« 春光乍洩香港彷徨記―プロローグ2(笑) | トップページ | 《見習黒薔薇》(2004/香港)  »

春光乍洩香港彷徨記-2月8日・上陸

 キャセイパシフィックは予定通りテイクオフ。5時間ちょっとの空の旅を快適に楽しむには、パーソナルモニターで映画が楽しめるこの飛行機がやっぱり一番。今回、香港行きのフライトで上映された香港映画は『無間道(インファナル・アフェア)』とイーキン&カリーナ・ラムの『恋の風景』だったけど、『無間道』は何度も観てるし、日港合作の『恋の…』は今月NHKハイビジョンで放映される日本語字幕版を観るつもりでいたので外し、全編日本ロケで話題のアメリカ版『東京攻略』といえそうな(笑)『ロスト・イン・トランスレーション』を観た(この映画の感想は本館の日記にアップ予定)。
 いつもは「beef or chicken?」の機内食も、この頃はBSE&鳥インフルに配慮したせいか、カツ丼とシーフードの選択制。多少疲れ気味なのでカツ丼はもたれるだろうと思い、シーフードをチョイス。今回は白身魚のチーズ焼withマッシュポテト&温野菜添えだった。

 午後4時前に香港国際空港着陸。どんよりとした雲が空を覆い、小雨が降っていた。
 到着ロビーに出てすぐお金を両替。前回香港ドルをほとんど使ってしまったので手持ちがない。空港での換金は街の中(特に重慶大厦)よりレートが悪いのであまり期待していなかったが、なんと1万円=675元。…なに、このレートは?今まで香港に何度も足を運んでいてここまで高いレートは見たことないぞ。もしかして街の中じゃ700元超えてるってこと?とちょっと喜びながら、尖沙咀(以下チム)行きのバスに乗り込んだ…。

 今回のお宿は君怡酒店(キンバリーホテル)。チムのど真ん中にあるこのホテルは日本のツアーパッケージでもよく利用されるところで、もとはし自身も3年前の年末に仙台発のJRのフリーツアーで利用したことがある。目の前にセブンイレブン&仙跡岩、裏手の加連威老道(グランヴィルロード)付近には許留山に多数の茶餐廳と食いっぱぐれない便利さがあるのでお気に入りの場所だ。このあたりのホテルはかつて映画館も併設されていた美麗華酒店(ミラマー)に、キンバリーと似ている雰囲気の温莎酒店(ウィンザー)、そして安いので一度泊まったけど、その原因は途中の坂のせいに違いないと思う仕徳福山景酒店(スタンフォード・ヒルヴュー)など。

 旅の疲れもなんのその、さっそくチムに繰り出す。食欲がないので麺類をさくっと食べ、ついでに映画でも観ようと計画。そんな時、焙茶工房しゃおしゃんの小香さんから薦めていただいた『茶藝樂園』の近くを通ったので入ってみることに。観光地のど真ん中にあるだけあって、お店の小姐は日本語で話しかけてくれた。広東語で喋りたいもとはしはなんとも言えずしどろもどろだったけど、諦めて日本語で話すことにした。試飲させてくれた「黄金桂」とこの店の名物だという「酔貴妃」を飲み、お茶請けの干しイチジクを遠慮なし(おいおい…)に食べていると、お客さんがどんどん入ってくる。でかい顔してどんどんお茶を飲んだはいいが、買うにはお金が足りなかったので3日目にまた行くことにして去る。

 広東道に面した海港城(ハーバーシティ)を歩き、二つのシネコンを回って上映作品と時間をチェック。観たいと思っていたリー・チーガイ監督久々の香港映画にして、サミー・チェン&ジェリー・イェン@F4主演の《魔幻厨房》は上映終了していて、ジングル・マー監督、ミシェル・ヨー&リッチー・レン主演の《飛鷹》は1日1回上映のみになっていた…。う~みゅ、《無間道Ⅲ》&《地下鉄》のVCD&DVDもまだ発売されていない代わりに楽しみにしていたのになぁと思って、旧正月後半の港産片をチェックすると、Twins&イーキンの《見習黒薔薇》(注・中国語の「バラ」の漢字が表示できないので今後は日本語の「バラ」で書きます)、『1:99電影行動』に続いてラウ・チンワンがマイケル・ホイに挑戦した21世紀版“Mr.Boo!”こと《鬼馬狂想曲》、そしてリッチー&ミリアム・ヨンの時代劇《花好月圓》の3本となっていたので、滞在中にこれを全部観ることに(ヒマだなぁ~)。港威戯院(ゲイトウェイ)で8時に上映される《黒薔薇》を観ることに決めて斜め向かいの茶餐廳『大牌[木當]』に駆け込む。入るのはこれが初めてだ。御飯つきのセットメニューや麺セットなどあったけど、魚丸の入った汁入り河粉&熱蜜檸檬茶を注文。香港のレストランは御飯ものでも量が多くて食べきれないことがあるが、麺も量が多かった…。でも、スープも合わせてあっさり味だったのでなんとか完食~。そしてレモンティーには例によって大量のレモンスライスが投入。それをアイスティと同じようにロングスプーンでクラッシュしながら飲むとおいしかった~。はちみつレモンで紅茶を作ったような感じだった。

 帰りは仙跡岩で珍珠[女乃]茶をテイクアウトし、セブンイレブンでカールスバーグと香港名物ねぎクラッカーと水、そして『電影双周刊』を購入。ホテルで一杯やるかと思ったけど、さすがに疲れているときに一杯やって明日起きられなくなるのもイヤかなと思ったので、日本から持ってきた台湾ウーロン茶を沸かしたお湯の中に入れて飲んだ。テレビをザッピングしながらそのまま就寝~。

|

« 春光乍洩香港彷徨記―プロローグ2(笑) | トップページ | 《見習黒薔薇》(2004/香港)  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。