« 第25回香港電影金像奨の結果に思ふ。 | トップページ | 『彩虹天堂』劉畊宏 »

奄美の歌姫対音楽の申し子、おまけで若き金像ウィナーのネタ。

先週の土曜日、香港では金像奨授賞式があり、上海では滾石樂團(ローリング・ストーンズ)の中国初公演があって、中華圏の各都市で大いに盛り上がっていたようだが、台湾ではソニー(台湾新力)のイベントがあったとのこと。ジェイは周知の通り金像に出ていたから、もちろんこの日の出演はなかったんだけど、このイベント、宏くんやココや仔仔やバネだけじゃなく、ハーリンや南拳も出ていたのね。
そんな中、日本から招かれたのが、先ごろ育児休暇を終えて音楽活動を再スタートさせた元千歳小姐、つまり元ちとせ嬢(以下ちぃちゃん)。実はワタシも彼女の歌声が好きだったりする。ほほほほほ。

元ちとせがリーホンと夢の競演:芸能:スポーツ報知.

台北(台湾)8日】歌手の元ちとせ(27)が8日、台北市のドーム式体育館「台北小巨蛋(小ビッグエッグ)」で行われた音楽イベントに出演した。昨冬オープンした台湾最大の“台北ドーム”で日本人が歌うのは初めて。イベントには、中国系米国歌手のワン・リーホン(29)ら12組が参加。元はリーホンと「オーバー・ザ・レインボー」を共演するなど、1万5000人が集まった台湾史上最大のインドア音楽イベントで日本代表らしい存在感を見せつけた。

  さらに、豪華な“競演”が実現した。元が「お待たせしました。ワン・リーホンです!」と叫ぶと、台湾トップアーティストが舞台の下からピアノとともに現れた。

 リーホンのピアノに合わせ、名曲「オーバー・ザ・レインボー」をセッション。リーホンは以前から“神の声”といわれる元の歌声を評価しており、共演後は元に歩み寄り「ちとせさん、ありがとう。きょうは一緒にパフォーマンスできて、とってもうれしかった」と日本語でお返しのあいさつ。夢の共演に会場はこの日一番の歓声が起きた。

 この日のイベント「ソニー・フェア@台湾」は1万5000人を集め、台湾史上最大のインドア音楽イベントになった。リーホンや、日本でも人気のグループ「F4」からヴァネス・ウーとヴィック・チョウ、米国デビューした実力派女性シンガーのココ・リーら11組の台湾を代表するアーティストが参加。

宏くんと日本アーティストといえばガッくん(来年上杉謙信になるあの人ですね)とか、葉加瀬太郎氏と芸大同期生の皆さんとか、新譜の日本版で初共演したゴスペラーズとか、イベントで共演した平井のケンケンとか、化学超男子(…だったっけ?)とか野郎ばっかの共演しか思い浮かばないんだが、他にいたっけ?
それを考えればちぃちゃんとの共演は「あー、いいなぁー」って素直に思っちゃうんだけど、どうせ共演するならちぃちゃんの得意の島唄と宏くんの草原情歌のセッションが聴きたかったかな、ってそれじゃマニアックすぎるよな。
さて、いよいよ来週に迫った宏くんのコンサート。はたして、会場にはオフィスオーガスタ(ちぃちゃんの事務所)から花束が来るのかな?そんなワタシはまだ、宏くんの新譜を入手しておりません。すみません。
…ところで台北小巨蛋、おそらく東京ドームを意識しての愛称だと思うのだが、それなら“リトルエッグ”になるんじゃないのか?と素朴な疑問を呈してみたりする。

で、おまけネタですが、今月のmen's non-no若き金像ウィナー杰倫先生が登場しておりました。巻頭特集のグラビアざんす。これが日本演唱会前に受けた取材のうちのひとつってヤツですね。これ、もうちょっと早く載っけてくれれば『霍元甲』主題歌差し替えを吹っ飛ばせるくらいの知名度UPが期待できたのに…ってはたしてそうか?

|

« 第25回香港電影金像奨の結果に思ふ。 | トップページ | 『彩虹天堂』劉畊宏 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/9516662

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美の歌姫対音楽の申し子、おまけで若き金像ウィナーのネタ。:

« 第25回香港電影金像奨の結果に思ふ。 | トップページ | 『彩虹天堂』劉畊宏 »