本演唱會2006atNHKホール | トップページ | TOKYO中国茶めぐり・2006春 »

運命の六本木交差点を渡れば、シネマートまでたどり着ける…はずである。

という意味不明な題名だけど、この記事は『ディバージェンス・運命の交差点』鑑賞報告。
まず、初鑑賞時(at去年の東京国際)の感想はこちらをどうぞ

2005_1226photo0019_28

東京国際のときにヒルズのウエストウォーク内に掲示されていたオリジナルポスター。確かに彦が主役のように見える…。

初めて行ったシネマート六本木は、ここ数年、東京国際やらイベントやらでやたらと足を運ぶことが増えた六本木ヒルズより内側にあり、地下鉄も日比谷線より都営大江戸線で降りたほうが便利という地理にある。HPの行き先案内をメモして行ったんだけど、ある場所があまりにも地味だ。六本木のくせに(笑)。

シネコンなので入り口のすぐ前にチケットカウンターとコンセッションあり。『ディバージェンス』の上映は3階だった。100席くらいのスクリーンで、真ん中の席を取ってもらった。スクリーンが小さいと前のほうにとる(地元の盛岡フォーラムや渋谷の旧ユーロスペース、現シアターNなど)んだけど、見上げるかたちの配置だったのでど真ん中で正解だったかも。ただ、見やすい席だったせいか、妙にシングル観客の人口密度が高かったです(笑)。お客さんの入りは満席の半分以下…ちょっとこれは悲しいぞ(T_T)。公開初日土曜は先着50名様にアーロン生写真(from映画のスチール)が配布されていて、2回目の上映に足を運んだワタシも余裕でゲットできたくらいなんだから…。

予告編がやたらと多かったのは、この映画館がまだ新しいからか?ほとんどが大韓電影だったけど、6月から上映される『ドラゴン・プロジェクト』の予告が流れたのは嬉しかったー。オープニングで登場する秋生父さんの白い学生…もといカンフー服(&月を背負っている)姿を入れてくれたのもよかったわ。

Divergence

本編に比べて、イーキンの髪が短く、彦の前髪が厚い。もちろんアーロンは変わらない。これって多分、公開直前に撮ったスチールなのかな。

(以下、内容に触れている部分あり。未見の人は読まないでくださいませ)

しかし、映画祭で鑑賞した時、いかに自分が夢うつつでこれを観ていたかってことが丸わかりだった。
中盤、イウ・ハーのスキャンダルを激写したカメラマンが撃ち殺されていたのをシュンが発見し、同じくその場に居合わせたコークと高架道路から上環街市の中までおっかけっこして大爆発(ベニーさん映画のお約束)に巻き込まれるシーンが断片的にしか記憶になかったもの。あと、ティンの出番ってけっこう多かったんだねー、ウィッグかぶっているからわかりにくいよ(こらこら)とか、フィリピンの貨物船に身を隠したコークが狙われるシーンも記憶から落ちていたなーと。すみません、あの時は深夜バス上京&連続3本鑑賞だったから、かなりきていたんですよねー(苦笑)。
で、イウ・ハーは結局行方不明のままなのか?イウパパと手を組んでいた(操っていた?)ジムさんが手を下したってことなのか?で、コークたちを狙っていたのもジムさんの刺客だったのか?話の断片をはめ込んでみても、このあたりはあれこれ想像しなきゃいけないってことかな。
こうやって見ても香港映画にしては複雑でも日本のサスペンス映画的な凝った展開なので、ストーリーも楽しめる。案外日本でリメイクも可能なんじゃないか?なんて口をすべらせたらまずいか。だいたいアーロンのように血まみれになりながらも執拗に事件を追って様になる30代終わりから40代始めの日本俳優って果たして存在するか?(爆)

あ、そうだ。これも書かなきゃだな。
この映画の美術担当は言わずもがなのウィリアムさん。パンフによると、いつもとは趣を変えて機能的かつ実用的なインテリアを目指したそうだが、それってありあわせのものを使ったってこと?(笑)もっとも、コークが身を潜めた貨物船の個室にかかっていたカーテンは古そうな花柄だったので、このへんがウィリアムさん的だなーって思った次第。

ところで行ったのが初日、ということで、初日名物ぴあ満足度出口調査に捕まってしまいました(笑)。ええ、日本での香港映画公開増加期待のために思いっきり誉めておきました。でも、写真撮られちゃいました。明日発売のぴあに出るかどうかはわかりません。出たらどうしよー(@o@)。でも地元じゃ多分ばれないからいいか。ははは。

|

« 王力宏蓋世英雄日本演唱會2006atNHKホール | トップページ | TOKYO中国茶めぐり・2006春 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

初日にご覧になったのですね。私も26日、見てきました。シネマートへ行くのに駅を出て曲がり角を行き過ぎてしまい、「ドラゴン・プロジェクト」の予告が見られませんでした〈泣)。いい作品なのにその日も観客が少なく残念。アーロンの生写真・・・彦祖君の週もあるんですよね~~

美術がウィリアムさんでしたか。気付きませんでした~そう、あのカーテンは何気に自己を主張しておりましたね。

ぴあの出口調査ですか?わぁ。ぴあに載っているかしら?

投稿: 藍*ai | 2006.04.28 23:12

シネマート、あまりにも場所が地味ですよね。ワタシはかなり早めに出てきたので、ちょっと迷っても引き返せましたけど、ずんずんと歩いてしまって目印を見逃してしまう位置にありますもんね。
明日はイーキン生じゃプレゼントなので、イーキン迷が頑張るんでしょうね。イーキン迷の友人にそのことを話したら、残念がっていました。

えーと、ぴあ、まだ見ていません。恐ろしくて…というのは冗談で、書店に行くヒマがなかったので。明日、結果を見たいと思う次第です(笑)。

投稿: もとはし | 2006.04.29 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/9764381

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の六本木交差点を渡れば、シネマートまでたどり着ける…はずである。:

« 王力宏蓋世英雄日本演唱會2006atNHKホール | トップページ | TOKYO中国茶めぐり・2006春 »