« 『Heroes of earth 蓋世英雄』王力宏 | トップページ | この週末は、東京で中国茶を飲みたい(希望)。 »

リヨン谷原のリヨン化計画(笑)、好調に進行中。

ふと思ったことがある。いま、中国語を勉強するという人はどんな学習動機を持っているのかなーって。
中国語学習歴だけは二桁(ただ頻繁に使っていないので実力はかなり怪しい)いってるワタシは、外国語に興味があって、ちょうど高校時代に中国がこれから来るといわれて興味を持ったことが始まりで、ヒーヒー苦労しながら勉強した後にイーモウやカイコーを知り、台湾留学準備のために観た『悲情城市』でホウちゃんとトニーを知ったのが決定打となって中華電影迷となり、香港ブームがきっかけで香港好きになった。だから、もしかしたら中国語をやっていなかったら、今のワタシはいなかったのかもしれない。でも、そんなことはないかもな(笑)。
今だったらF4や台湾ドラマ、宏くんやジェイがきっかけで中国語を学び始めたって人もきっといるだろう。ワタシも香港映画にハマって広東語を勉強し始めたクチだから。

今年は珍しくNHKの中国語会話を続けて観ている。今のうちはホントに簡単で、ここから勉強しなくてもいいとおもっちゃうのだけど、今年は「大プロデューサーアンディ先生に英語名を賜った男」ことリヨン谷原が出演しているので、リヨン谷原のリヨンっぷりを楽しもうと思って観ているのだ。
NHKのテレビ語学講座にタレントが出始めて久しいけど、横浜生まれで台湾&香港人の血をひくはなちゃんや金子貴俊くんが出ていたときはノーマークだった。来日した中華系映画人のインタビューが流れると知った2年前はリッチーメイベルさんのインタビュー目当てにちょこちょこと観ていた(でもジェイやリンチェイのインタビューは見逃した…)けど、続けて観るほどでもなかったのは事実。この春まで?出演してたタレントの亀ちゃんもよく知らなかったし。吉本のコメディエンヌ?
でも、リヨン谷原の出演が決定して、記者会見「自分はアジアンスターに似ていると言われて」云々と発言していたことを知って、「おお、アンディからリヨンの英語名をもらった時から、リヨン谷原のリヨン化計画は始まっていたのか!」と改めて驚かされたのである。そんなわけなのだ。

今年の中国語会話はドラマ仕立てで進行。舞台は北京の雑誌編集プロダクション。
キャストはメイン講師の陳淑梅さんが編集長、サブ講師の黄鶴さんと日本人アシスタントの前田知恵さん(カイコー映画にハマって中国留学を果たしたタレントらしい。そのせいか発音はいい)が編集部員、モデルとして活躍している張熙寧くんがカメラマンという設定。そこに日本からやって来た新米編集部員リヨン谷原が、陳編集長や黄鶴さんたちに助けられ、北京で暮らす日本人の生活会話を学びながら、スキットに登場したフレーズを生かして記事を書いていくという筋立て。
普段の会話は日本語と中国語が織り交ぜられるけど、特に違和感がなく観られてよい。講師のお三方、さすがにヴェテランだから日本語うまいよなー。
で、肝心のリヨン谷原の中国語ですが、ワタシの耳のせいかもしれないけど、けっこうキザっぽい発音です。思わず笑っちゃいます。演技してるからか?というのもあるけどね。今のところは獅堂くんレベルか?とりあえず真田大将軍レベルを目指してもらいたい(笑)。で、番組卒業時はリヨンをゲストに迎えて、ダブルリヨンを是非観たいものなのである(爆)。

上級者としては、中国での新語や流行語を説明したコーナー「街で見つけた新語・造語」が興味深い。こういう話題は普段の中国語の授業ではなかなか登場しないので、知りたかったのだ。…でも、大陸の言葉と台湾とでは違う表記になるからなぁ。しょうがないといえばしょうがないけど。例えば、「博客」は大陸の北京語でblogを指すけど、台湾や香港ではなんというのかな、ってことも知りたいな。
来日中華映画人・芸能人のコーナーももちろん健在。今週は『the EYE 2』主演のすーちーが登場。今度出演するハリウッド映画で謙さんと共演したらしいけど、どうだったんだろう?アンジェリーナ嬢と充分タメが張れる(笑)トレードマークのぷにぷに唇がグロスとピンク系ルージュで際立っていたのが印象的だったわ。
でも、やっぱり映画自体は観たくないのであった。悪霊&呪い系ホラーがダメなので。
(今回は悪霊役が死体で金像新人賞のヴァージニア・ユアン嬢だという。カレーナちゃん、アンジェリカちゃんに続くホラー女優なのか?)

|

« 『Heroes of earth 蓋世英雄』王力宏 | トップページ | この週末は、東京で中国茶を飲みたい(希望)。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。lookです。私もリヨン谷原がでてるのにおお!いよいよその時がきたか!と喜んでました。これを機に基礎だけでも習得する野望を抱いてます(^^)

投稿: look | 2006.04.20 02:39

ぜひぜひその野望を達成しましょう、リヨン谷原と共に!
ワタシもせっせと復習します(^o^)丿

投稿: もとはし | 2006.04.20 20:56

初めまして。
東雲さんちから飛んできて
いつもブログ読ませていただいています。
台湾ドラマファンの友人にブログのことは「部落」と書くと教えてもらったので、中文の先生(大陸人)との会話中で使ったら通じませんでした。
その時「博客」という用語を知りました。
本当に言葉は生きていますね。

投稿: fuimei | 2006.04.22 10:18

fuimeiさん、はじめまして。
新語や造語は大陸と台湾・香港とでは全然違うので、よく迷うところがあります。日本だと大陸の学習法がスタンダードなので、これは仕方ないんでしょうね。
台湾でblogは「部落(bu luo)」ですか…。なんか、字だけを見るとコミュニティという意味に取られちゃいそうですね。

投稿: もとはし | 2006.04.23 22:24

はじめまして。
みーしぇと申します。
リヨン谷原に&スーチーに反応して出できました。
うれしくて(笑)
スーチー、アンジーに似てますよね?
最近ますます似てきてると思うのは気のせいですかね?
唇はもとより、斜め上から寝ている顔を見ると激似です!
つい、熱く・・・失礼しました。

中国語講座は私も続いてます(笑)
リヨン谷原のおかげで。

投稿: みーしぇ | 2006.04.27 12:31

みーしぇさん、はじめまして。
リヨン谷原効果は絶大ですね。視聴率はいいのかなー?今週は黄鶴さんにモーションかけて、あっさりスルーされた姿に笑いました。来週はどうなるんだ?

さて、すーちー&アンジー小姐が唇相似形と気づいたのは、ここにも以前書いた『トゥームレイダー2』を観たときでした。この頃ハリウッドものを観ていなかったからなおさらそう感じたのかな、と思った次第ですわ。いつだかハリウッドで直接対決してもらいたいもんです(実現不可能かな?笑)

投稿: もとはし | 2006.04.27 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/9672985

この記事へのトラックバック一覧です: リヨン谷原のリヨン化計画(笑)、好調に進行中。:

« 『Heroes of earth 蓋世英雄』王力宏 | トップページ | この週末は、東京で中国茶を飲みたい(希望)。 »