« 陳國榮という名前の男のことなど、『香港国際警察』についてもーちょっと。 | トップページ | 《黒社会》カンヌヴァージョンは香港じゃ観られないらしい…。 »

カンヌもいよいよ後半戦。

フィルム到着が遅れていて、もしかして昨年の『2046』の悪夢再び?となっているホウちゃんの新作《最好的時光》が非常に気になる今日この頃、そんな状態でもカンヌはさくさく日程を消化しているようで。

で、中華blogをうたっているくせに、当の中国映画についてまったく触れてなくて申し訳ございません。昨日、中国からコンペに出品されている王小帥(ワン・シャオシュアイ)監督の《青紅(Shanghai Dreams)》が公式上映されたそうで(fromロイター)。

写真は王監督&キャストの皆さんinレッドカーペット(fromカンヌ公式サイト)。女優さんのミニスカドレスがすごい!と思ってつい載せてしまいました(^_^)ゞ

shanghaidreams











しかし、内容は結構しんどそうなのね。

 政治色は控えめだが、監督自身の経験を基に、1980年代の貴州の工場労働者を写実的に描いた作品。物語は、婦女暴行と殺人の罪に問われた男たちの処刑で幕を閉じる。

そうそう、ムービープラスのカンヌ特設サイトの速報ページにて、《黒社会》の速報が出てましたよー。これは嬉しいっす。

|

« 陳國榮という名前の男のことなど、『香港国際警察』についてもーちょっと。 | トップページ | 《黒社会》カンヌヴァージョンは香港じゃ観られないらしい…。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/4185836

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌもいよいよ後半戦。:

« 陳國榮という名前の男のことなど、『香港国際警察』についてもーちょっと。 | トップページ | 《黒社会》カンヌヴァージョンは香港じゃ観られないらしい…。 »