« 祝[イ尓們]新年愉快! | トップページ | 冬季寶島餐廳(第1天)台北的聖誕節 »

珈琲時光(2003/日本)

この映画の主演を張った一青窈(以下ヨウちゃんと記す)の歌に、『大家(ターチャー)』というのがある。台湾人の父と日本人の母を持ち、二人とも成人する前に死別してしまったという彼女の、両親に対する感謝を日本語と中国語を交えてうたった歌だ。大丈夫、ありがとう大家、あなたたちがいたからワタシは生きていける…といった意味の歌だったような気がする。この映画『珈琲時光』を台北の映画館「光點台北」で観終わった後、ワタシはどーゆーわけかこの歌を思い出していた。

井上陽子(ヨウちゃん)は群馬出身で、東京に暮すライター。かつて台湾で日本語教師をしていた彼女は、日本で教育を受けた台湾人音楽家、江文也について調べていた。2003年夏、台湾から帰国した彼女は、親友の古書店主肇(浅野くん)から連絡を受け、資料を受け取ってから帰省する。群馬の実家では父(小林稔侍)と義母(余貴美子)が待っていた。到着してからすぐ寝込んでしまった彼女は、深夜に夜食を食べながら義母に「アタシ妊娠してるの。産むから」とそっけなく告げる。義母と父はなんと言葉をかけていいのかわからない。結婚しないで子供を育てることは容易ではない。ましてや収入も少なく貯金もない彼女は大丈夫なのか、と義母は心配する。
子供を宿した身体を気遣うようにミルクを飲み、電車を使って東京中を隈なく歩き回り、江文也の資料を集める陽子。そんな陽子をそっと見つめる電車オタクの肇。無理をしすぎて風邪をひいた陽子を看病したのは肇だった。彼女にひそかな思いを寄せている肇だが、電車の音に対する愛を語るようには、陽子に思いを伝えられない。
両親が上京し、陽子の部屋に泊まる。彼女は二人に結婚しないわけを話す。子供の父親は彼女が台湾で日本語を教えていた生徒で、海外に工場を持つ傘製造工場の息子だった。しかし、彼は母親べったりで彼と自分が結婚したら確実にその仕事に縛られる。彼女は結婚よりも東京で自分の仕事とともに新たな命を育てて生きることを選んだのだ。
今日も陽子は電車に乗り、東京をさまよう。午後のまどろんだ空気の中、電車の座席で転寝をする彼女の前に、いつの間にか電車の音響収集作業に励んでいた肇が立っていた…。

「小津安二郎誕辰(生誕)100年記念」と冒頭に打たれたこの映画は、小津監督作品の精神を現代の東京によみがえらせた映画だという。…しかしこの文章を書いているワタクシもとはしは、黒澤明は好きだけど小津は観たことねーなーという、とても電影迷とは思えないと批判されること間違いなしの人間である。ええ、トニー好きの元香港電影好きの友人に、「小津作品に出ていた佐田啓二(貴一ちゃんパパというのは説明不要よね)がすっごくトニーに似てるんだからアナタは絶対観た方がいい!」と強力リコメンドされても、昨年('03年)NHK-BSで小津作品一挙放映があっても、今まで全く小津作品に縁がないまま来ちまったんですよワタシ。
そんな人間なので、この映画に対する批評の中によくあった「なぜこれが小津生誕記念映画なのか。それなら台北を舞台にすればいいのに」なんてー批判の意味は全くよくわからない。よくわからんから反論も擁護もできない。すまんね。だからここでは基本的にはこの映画に対しては「小津生誕記念作品」という枠を全く取り払った、ホウちゃん初の日本映画として感想を書く。

『悲情城市』で台湾在住の日本人を登場させ、『フラワーズ・オブ・シャンハイ(海上花)』では日本人女優も主演させ、『ミレニアム・マンボ』で台湾人のヒロインすーちーに夕張の町を旅させたホウちゃんだから、いつかは日本映画を撮るのではないかという予感はしていた。ま、思ったより早く撮ってくれたなぁって感じかな。しかしホウちゃん、浅野くんとかハギーとか稔侍さんとか余さんとか、いかにも日本映画的なメンツをそろえているのに、アップを廃したり低い位置から覗き込むように撮ったりしている撮り方(『海上花』『花様年華』のリー・ピンビンが撮影)は台湾の頃と同じじゃないか。電車の場面はほとんど隠し撮りだし(すごい)。さらに今回はほとんど即興演出だそうで、なんか王家衛みたいやなぁなんて思ったもんだが、さすがに撮影はフラフラしてないから安心できる(こらこら)。
またホウちゃんは時々、主演俳優の中に必ず非職業俳優(つまり素人)を入れたり、非台湾人俳優(『悲情城市』におけるトニーとかね)を入れてアクティブファクターとするのだけど、今回のアクティブファクターは堂々主演の歌手ヨウちゃん。意外と小さい(浅野くんとの身長差が!)のでビックリ。演技というより地?という印象も受けたけど、彼女が演じた陽子には少女のような佇まいに母として現代の東京に生きようとする覚悟を決めた潔さを感じる。浅野くん演じる肇ちゃんはいつもの浅野くん(苦笑)。でもなんだか安心する存在で、肇ちゃんみたいな男の子だったら親友として一人欲しいかななんて思ったり(アンチ浅野ファンの方すみません、実はワタシ結構好きなんです彼。なんてったって今回は自作の絵も披露してくれたし)。でもきっと恋愛には至らないだろうな、やっぱ。
あと、作中の小道具で印象的だったのは陽子の夢のイメージを作ったモーリス・センダックの絵本『Outside over there(まどのそとのそのまたむこう)』。これ、大江健三郎の小説『取り替え子(チェンジリング)』でも物語の象徴として登場してきた有名な絵本なんだけど、なんだか唐突に登場する感があっても、よく考えれば新しい命を宿した陽子の未来に対する不安の象徴として使われたのかな?このへんはよくわからんので、台湾で買ってきた文芸雑誌「INK」に掲載された、ホウちゃんと朱天文さんのクロストークを読んでからフォローするか(トニーのことにももちろん触れられていたし、nancixさんも書かれていた、ホウちゃんがトニー主演で探偵映画を作りたいということも紹介されているようなので)。

新年一発目から例によってダラダラ書いてしまったけど、この映画でホウちゃんは、大都会東京に息づくささやかな人々のスローライフと、人間関係の優しさ、困難な時代や状況でも強く前向きに生きていこうとする人々の姿に小津作品と共通するものを見出して、フィルムに収めたのだろうな。日本人ではないホウちゃんが東京を撮るから、ワタシは普段ついつい見落としてしまうささやかな生活の一断片を彼に拾われて見せてもらった気分になり、それがとてもいとおしいと思えたのだ。
陽子は自分の子を育てていく決意をしたけど、彼女一人だけで育てるわけではないだろう。彼女を育ててくれた両親、見守ってくれる肇ちゃんや彼の友人誠治君(ハギー)、本編では登場しなかった夕張に住む盲目の叔父さん、そんな人々が彼女と新しい命を見守ってくれるのかもしれない。そこで陽子は自分を取り巻く人々に、「大丈夫、ありがとう大家」と心の中で言って生きていくんだろうなぁ。そんなわけでこの映画の裏テーマ曲として、この映画を思うたびに『大家』を心の中で流すワタシであった(苦笑)。あ、もちろんこの映画の最後に流れるヨウちゃんの『一思案(ひとおもい)』(井上陽水作曲!)もステキな曲なんだけどね(^_^;)。

英題(仏題?):cafe lumiere
監督:候孝賢(ホウ・シャオシェン) 脚本:朱天文(ジュー・ティエンウェン) 撮影:李屏賓(リー・ピンビン)
出演:一青窈 浅野忠信 萩原聖人 小林稔侍 余貴美子

|

« 祝[イ尓們]新年愉快! | トップページ | 冬季寶島餐廳(第1天)台北的聖誕節 »

中華圏以外の映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
『珈琲時光』は久々に、候孝賢の映画を観たって気持ちになって、それが嬉しかったです。
一青窈さんは以前、東京ファンタで發仔に花束を渡す役で出て来たのですが、すごく華奢で小さい人でした。發仔が大きいので余計にそう見えたのかも。
私も浅野君けっこう好きだったりして。確かにお友達に一人欲しいタイプかも。

投稿: KEI | 2005.01.02 02:43

KEIさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
『珈琲時光』は台北で観たので、日本映画を中国語&英語字幕で観るという滅多にない状況下で観ましたが、それでも印象的な映画でした(来年の中華圏映画ベストテンには入るな、確実に…)。台詞を聞いて字幕を見ると「ああ、中国語ではこういうのか…」と感心してしまいましたよ。あと、英語字幕の固有名詞が「Yoko-san」とか「Hajime-chan」と呼び方そのままだったのがなんだかかわいかったです(^_^)。

投稿: もとはし | 2005.01.02 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/2442704

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲時光(2003/日本):

« 祝[イ尓們]新年愉快! | トップページ | 冬季寶島餐廳(第1天)台北的聖誕節 »