« 『中華モード』(トーキングヘッズ叢書№20・アトリエサード) | トップページ | 《摂氏零度 春光再現(Buenos Aires zero degree)》 »

金像boys―続・香港電影金像奨に思ふ。

 前々回、異常に渋すぎ。といった主演男優賞候補こと、金像boysの皆さんざんす。

kinzo_boys.jpg

学友さんとアンディの髪が長いのは《江湖》での髪型か?しかし、ジャンユーの髪型も…。
一番後ろのラウチン、なんか「学友、華仔、鎮宇、おめーら髪型妙だよ!」とか言ってるみたいだぞ。

そうそう、今日『イノセンス』を観たんだが、プロダクションデザインを『不夜城』で5年前に金像奨最優秀美術デザイン賞を受賞した種田陽平さんが手がけていたので、全編に渡ってものすごーく中華趣味な世界が広がっていたのであった。さすがに円都(スワロウテイル)や新宿第2ゴールデン街(不夜城)を生み出した種田さんのデザインらしい東京だった…。うん、香港じゃなくて。

|

« 『中華モード』(トーキングヘッズ叢書№20・アトリエサード) | トップページ | 《摂氏零度 春光再現(Buenos Aires zero degree)》 »

コラム(中華芸能)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14197/296459

この記事へのトラックバック一覧です: 金像boys―続・香港電影金像奨に思ふ。:

« 『中華モード』(トーキングヘッズ叢書№20・アトリエサード) | トップページ | 《摂氏零度 春光再現(Buenos Aires zero degree)》 »