« 寶島餐廳-飲め!食え!歩け!台北5days(その4) | トップページ | 2046countdown!本blogは『2046』関係報道を正しく批判的に読み解いていきたいと思います。 »

寶島餐廳-飲め!食え!歩け!台北5days(その5・最終回)

9月27日月曜日、午後4時半起床。他の部屋にモーニングコールし、最終チェック。5時20分ごろフロントに降りてチェックアウトすると、今日の分の朝食券を出せと言われる。ん?早いから朝食食べられないのでは?と思いつつ4枚(2枚は弟が使った)しかない朝食券を出すと、フロントクラークさんは「あれ?」という顔をしつつも、ワタシたちに6人分のランチボックスとコーラを渡してくれた。…なるほど、最終日は朝食が間に合わないから車内で食べるお弁当を出してくれるってわけか。いいツアーだ(^_^)。
やがてガイドさんが迎えに来て、バスに乗り込む。別れを惜しむかのような小雨の中、バスは中正機場に向かう。午前8時55分、定時にテイクオフ。我々は無事帰国した。

久々の台湾。普段晴れ女のワタシの神通力が全く通じないくらい天気が不安定だった。それでも蒸し暑い。まぁそれはしょうがない。暑かったけど、歩きやすかった。あと、思ったより日本人観光客が多かった。ま、連休だったってこともあったけど、やっぱ台湾って流行なんだなぁ、もっともワタシの中では10年以上も前から流行だけど(笑)などと今さら思うのであった。
台北って街は香港に比べると全体的にビルが低い(まー駅前の新光三越や台北101のような例外があるが)のだが、街自体は広い。だから調子こいて歩くとすぐへばってしまうかもしれない。オマケに歩道には段差がいっぱいあるので、車椅子の人は大変なんじゃないかとか、ガンガンぶっ飛ばすクルマやバイク(これも台湾名物)に負けそうになったりと、結構バリアの多い街である。開発もどんどん進んじゃっていて、10年以上前に慣れ親しんだ光景もなくなってしまっているが、それでも行くたびに懐かしいと思ってしまう。いつもは香港ばかり行っていることもあり、台湾へ足を運ぶ回数も減ってしまったが、近いうちにまた来ようかな、などと久々に思うようになった。ま、今回は九イ分に行けなかったり、ホテルの近くにあった「台北之家」や台湾のジュンク堂といえそうな誠品書局、そして光華市場なども行きそびれたので、冬休み、再び弟訪問をするついでに行ってみようかな、などと計画してみたりするのだ。そしたら香港はいつ行こうかな…。やっぱ、今年と同じく旧正月の後くらいかな?というわけでした。

最後に、台北ツアーこぼれ話フラッシュ。

○出発の前日、職場の事務課にて。

もと「先に届け出しましたけど、ワタシ連休中は台湾行ってきますから」
事務長「なに台湾?ぺ様ツアーか?」
もと「なに言ってんですか事務長!ぺ様なんか興味ないし、だいたいぺ様は韓国でしょ?」
事務長「あれ、それじゃトムヤムクン食ってくんのか?」
もと「…それはタイです事務長」
…てな具合に、今じゃアジア方面に行くと言うと言われるのは「韓国?」が最初なのだが、日本の韓流ブーム何とかしてくれって感じである。しかーし!台湾ではぺ様をあまり見なくて幸せだったわ。もっとも、映画のポスターとか、コカコーラのイメージキャラになっているチョン・ジヒョンとかは目にしたけど、これは同じアジアだからの展開であって(ペプシはまだF4だったっけ?)、特に不快にはならなかったなー(てーかジヒョンかわいいし)。どーやら台湾(香港でもそうだよね)では、韓流ブームはとっくに過ぎ去ったらしい。ああ、なんて遅れているのかしら、日本は(爆)。

○『流星花園』&F4フィーバー以来、台湾ではずいぶんアイドルドラマが増えたような印象がある。日本の少女マンガが次々にドラマ化され(日本じゃアニメだった『ママレードボーイ』もドラマ化されたんだってねー)、F4のメンバーもそれぞれ活躍しているみたい。そのへんの事情を弟に聞きたいなぁとか思ったけど、奴はテレビを持っていないからわからないそうだ。残念。そんななか、ちょこっとだけ寄ったCDチェーン店「ローズレコード」にて《戦神-MARS-》というドラマのVCDボックスを発見。あれ、主演は仔仔?と思って手に取る。出演者の中にある「本多RuRu」って、昔つんくのとこでユニット組んでた子だよねー中華系って聞いてたけど、台湾人だったんだー、などと思いつつ、TV放映の途中で出たシリーズっぽかったので、結局買わなかった(笑)。あと、空いている時間にボーッと観ていたTV では、ケンこと朱孝天が出ているドラマの予告とかやっていたっけ。韓流は廃れても、アイドルドラマは隆盛なのね。それはそれでよいことだ。

○これから先、アンディ迷とレスリー迷の方は読まれるのをお控えください。多分、ものすごく怒りたくなることを今から書きます。

ある姉(中華趣味、香港&台湾渡航暦多数)と弟(台湾在住約半年、中華圏生活2年半)の会話。
姉「お、そのシャツはBALENOじゃないか、バレーノといえばアンディだね」
弟「しかしアンディってとっくに40過ぎてるのに、なんでいつまでも若者向けカジュアルウェアのイメキャラやってるんだろーねー」
姉「そりゃスターだからさ、だからいろんな広告に出るんだ」
弟「アンディ、露出度すごいよねー。こっちじゃ節操なく広告出てるよ。なんせトイレの広告まで出てるから、うちのトイレでアンディが微笑んでるぜ」
姉「うわ、それは恐ろしー。やっぱアンディに勝てるスターっていやーレスリーしかいないんだな。しかし、もしレスリーがトイレの広告なんて出ちゃった日には…(以下自主規制)」
しょーもなくてすんません。

○しかし、今回の旅行記に「飲め!食え!歩け!」とつけただけあって、最初から最後までビールガンガン飲むわ飯食いまくるわのツアーだったので、さぞ太ったことだろうと思い、帰国後に体重計に乗ってみたのだが、…なんと変わっていなかった。あラッキー♪しかーし、このツアーで全開になった食欲は止まらず、新陳代謝も活発化してしまい、食っても食っても腹ペコりんこな日々。健康のため9時以前には食べ終えようとしている夕飯も、食べてもすぐ腹が減る状態…。健康的にはいいのかもしれないが、美容にはよくないかもしれない、こーゆーのは(笑)。なんとかせねば。

というわけで、怒涛の台湾旅行記はこれにて終了。長文5連発にお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました<(_ _)>。

|

« 寶島餐廳-飲め!食え!歩け!台北5days(その4) | トップページ | 2046countdown!本blogは『2046』関係報道を正しく批判的に読み解いていきたいと思います。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

台北旅行記、大変楽しく拝読させていただきました。
もとはしさんご一家の健脚ぶりに驚きつつ、健康的に飲み食いして運動するというのはとってもいいことなのかもと思っております。

にしても、アジアといえば台湾も韓国もタイもみなさんごっちゃなんですよね。
私も台湾に行くといったら、かの国の明星の方々の名前を出されて、「ちっがーう!」と思う羽目に。
いいんだ、韓流の次に来るのは絶対台湾だ! そしてその流れで中華の波が来るんだと思っておりまする。

投稿: ぽち | 2004.10.07 22:42

投稿: せんきち | 2004.10.08 01:00

すいません、たびたび。
URL、正しく出ないみたいです。
下記からご覧下さい。
http://www.hanakatsumi.net/izumi-4.htm

投稿: せんきち | 2004.10.08 01:05

コメントありがとうございます。レス遅くなりまして失礼いたします。

>ぽちさま
一人または二人で行くことが多い香港だとけっこう宵っ張りな日々を過ごすのですが、集団で行くと自然と健康的になってしまうんですよね(笑)。
ええ、ワタシも中華の波、というか風が吹くのを楽しみに待っておりますわ。

>せんきちさま
画像のURL、ちゃんと見られましたよ。しかし、該当ページのレポート…わかっちゃいるけどスゴ過ぎる、という感じでした。

投稿: もとはし | 2004.10.10 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/1619576

この記事へのトラックバック一覧です: 寶島餐廳-飲め!食え!歩け!台北5days(その5・最終回):

« 寶島餐廳-飲め!食え!歩け!台北5days(その4) | トップページ | 2046countdown!本blogは『2046』関係報道を正しく批判的に読み解いていきたいと思います。 »