« the EYE【アイ】(2002/香港・タイ合作) | トップページ | アンディ・ラウ、ただいま来日中! »

カルマ(2002/香港)

 昨日に引き続いてホラー映画なので今回もネタバレ少なめで…。

 この作品はレスリー・チャンが初めて挑んだホラーにして、遺作…。一時期、この映画を撮り終わった後に情緒不安定になり、それが彼の死に影響したかなんていう噂もあったけど、真実はさすがのワタシもわからない。んじゃ、この映画ってそんなに不安にさせられるのか?と思いながら観た。

 両親に別れられた若き翻訳家ヤン(カリーナ)は、引越しした部屋で奇妙な現象に巻き込まれる。この部屋には土砂崩れで死んだ大家の妻子の霊が取りついているのではないか…?それに怯えて情緒不安定になった彼女は心霊現象を信じない精神科医ジム(レスリー)のもとへ行く。両親の離婚による心の病と判断した彼は親身にカウンセリングしていくうちにヤンと恋仲になっていく。しかし、ヤンが悪霊から開放されると同時に、ジムには学生時代の彼女の幽霊が見えるようになってしまった…。

 この映画の前に『the EYE【アイ】』を観て恐怖におののいてたもんだから、「よりによってまたホラーかよぉ~」とげんなり気味だったワタシ。実際観てみると、ホラーともサイコサスペンスともいえないような印象だった。てゆーか前半はホラーで後半はサスペンスって感じか。『アイ』もこれと似た雰囲気だったけど、こっちは前後半が分断されちゃってて、どっちとも中途半端な感じがした。(幽霊たちも『アイ』より怖くないし)。まー、それらを無視してラブストーリーといってもいいんだろーけど、う~ん…。
 あと、主役としての重点はレスリーよりカリーナちゃんのヤンにあると思ったかな。
 レスリーが演じている、目に見えるものしか信じないのに、ヤンと出会ったことで、ミイラ取りがミイラになるように(…ちょっと語弊があるか?)悪霊に悩まされることになるジムの痛々しさは何ともいえない…何度も出てくるプールのシーンも含めて(あれは違う意味で痛々しいのだが、ここではあえて言わないわ)。そうであっても、ビルの屋上で自分が原因で死んでいった昔の彼女との対決シーンとその決着のつけ方は、レスリーにしかできない荒業だったような気がするぞ。これをあの人とかこの人がやったらちょっと…って感じか(笑)。

 しかし、カリーナちゃんってかわいいなぁ。大輪の花のような中華美人女優とは違ったシロツメクサのようなかわいらしさがあるぞ。

原題:異度空間(Inner sense)
監督/ロー・チーリョン 出演/レスリー・チャン カリーナ・ラム

|

« the EYE【アイ】(2002/香港・タイ合作) | トップページ | アンディ・ラウ、ただいま来日中! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。