« 《新戀愛世紀》(1998/香港) | トップページ | 『恋戦。Okinawa Rendez-vous』(2000/香港) »

『鹿鼎記』完結&『レスリーの時間(とき)』

 この間やっと届いた『中華モード』をまだ読み終えていないので、今日は中華芸能関係本を2つご紹介。

 まずは、1996年から刊行されていた徳間書店の“金庸武侠小説集”最後の作品が堂々の完結。

 『鹿鼎記』(全8巻) 金庸著 岡崎由美&小島瑞紀訳(徳間書店) 

 テレビではトニー・レオン(映画もあるか?)、映画ではチャウ・シンチーが主演した、金庸作品では最長の短編にして、最後の武侠小説。娼館に生まれ育ったお調子者で女好きでよわっちい少年、韋小寶が、持ち前?の悪運と口八丁手八丁を武器に、朝廷と秘密結社の二重スパイになり、(しかも話を追うごとにだんだん三重にも四重にもなっていく…)双方でどんどん出世していっちゃう“中華なわらしべ長者”物語。トニー版のドラマは全部観る機会があったのだけど、すっごく楽しかったわ(^o^)。星仔の電影版もそのうち観よっと。
 ちなみにもとはしは2巻まで読了。全巻読んだら感想書きますわ。
 も一つリンク貼りますが、これはBOOKアサヒコムから。北上次郎さんの親切な書評に感激っす。

 次は、あれから1年経っちゃったんだなぁ、と思わずしみじみしてしまうこの本。

 『レスリーの時間(とき)』 志摩 千歳著(産業編集センター)

 この本、もちろんレスリー迷の皆様はとっくにcheckしていると思いますが。
あの2冊のゴージャスなレスリー写真集を発行した会社の本なので、おそらくその頃の裏話などが紹介されているのでしょうね。読んだ方は是非ご感想など教えてくださいませ。ワタシはとりあえずcheckのみですので(こらこら)。

 そうだ、そろそろレスリー作品の感想を書く準備しなくちゃなぁ…。

|

« 《新戀愛世紀》(1998/香港) | トップページ | 『恋戦。Okinawa Rendez-vous』(2000/香港) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/348157

この記事へのトラックバック一覧です: 『鹿鼎記』完結&『レスリーの時間(とき)』:

« 《新戀愛世紀》(1998/香港) | トップページ | 『恋戦。Okinawa Rendez-vous』(2000/香港) »