« 今年のカンヌ、作品はアレだが審査員は派手だ。 | トップページ | 運命の六本木交差点を渡れば、シネマートまでたどり着ける…はずである。 »

王力宏蓋世英雄日本演唱會2006atNHKホール

ああ宏よ、キミはやっぱり“音楽の申し子”だ。鬼に金棒、宏に楽器とはこのことだな。あの王力宏第一次日本演唱会[HEAR MY VOICE]から2年、“Chinked-Out”を引っさげて再襲来した一昨日の演唱会で、ワタシはこの思いを新たにしたのは言うまでもない。

Leehom_2006

4月21日(金)夕方、渋谷のNHKホール。
思えば最後にこのホールに来たのは9年前の今頃で、しかもアーロンの演唱会だったよなぁ、と中華明星つながりの縁を感じつつ、宏くんことリーホンの、2年ぶり(&単独ホール公演は初)の演唱会に望んだのであった。2年前の「Hear My Voice」では、彼の豊かな音楽的センスに驚き、満足しつつも、米国人とはいえどもやっぱり中華明星だからホールコンサートで歌って踊る姿が観たいもんよ、なんてちょっと思ったりもした。そして今、日本での初主演映画の撮影と『心中的日月(心の陽)』&『蓋世英雄』の2枚のアルバムを経て、よりパワーアップして帰ってきてくれたのは非常に嬉しいものがあった。さらにこの演唱会では、新たな音楽の地平を切り開き、アーティストとして安心できる姿を見せてくれたようにも感じたのだった。

席は2階左側の前方席。そんなに見えにくい場所ではない。
ホテルに電池式蛍光棒を置いてきてしまったので焦ったけど、同行のHさん&Pちゃんに「愛が足りないわねー」なんて言われつつ使い捨て蛍光棒をもらった。ジェイ演唱会の時もそうだったらしいが、最近の中華明星日本演唱会では物販コーナーでちゃんと蛍光棒を売ってくれるらしい。ああ、いい時代になったもんだわねー。(近くの席の若いお嬢さんに蛍光棒の使い方を聞かれたので教えたところ、彼女の持っていた棒に「王力宏蓋世英雄日本演唱会」のシールが貼ってあったのでそう気づいた次第)
ステージにかかった幕には「蓋世英雄」の文字がある。うーん、思った以上に中華テイスト満載。

午後7時、定刻通りに開演。まずバックバンド(オーストラリア人、タイ人と多国籍構成メンバー。'02年學友さん音楽之旅日本演唱会のメンバーと重なっているらしい。by gicchaさん情報)、バックダンサーズ、そしてダブルスクリーンに流れたオープニングフィルムに続いて(多分この順番)、黄色い長袍を身にまとい、赤地にト音記号型の龍のモチーフの旗(いかにも中華だ、これが!)を振りながら宏くんがゴンドラでご登場。ひな壇に降り立ってさっとお着替えし(当然二の腕もちらり見え)、青いジャケットを羽織って発した第一声は

「蓋世英雄到来!」


はい、当然ファーストトラックは演唱会ツアータイトルと同じ『蓋世英雄』であった!もう狂喜乱舞で蛍光棒振りまくり。お次は個人的に好きな『放開[イ尓]的心』。ええ、当然一緒に歌いましたよ、♪Baby 我愛[イ尓]ーってね!踊りも頑張っているし、女子ダンサーズとも絡んでくれるしで、観て嬉しい聞いて嬉しい第1部。この夏公開が決定した『真昼ノ星空』予告に、共演した香椎由宇ちゃん(彼女は『ローレライ』以前にこの映画に参加していたとのことで、実際これが初出演映画だったとか)とゴスの皆さんのビデオメッセージをはさみ、二の腕を惜しげもなくさらしてくれた衣装にチェンジしてくれたのはもちろん嬉しかったですわ、はい。

宏くんの真骨頂は、どんな楽器を持たせても、“鬼に金棒、宏に楽器”といわんばかりに弾きこなしてくれる音楽の申し子っぷり。
フリンジジャケットに白シャツ、ジーンズという“ブロークバックじゃなくてカウボーイだってば”スタイルにチェンジしたパートではそれがもう思う存分味わえた。ギター(オープニングですでに弾いていたが)→ピアノ(ジャズアレンジの『Follow Me』や御馴染の日本語曲『Dream Again』を披露。MCの日本語はまだまだだけど、歌の発音には磨きかかってますね)→単独のドラムからセットドラムを組み立てながらのプレイ(これは見事!)→お約束の『ニューシネマパラダイス』から『ジュリア』という流れはもうホントによくて…。あまりに率なくこなしてしまうと物足りないって思うかもしれないけど、ほら、やっぱりこの人音楽の申し子だからー(笑)、なんて思っちゃうのであった。ははは。
ゴスの皆さんがハードディスクで参加した(本人たちが登場したら会場は騒然としちゃうだろう)『愛にゆこう』は、生で聴いてさらによかったのはもちろん言うまでもなし。

そして、山場はお待ちかね、いまや宏くんといえばこれ、となりつつある独自ジャンルの“Chinked-Out”。
衣装もHIPHOPスタイルだけど、Tシャツには“蓋”の字をあしらったりしてかなり中華を意識。『在梅邊』の京劇ラップはスクリーンに映る字幕とのおっかけっこだし、一緒に歌った『花田錯』と『心中的日月』はやっぱり素敵だし、『在那遥遠的地方』の二胡演奏には当然魅了された。…実は今「二胡やらない?」って誘われてるんだよね、宏くんみたいに弾きこなせるかどうかはわからんけど、やってみたいかもなんて思ったのは嘘じゃない。ええ、このパートが一番よかったなぁ。
アンコールでは再び二の腕全開で登場。しっとりと日本語曲『たった一人の君に(唯一)』で締めてくれた。

その後、客電がついても席を立つ人は少なかった。どうやら来月のお誕生日をここで祝っちゃおうという計画らしく、会場のあちこちから「♪Happy Birthday to you」が聞こえてくる。それでも非情の終了アナウンスが…と思ったら出て来てくれたよ、宏くん!
いやぁよかったねぇ、迷の皆さん!ここまで祝福されたし、日本ツアーはファイナルだもんね。本格的な迷じゃないワタシも大いに喜び、感謝したのであるよん。

なお、セットリストはもにかるさんのblogにて挙がっております。参考いたしました.多謝。

4日間のツアーもけっこうハードだったみたいで、ところどころ音を外していたかな?なんて思ったところもあったけど、全力でホールコンサートをこなした宏くんには、ホントにホントにお疲れ様とこの場を借りてねぎらいたいです。そして、また日本に来て演唱会をやってもらいたいねぇ。日本語曲のレパートリーもどんどん増やせるだろうし、いろいろ面白そうなことをやってくれそうだものね。

2月のジェイに引き続いての正統派中華明星演唱会に大いに満足。この調子で認知度を高めて、台湾アーティストが韓流明星と一緒くたにされなくなる日が来るといいなぁ。
しかし、次はヴァネスが単独で日本演唱会をするらしいが…うーん、これは、どーしようかなー。いや、電影明星としての彼の可能性は大いに買いたいんだけどさぁ…。

最後に、楽しかったんだけど、演唱会で初めて目にして愕然とした光景について少しだけ、あえて書く。
演唱会の中盤、コンビの女子2組が2階席前方にやって来た。あれ、この人たち、この近辺に座ってた人だったっけ?でも違う感じ…と思ったら、そのうち1組の女子(ギャル風だった)がケータイで宏くんの熱唱を何度もパチリ。
…なにこれ、こんなことやっちゃまずいじゃん。
とにかくビックリしたんだけど、席が通路側じゃなかったので動けず。でも、誰かが係の人を呼んでくれたみたいで、その人たちは注意されて移動させられていた。
ここが香港の紅館だったら、コンサートでもバシバシ写真が撮れるんだろうけど、やっぱり日本ではコンサート中の撮影は禁止。そんな常識がない人は宏くん迷じゃないよなーと思ったのであった。でも、ここでああいう光景があったってことは、日本のあらゆるコンサートでもすでに起こっている光景なんだろうな…。
(日本コンサートでも時々中華圏の迷らしき方が公演中に写真をバシバシ撮っていたけど、そんな人でも注意されるところは観たことあったからね)
そのことだけが唯一残念だったけど、それ以外は大いに満足。

あ、決してイヤなことではなかったけど、最前列の人は握手してもらっていたねー。パニックになっていなかったのがよかった。でもプレゼントやタオルが投げこまれていたのはアリなのか?

|

« 今年のカンヌ、作品はアレだが審査員は派手だ。 | トップページ | 運命の六本木交差点を渡れば、シネマートまでたどり着ける…はずである。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

もとはしさま。

あぁ、やっぱり・・・
もとはしさまのレポ参考になりますわ♪
念願の二の腕拝めて(触れなかったのが心残り)良かったです。大興奮の腕見せベストはさておき、それ以上に生での彼の素晴らしさが想像以上で、倒れそうになりました(頑張って踏みとどまりましたけれどね)。
>“ブロークバックじゃなくてカウボーイだってば”スタイルにチェンジ
私もここのところ、好きです。リーホンの良い意味での優等生的感じを味わえました。二胡は綺麗な音色でしたね。楽器を演奏している姿は、文句つけられませんです。服装とかはツッコミたいのに(笑)アンコールの「不可能~」での、お茶目さはこれも想像外でした。この演出がかなり印象に残りました。

そして。マナー。あえて書いてくださって(泣)
お初中華明星コンサの私。
噂には聞いていたけれど、実際に色々と目にして驚きました。撮っている方は多分、迷。同じ宏迷として、恥ずかしいです(T_T)プレゼントは、大阪は前列では一切受け取っていませんでした。数個、投げられたものは持って行きましたけれど。投げるのはどうなのか・・・と。「大事なお顔がぁ!!」と心配になりましたよ。

日本に良い印象を持って、また来日してほしいものです。
長々と失礼しました~。

投稿: 東雲 | 2006.04.25 22:28

東雲さま、お疲れさまでした。
初中華明星演唱会がリーホンというのもなかなか幸福な経験ではないでしょうか。
今年は2月のジェイとあわせて、いいコンサートにめぐりあえたので、このごろの中華芸能は音楽的にすっごく充実しているなーと思った次第です。これがもっと広がってもらいたいもんです。

で、マナーですけど、これはホントにショックでしたよ。中華圏(香港や台北)の演唱会だと写真オッケイな場合が多いのですが、日本は肖像権のこともあって撮影禁止ですから。それを平気で破るのはどうかと思いますねー。タオル投げるのも、ホントは危ないから…。
(でもワタシもかつて、レスリー演唱会で舞台に向かって走っちまった過去あり。嬉しかったけど今は反省しきり(-_-;)

投稿: もとはし | 2006.04.25 23:33

もとはしさん、ご無沙汰しております。東京のライブレポを書いてくださってありがとうございました♪
実を言うと名古屋はとても入りが悪く(2階まである会場で1階の3分の2ぐらいまででした、涙)最終日の東京はどうだったのかとても気になっておりました。
日本語も名古屋・大阪ではかなり忘れているようでしたが最終日の東京の前に1日あったお休みでかなり挽回したようですね。
バラードを歌ってるときに目をうるうるさせて歌っちゃうのは反則ですよね~どきどきしちゃいました。

投稿: giccha | 2006.04.26 22:29

gicchaさん、どもどもー。
別コメントでちょこっと書いたのですが、東京会場も決して満員御礼ではなかったようです。でも3階の後ろのほうが空いてたくらいなのかな?翌日の報知新聞では「3700人」というやや微妙な数字が書かれていました。うむむ(^_^;)
あはは、最初2公演では日本語あやふやだったんですか。日本語のコンディション的には東京がマックスだったのかな。
さすがにバラードでうるうるしてても、もらい泣きはしませんでした、ははは。

投稿: もとはし | 2006.04.26 22:53

今回行ってないのでレポ興味深く拝見しました。
リーホンも天空聖者だったんですね(笑)。でも音の魔法使いはジェイジェルがすでにいるで、果たしてリーホンは何の魔法使いなのか、と考えたけど思いつかず^ ^;)
マナーについてですが、実はJayのときも、いきなり後ろの方から走ってきて、警備員の制止にも負けず、列で言うと3列目付近でノリノリの女性がいたんですよ。3曲くらい聴いてもとの席にお戻りになったんですけど、しばらくすると今度はお友達2,3人連れてまたやってきました。あれは一体なんだったんでしょう・・・。ま、警備員の押しが弱いんですけどね。

投稿: みったん | 2006.04.27 00:12

そうですねー、音のボウケンジャー(こら)とか、あとは魔法青年ちゅうかなりーほん(約20年前の特撮ドラマネタ)とかでしょうか?…って妙なネタでレスを返してすみませぬ。

ジェイ演唱会の時は真ん中列のど真ん中だったので、走る人などは見えなかったのですが、やっぱり席を離れて通路に出ちゃう人もいたんですね。アンコールのおばあちゃん紹介の時なんか、結構ヒヤヒヤしながら見守っていましたが。
中華明星演唱会の時には、鍛えられた警備員が必要ですね。鬼とは言わないけど(爆)。

投稿: もとはし | 2006.04.27 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/9720745

この記事へのトラックバック一覧です: 王力宏蓋世英雄日本演唱會2006atNHKホール:

« 今年のカンヌ、作品はアレだが審査員は派手だ。 | トップページ | 運命の六本木交差点を渡れば、シネマートまでたどり着ける…はずである。 »