« 冬季寶島餐廳(第5天)草屯的一天 | トップページ | カンフーハッスル(2004/香港・中国=アメリカ) »

冬季寶島餐廳(第6天)再見台湾、再見

2004年12月29日水曜日。気がつけば今年もあと3日じゃないか。そして今日が台湾最終日…。
6時30分に起床し、お茶を飲みながら最終パッキングをする。そして8時に二人でアパートを出る。大家さんの親切で停留所まで車で送ってもらった。ワタシたちの姿を見て、大家さんのところの小さな子がいきなり泣き出した。ついつい淋しい気分になったりして。
停留所に着いたらすぐバスが来た。道路が空いていたこともあって1時間しないで到着。弟オススメバス会社の「統聯客運」のターミナルへ行き、中正までのチケットを買う。待ち時間には朝食代わりにもらったバナナを食べる。ここで弟と別れる。元気で過ごすんだぞー(;_;)/~~~。
台湾は民間バス会社間の競争が激しく、中・長距離バス路線にはさまざまなサービスを投入しているらしい。今回ワタシが乗った緑色のバス「統聯」は豪華な一人がけ座席にパーソナルTVつきというもの。なんかすげー。でも放映されていた映画は面白くなかったので、カップ型ミネラルウォーターを飲んで1時間ほど寝ていた。
中正機場第2ターミナルへ到着したのは11時半。まだチェックインゲートは開いていない。重いトランクとキャリーバッグと割れ物入り紙袋を手にしばらくカウンター前に待つ。やっとのことでチェックインできたが、恐れていた通り機内預け入れ手荷物はキャリーオーバー。しかも10キロも。ガッカリするワタシを見てグランドパーサーは5キロおまけしてくれたが、それでも有料になってしまったので、手数料(1090元。ちなみに1キロオーバーにつき200元の追加料金)を払いに行く。これでやる気(何の?)はなくなったが、金が全部なくなったわけではない。腹が減っていたので、チェックインカウンター上にあるカフェテリアで排骨飯をもりもり食べ、時間には早いのだけどさっさと出国手続きを済ませた。なぜか携帯が使えない状態にあった(そのあとネットワークをリセットしたら元に戻ったので当日の記事をモブログできた)ので、久々に公衆電話を使って弟と実家に電話をかける。弟も無事に草屯に戻っていたようだけど、母から「成田は雪よー」と言われてビビる。だ、大丈夫かよエバー航空…。
そんな心配もご無用で、定刻の午後3時5分、エバーは無事にテイクオフ。帰りの機上ではジミーちゃん、もといマットの『ボーン・スプレマシー』を日本語吹き替え(笑)で観ていた。確か2年前の今頃、香港帰りのキャセイの中ではこのシリーズ前作『ボーン・アイデンティティ』を観ていたっけねー、なんて思い出しながら。
空も暗くなり、成田が近づくのはいいんだが、やはり荒れ模様らしい。着陸態勢に入ろうとしても気流で飛行機が揺れる揺れる。ちゃーんとランディングできるのかなぁ?なんて心配になるじゃないか。でも、こちらも定刻よりやや早く、無事に成田へ到着した。…外は濡れているけど雪じゃないじゃんか、母さん!

この14年間で、台湾には7回足を運んでいるけど、今回は今までいってみたかったけどなかなか行けなかったところ(光華商場や玉市など)へも行けた。今まで台湾には友人や家族などと行っていたので、今回初めて一人で行ったからだろうな。本当は2週間くらいかけて全島1周してもいいんだろうけどね。「台湾はワタシの第2の故郷だから」とか言いつつ、知らないこともまだまだ多いのね、となぜか反省。弟はこの春で任期が切れて帰国してしまうので探親訪台は当分できないだろうけど、これからも2年に1度は行ってみようかなぁ。「台流(だからこのネーミングなんとかしようよー。“台風”はいいかなって思うんだけど)」が席巻して大ブームになってもいい。ずっと前から、そしてこれからも台湾が好きだからねー。…でも今年は香港へ行こう(爆)旧正月は無理でも春や秋の連休を利用してね。

そんなわけで、2004年を締めくくるもとはしの台湾6daysは終わりを告げたのであった。以上。

○おまけ

1・台湾でできなかったことリスト(笑)

・信義路にある自助しゃぶしゃぶの店に行けなかった。
・ジェイの『七里香』を買えなかった。(ついでに東京でも買えなかった…)
・『蛋白質ガール』舞台探訪ができなかった。
・重慶南路の書店街めぐりができなかった(半日かかるので)。
・何もVCDを買わなかった。(今年いつか香港に行ったとき買おう)

2・お土産リスト。大家非常感謝!

・台中銘菓太陽餅&老婆餅&アーモンドクッキー
 太陽餅と老婆餅の違いは、皮がボロボロかしっとりしているかで分けられる。しっとりしているのが老婆餅。我が家では老婆餅のほうが評判よかった。
・草屯の某菓子店謹製鳳梨酥
 某新○陽(台湾の有名菓子店)のものよりもおいしいと評判。パイナップル餡がたっぷり入っていて美味。パイナップル嫌いの金城くんはこれが苦手かもしれない。
・高山茶
 「高山茶」だけしか書いていないと、どんなお茶なのかはっきり言ってよくわからない(笑)。飲んでみて判断すると多分清茶じゃないかなーと思ったけど。
・豆乳酒
 すみません、飲んでませんでした。後ほど家の者に聞いてみます。
・鳳梨梅
 パイナップルと一緒に漬け込んだ梅。フルーティな酸っぱさがあり、お茶請けに重宝しました。
・ナッツの飴がけ
 甘くておいしい。ナッツが苦手な人には辛いかもしれないけどワタシは好み。でもいっぺんにたくさんは食べられなかったけどね(^_^;)。 

ではこれにて。いつもながらの長文を読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)mペコリ。

|

« 冬季寶島餐廳(第5天)草屯的一天 | トップページ | カンフーハッスル(2004/香港・中国=アメリカ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/2606407

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季寶島餐廳(第6天)再見台湾、再見:

« 冬季寶島餐廳(第5天)草屯的一天 | トップページ | カンフーハッスル(2004/香港・中国=アメリカ) »