« ある香港電影迷女子の作られ方(その1) | トップページ | 《野獣刑警》(1998/香港) »

ある香港電影迷女子の作られ方(その2)

 前回の続きです。今回は97年以降の話。
 
 思えば香港返還の年だったこの年、中国に返還されるからいろいろ変わるんじゃないかと心配した素人が実に多かったし、それに伴って湧き上がった香港ブームに便乗した香港映画本や雑誌も多かった。おそらくこの時期香港映画にはまった人ならほとんど通ったに違いない『香港電影城』シリーズ全4冊(小学館)や前述したライター大和晶さんによる『香港電影最後烈火』(シネマハウス)、星仔ことチャウ・シンチーインタビューが冒頭にあり、イーキンや小春、アンドリュー・ラウ監督“古惑仔”シリーズ組から馳星周センセーに某星月に先立つこと2年前に2本の香港映画(『南京の基督』&『kitchen(キッチン)』)に出た実力派日本女優富田靖子小姐まで、香港映画に関わる人々のインタビューをぎっしり詰めた『香港電影天国』(高瀬由美子・ぶんか社)等はワタシも購入し、じっくりと読み込んでいたものである。現在は大韓娯楽雑誌になっちゃってる印象がある映画雑誌『ムービー・ゴン』(シネマハウス)もこの頃創刊したんだっけ。この雑誌、当時はレスリー雑誌だったような…。

 あ、今この雑誌を眺めていてふと思った。やっぱ、香港から大韓に流れた人って、かなーり多いんだなぁ。そうか、やっぱレスリー同様に魅力的なんだ、ぺ様は(大爆発)。
  
 97年夏に初めて香港に行ったことがきっかけで、情報収集と同時に実際に行動に出ることが多くなった。同じ年にレスリーコンサートのために上半期に二度上京したこともあるんだが、この年に初めて東京国際映画祭に出かけ、『半生縁』&『ラヴソング』上映でリヨン(黎明)に逢い、一足先に『kitchen』を観て「靖子かわいいー!!」と思い(笑)、以降、よさそうな香港映画が上映されるときは事前にしっかりチェックして友人たちとせっせと上京した。もちろん、2000年に行われた香港映画祭も。職場に有休を出して友人を巻き込み、記念セレモニーになんとか紛れ込み、初めて生で観るトニーにドキドキ…。もう言葉になりましぇん(*^_^*)。
 でもその一方、お目当ての明星だけ見てその後の『花様年華』上映を観ずに帰ってしまった明星迷たちの行動になんかなぁ…と思ったのも確か。これはファンタの香港DAY(こっちは99年&2001年に参加)でも同じことを思ったっけ。ああ、明星迷と電影迷って違うんだなぁ、って。

 香港にはいろんな目的で行った。映画もあるし、アンディの演唱会に行く友人の付き添いとか、ニフのフォーラムで知り合った明星迷の方に会ったり…。もともと旅が好きで、台湾留学時に島をバスで1周旅行したり、就職活動を捨てて大陸に短期留学(&チベット旅行)してたりしたので、香港という街の魅力にはすぐとりつかれた。ニフで知り合った方から藤木弘子さんの『秘伝 香港街歩き術』(草思社/新潮文庫)を紹介され、それと『香港街道地方指南』をバッグに入れて、街を元気に歩いたものだった。

 しかし、時は流れて流行も移り変わる。香港映画の本数も減り、話題に挙がる作品も少なくなった。99年に突如王家衛が新作『2046』に日本の超人気タレントを出演させると発表してからは一般芸能マスコミもそのことばかり取り上げ、肝心の本道の香港映画の報道も減った。さらに(これは昔からそうだったんだが)たまに取り上げたと思えば事実誤認のゴシップや基本的に顔と名前を間違えているようないい加減な記事もあったので、ネットや現地情報で知識をつけたこちらとしてはまたまた「なんかなぁ…」と思わされる日々が続いた。そうこうしているうちに、香港映画仲間のうち何人かは大韓芸能へ転んでいった…。

 そういえば香港明星迷をやっていると、最初に好きだった人からどんどん世界が広がっていくので、次々にいろんな人に転んでいくという。でもワタシは最初から今まで、ずーっとトニー迷だなぁ。これについて友人は「珍しいねぇ」って言ったもんだ。操が堅いって言い方は変かもしれないけど、やっぱり最初に好きになった人はずーっと見守っていきたいもんだからね。そして、ワタシはどちらかといえば明星迷というより電影迷であるから、映画が好きという点であれこれいろんな映画を観るものの(ハリウッドもヨーロッパも日本ものも大韓ものも!)、「映画が好き、香港が好き、トニーが好き、そして中華趣味」という基盤ができちゃっているから、ずっと落ち着いていられるのかもしれない。

 なんかうまくまとめきれなかったなぁ…。ま、こんなとこざんす。時代は大韓だ、今はやっぱりぺ様よ、とか世間は言ってるけど、多分当分ワタシは香港電影から離れられましぇん。おわり。

|

« ある香港電影迷女子の作られ方(その1) | トップページ | 《野獣刑警》(1998/香港) »

コラム(中華芸能)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/414365

この記事へのトラックバック一覧です: ある香港電影迷女子の作られ方(その2):

« ある香港電影迷女子の作られ方(その1) | トップページ | 《野獣刑警》(1998/香港) »