« 東京で気仙茶(緑茶)が入手できますよー。 | トップページ | 愛と怒涛の香港映画日本公開&映画祭ラッシュの季節、そして大いなる謎の「香港映画祭」。 »

イニDのCMって、もしかしたら今日から解禁か!?

いやぁ、今朝はビックリした。
いきなり初めて『イニD』のCMを観ちゃったもんで。もしかして、今日解禁なのかい?

でもまぁバックに流れていた歌がもろにa〇ex系ユーロビートでねぇ、この作品のゲーム版もアニメ版も知らないアタクシにはこの曲でホントにいいのかわかりませーん。
いや、もちろんジェイの曲が一番なのさ!なんといってもさ!

ちなみにその時は日記blogのほうでよく(かなり)ネタにしている『仮面ライダー響鬼』観てました(^_^;)。これ、av〇xがスポンサーなので。いやぁでもまさか、ヒビキでこれを見かけるなんて、これっぽっちも思わなかったもん!
つーことは、同じくave〇がスポンサーしている、明日の『ブラック・ジャック』でもやるかもしれん。よーし、明日は待ち構えるか…ってこらこら!
(こんな自分はアニメ好きでもなければ、もちろん〇vex好きでもない。たまたまこの2番組を観ているってことです、ハイ)

さらにもひとつイニDネタを。
昨日、映画館でGAGA発行のニューズレター『GAGA HEADLINE』をもらってきて、たまたま弟子(男子大学生)に見せたところ、イニDに親しんでいる彼曰く「でもオレは、杏ちゃんが茂木なつきってどーかと思う」と不満を申しておりました。

そーなの?

…いや、原作知らんからよーわからんのだけどさ。

なんのかのブーブー言いつつも、やっぱ楽しみなんだなぁ、なんて思った晩夏の朝の日曜日だった…。

|

« 東京で気仙茶(緑茶)が入手できますよー。 | トップページ | 愛と怒涛の香港映画日本公開&映画祭ラッシュの季節、そして大いなる謎の「香港映画祭」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え?CM始まったのですか〜?みたいなぁ♪

「仮面ライダー響鬼」は甥っ子(5さい) が、実家に帰るたびに詳しく説明してくれます。あんな難しい字を子供が読めるのがビックリです。

イニD、原作ファンのサイトをのぞきに行くと「なんで香港映画なんだ」とか「実写じゃ絶対無理」とか「ジャッキー・チェンの映画みたいになっちゃうのか」とか「カンフー映画なのか」の推測がされていてオモシロイです。でも、だんだんと試写を観た人の情報などが寄せられてきて、やっぱり期待傾向に!

あ、でもave○、そりゃぁアニメがばりばりのユーロビートだったからって、今どきユーロビートはどうかと、私も思います〜。

9月17日公開ですね!楽しみ!

投稿: tomozo | 2005.08.22 09:48

TBありがとうございました。
映画館でも予告編を観れなかったのにあの番組で流れちゃうとは!!ちょっとびっくりしました。
やっぱりターゲットは原作ファンやアニメ編のファンと思われます(そのために原作のしげの氏のお墨付きコメントは重要)
原作ファンのダンナはまったく言葉を理解できないままでも面白かったと言ってましたが(大陸版鑑賞済)やはりなつきちゃんの配役には多少不満があったようです(爆)といってもしげの氏の描く人物、特に女の子なんてどれもおなじ(以下自粛)

投稿: giccha | 2005.08.22 10:16

響鬼で流れると思わず、私もびっくりしました。
しかしよく考えたら、平成ライダーはエイベからCD出してるんで、流れる下地はあったんですよね。
まさか、視聴層が被っていると思われているんだったら、それはそれで驚きですが。

投稿: ぽち | 2005.08.22 11:59

どもども、実は響鬼にはかなりハマっている(大苦笑)もとはしです。(^_^)≧シュッ
でも劇場版響鬼は全く観る気ありません(すみませんnifさん)。

>tomozoさん

やっぱりパンピー男子にとっての香港映画のイメージって「成龍さん&カンフー」っていうのが強烈だから、そう言われちゃうのも無理ないですよね。そーゆー男子には首根っこひっ捕まえて『無間道』三部作を見せてやりたい気分です(もちろん冗談です)。
イニDアニメ版の製作年度は知りませんが(イーキンの『超速伝説』でネタにされていたのが香港でのイニD人気を知ったきっかけでした)、もし5~6年位前ならあの頃はユーロビート全盛期…。えいべっくす、ほんとにそれでいいのか、あの頃と同じで?と心配したくなります。

>gicchaさん

まずは原作&アニメ&ゲームファンに香港映画の底力を認識してもらわなければ、って気分になっちゃいますね(なんてね)。
しげの氏と言えばいまだに『バリバリ伝説』(古いっ!)な人間なのですが、彼の描く女の子がみんな一緒ってのはなんとなくわか(以下略)。

>ぽちさん
昨日の朝はいったい何人があれを観て驚いたことだか、って思っちゃうもんです。視聴層はかぶっているんでしょうか…?うーむ。
そういえばえいべっくすが音楽を手がけるアニメって多いんでしたっけね。よくえいべでCMを見かける、昨日の『ワンピース』でもかかったのかしらん。


…とかなんとか思って、今夜は宣言通り『BJ』を観ていたら、予想通り同じイニDのCMが流れました。オマケに日本独自のあのテーマソングのCMも続いて流れましたけどね(^_^;)。

投稿: もとはし | 2005.08.22 21:03

杏ちゃん迷としてひとこと(おいおい!)

杏ちゃんが「援×交際」してる役って、ちょっとな~(悲)と思う気持ちはなくもないです私・・・。
でもメイキングではすごい可愛かったです(て、どっちやねん!)
でかい映画館には杏ちゃんのみのポスターがあるとの噂。見てみたい!(もちろん他のキャストも。無間序曲や2046みたいな感じなんでしょうね)
地元の映画館では、イニDの予告は見かけないけど「空中庭園」の予告は見ました。
はやくイニDのCM見たいです。。。

投稿: grace | 2005.08.23 04:08

おお、杏ちゃん迷のご意見をお待ちしていましたよgraceさん。(^_^)

杏ちゃんの起用はあの年齢で女優キャリアも長いし、ハリウッド映画も経験しているので、英語でスタッフとのコミュニケーションを取れるからじゃないかと思ったものですが、近頃あまり見かけなくなったような(気がする)エンコー女子高生をどう演じてくれるか見ものですね。やっぱり香港映画にはかわいい実力派日本女優に出演してもらいたいですねー。

イニD、せっかく地元上映も決まったのに、ここ2週間で通ったその映画館ではまだ予告編を観ておりません。チラシやGAGA HEADLINEやDカップのおねいさんたち(-_-;)までPR動員しているわりには、なぜ映画館で予告が流れないんだらう…。単にタイミングの問題?

投稿: もとはし | 2005.08.23 23:06

こちらではヒビキ、ゴルフ中継で1週遅れてたんですが、昨日放送があったので観たら、イニDの予告も観れました。楽しみではありますが、あの曲聴くと気持ちが萎えます^^。
義兄がイニD原作ファンなので、映画化のことを言うと「香港映画!?藤原拓海が台湾人!?ありえへん」。一番ありえないのは文太らしく「俺の中の文太は菅原文太だ」と(笑)。アンソニーさんは若すぎるそうです。

投稿: みったん | 2005.08.25 20:50

みったんさん、原作好きにはホントにいろいろなこだわりがあるようですねー。役者が香港人でも台湾人でも日本人役で、さらに香港映画でも日本ロケで、結局日本語吹替っていう経緯を知った人はどう思うのでしょうね。

ちなみに、件の若者(当然香港映画などしらない)は「文太さんの俳優、いい味出してますねー」と誉めておりました。よかったねーアンソニーさん(笑)

投稿: もとはし | 2005.08.25 23:21

こんばんわぁ~☆
地元ネタなんで、もとはしサンへの私信になっちゃうと思うんですけど…
私たちの住む片田舎でも試写会決定!、そしてペーパクラフト付き前売り発売~♪
先日、ローソンで鑑賞券買っちゃったんですが、劇場まで買いに行かなくっちゃ!と夜中に意気込んでます(笑)
「頭文字D」軍団は、もうみんな日本入りしてるんですかねぇ~
黄秋生に逢いたい私…(^_^;)
それでは…

投稿: えま | 2005.08.29 01:31

あ、そーいえば前売買ってないです(^_^;)。いや、土曜レイト割引で観ようと思っていたので(笑)。

昨日はジェイが来日し、空港にも結構お出迎えがこられていたようですね。今日の歌舞伎町イベント、どれくらい盛り上がったのだろうか。打倒〇様!って勢いで盛り上がってくれてたら嬉しいです。

投稿: もとはし | 2005.08.29 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/5576956

この記事へのトラックバック一覧です: イニDのCMって、もしかしたら今日から解禁か!?:

» 町の映画館 [MOONの似顔絵エッセイ]
この写真は1958年(昭和33年)に撮影されたもので 新潟市古町にあった映画館「新潟日活」である。 石原裕次郎主演の「陽のあたる坂道」の看板が見える。 この年、映画人口、史上最高の12億2745万人を記録している。 国民一人当たり12回〜13回、映画館で映画を見ている勘定になる。 まさに日本映画の黄金時代のピークが1958年だったのだ。 以後、映画はテレビに押され衰退していく。 町の中心街にあった映画館はことごとく姿を消し... [続きを読む]

受信: 2005.08.22 16:55

« 東京で気仙茶(緑茶)が入手できますよー。 | トップページ | 愛と怒涛の香港映画日本公開&映画祭ラッシュの季節、そして大いなる謎の「香港映画祭」。 »